カテゴリー別アーカイブ: オリジナルコンテンツ

出産のために入院した妻と、家事を手伝ってくれる義姉3(オリジナル 転載不可)

 健吾さんは、ソファで寝てしまった。軽くいびきも聞こえてくる。相当疲れているみたいだ。俺は、目の前で妖しく微笑む美咲さんを見てドキドキしている。美咲さんは、まるでセックス中のような表情をしている。見ているだけで興奮して勃起してしまう。
「寝ちゃったね。あっくんも寝ちゃったし、どうする?」
 美咲さんは、まるで挑発しているような口ぶりだ。確かに、二人ともすっかりと寝てしまっているみたいだ。俺は、ドキドキしながらも、飲みますか? と聞いた。さすがに、変なことをするのはマズいと思う。
 すると、美咲さんは俺のことを見つめたまま、一気にシャツをまくり上げた。すでにブラジャーは外してしまっていて、大きな胸があらわになる。比べちゃダメだと思いながらも、優子の胸と比べてしまう。やっぱり、お義姉さんの方がかなり大きい。

続きを読む 出産のために入院した妻と、家事を手伝ってくれる義姉3(オリジナル 転載不可)

出張先で見た妊婦物動画には、見慣れたリビングが映っていた(オリジナル 転載禁止)

リビングで、まだ幼い息子のつかまり立ちの練習を続ける孝弘。本当に楽しそうに、笑顔で何度も練習を繰り返す彼。息子が生まれてしばらくは、全てが初めての経験で、本当にバタバタしていた。
妻のさゆみが妊娠したとき、隆行は喜びながらも子供がいる生活をイメージ出来ないでいた。上手くやっていけるのだろうか? 可愛いと思えるのだろうか? そんな心配をしていた。孝弘は、子供や赤ちゃんを可愛いと思うことが少なかった。嫌いではないが、ちょっとうるさいなとか、汚いなと思うような性格だった。

続きを読む 出張先で見た妊婦物動画には、見慣れたリビングが映っていた(オリジナル 転載禁止)

自慢の可愛い嫁は、むかし野球部のフェラペットだった(オリジナル 転載禁止)

嫁と結婚して5年目に入ったが、まだ新婚の気分が抜けてない。子供を作っていないこともあるかもしれないが、嫁がすごく可愛いからだと思っている。

嫁の詩織は、先月27歳になった。僕の2つ下だ。もともと色白で童顔なので、歳よりかなり若く見られる。昔野球部のマネージャーをしていたせいか、色々と細かいところにも気が付く良い嫁だと思う。

夫のひいき目を抜きにしても、ルックス的にはとても恵まれていると思う。多人数のアイドルグループに交じっても、まったく違和感がないと思う。ただ、ルックスや家事の上手さなんかよりも、甘えん坊な性格がとても良いなと思う。

続きを読む 自慢の可愛い嫁は、むかし野球部のフェラペットだった(オリジナル 転載禁止)

出産のために入院した妻と、家事を手伝ってくれる義姉2(オリジナル 転載不可)10/10更新

 美咲がさんが帰ると、俺はヤバいことをしたという焦りでオロオロしてしまった。セックスまでには至らなかったが、乳首を舐めらながら手で抜いてもらった。浮気と言えば浮気だし、とても優子には言えないことだ。
 でも、最高に気持ちいい射精だった。背徳感もあったのだと思う。あんなに気持ちいい射精は、記憶にないくらいだ。優子のお姉さんなので、当然二人は似ている。俺の好みそのものの優子の顔によく似ているので、必然的に俺の好みの顔だ。
 そして、優子よりも肉感的でエロい身体をしている。セックスをするには最高の相手だと思う。あのムッチリした太ももに、大きな胸。正直、さっきもセックスしたくて仕方なかった。美咲さんは、次は手伝ってくれと言っていた。
 美咲さんのオナニーを手伝う? 想像しただけでドキドキしてしまうし興奮してしまう。でも、そんな事をしてしまったら、それこそ止まらないはずだ。最後までしてしまうのは絶対に避けないといけない。優子を裏切れないし、今後の関係がマズいことになる……。

続きを読む 出産のために入院した妻と、家事を手伝ってくれる義姉2(オリジナル 転載不可)10/10更新

年下の嫁に偶然を装って元カレを近づけた(オリジナル 転載禁止)

嫁の美月とは、結婚して2年目で、まだ新婚気分が抜けない毎日です。
僕は28歳で、嫁はまだ23歳になったばかり。

僕がよく行くカフェの店員だった美月に、初見で一目惚れして、色々と頑張って今に至ります。

美月は、芸能人の山本美月を少し縮めて、若干肉付きを良くした感じです。
そんな感じで、抜群すぎるルックスだったので、お客さんに誘われたり、メルアドを渡されたりは日常茶飯事だったそうです。

ただ、結構人見知りな彼女は、誰の誘いにも乗ったことがなかったそうです。
その話を美月から聞いたときに、なんで僕の誘いには乗ったのか聞くと、
『私も一目惚れだったからだよ~』
と、嬉しそうに言ってくれました。
こんな事を書くと、僕がイケメンのようですが、そんな事は全くなくて、過去にモテた記憶もないです。

本当に、たまたま美月の好みの感じだったと言う事なんでしょうが、本当にラッキーでした。

続きを読む 年下の嫁に偶然を装って元カレを近づけた(オリジナル 転載禁止)

☆夫とセックスした次の日は、息子にお仕置きされる日です

「じゃあ、先に入らせてもらうよ」
夫はそう言って、浴室に向かいました。長風呂の夫は、私の後でお風呂に入ることが多いのですが、今日は疲れているそうで、早く寝たいと言って先に入ることになりました。

私は、キッチンで夕食の後片付けをしています。すると、後ろから息子のユウキが私に抱きついてきました。
「母さん、いまのうちだよ。声出しちゃダメだからね」
ユウキは、荒い呼吸をしながら私の部屋着のショートパンツに手をかけて引きずり降ろそうとします。

続きを読む ☆夫とセックスした次の日は、息子にお仕置きされる日です

出産のために入院した妻と、家事を手伝ってくれる義姉(オリジナル 転載不可)

 妊娠している優子が、出産のために入院する予定が少し早まり、近所に住んでいる優子の姉の美咲さんが、色々と家事を手伝ってくれるようになった。
 優子の早期の入院は予定外だったが、俺は自分で掃除や洗濯も出来るし外食すれば良いので手伝いも必要ないのだが、何かと美咲さんが気にかけてくれている。
 優子は少し体調を崩したことで早めの入院になったが、基本的には元気だ。会社が早く終わったときには顔を出しているが、楽しそうに動画を見たり本を読んでいる。

 食事を作ってくれている美咲さんに、いつもすみませんとお礼を言うと、
「良いのよ。ウチは旦那も帰りが遅いし、あっくんも雅彦くんと遊ぶの好きだしね。もうすぐ出来るからあっくんと遊んでてくれる?」
 美咲さんは、良い笑顔で言ってくれる。美咲さんの家は、ウチから歩いて5分程度の場所にある。そして、息子のあっくんは2歳でとても可愛らしい。
 今まで子供にあまり興味がなかったが、いざ自分の子供が生まれようとしている状況になると、不思議と他の子供も可愛く見えるようになった。

続きを読む 出産のために入院した妻と、家事を手伝ってくれる義姉(オリジナル 転載不可)

私しか知らなかった妻が、誰とでも寝る淫牝に堕ちたー完ー(オリジナル 転載不可)

前回の話

 由紀恵は、ほとんど着衣のまま腰を動かし続けている。宅配便のユニフォームの若者は、もう射精寸前みたいだ。困ったような顔で私を見ながら、
「マジで出ます、ヤバいですって!」
 と由紀恵にSOSを求めている。
「出してっ! パパが見てる前で出して欲しいのっ! パパの目の前で、子宮からザーメン溢れさせたいのっ!」
 由紀恵は、とろけきった顔で叫んでいる。

続きを読む 私しか知らなかった妻が、誰とでも寝る淫牝に堕ちたー完ー(オリジナル 転載不可)

女性と交際したことのない家庭教師と妻のデート5(オリジナル 転載禁止)

 翌日、息子を祖母の家に預けに行った。息子も実家も、言ってみれば相思相愛だ。とても楽しみにしてくれていて、いつも快く預かってくれるし、息子も楽しみにしている。
 でも、まさか息子を預けて、あやみを家庭教師の若者と浮気をさせているなんて、想像もしていないはずだ。
「ドキドキしてる? 楽しみ?」
 家に向かう車の中で、あやみはからかうような口調で聞いてきた。正直、ドキドキしているし、興奮もしてしまっている。やっぱり、動画で見るのと実際にこの目で見るのは大きな違いがあるはずだ。

 私は、正直に楽しみだと告げた。
「ヘンタイだね。パパが望むなら、今からデートでも良いよ。健吾とのデートはなしにして、パパとこのままどこか行っても良いよ」
 あやみは、まるで究極の選択でもさせるような口ぶりだ。実際、私は試されていると感じた。もしかしたら、最後のチャンスを与えられた? そんなことまで考えている。
 それなのに私は、答えることも出来ずに運転を続けている。
「大丈夫? こんなに興奮しながら運転して、事故らない?」
 あやみは、私の股間を握りながらそう言った。自覚はあったが、私は勃起していた。あやみがデートしようと言ってくれているのに、頭の中ではこの後のあやみと健吾くんのセックスのことで、頭がいっぱいだ。

続きを読む 女性と交際したことのない家庭教師と妻のデート5(オリジナル 転載禁止)

生意気な嫁、しつけ致します(オリジナル 転載禁止)

”生意気な嫁、しつけ致します”
ネットでそんなサイトを見つけた。興味本位で読み進めていくと、勝ち気で生意気な人妻が、貞淑で三つ指を突いてお出迎えをするようになるようだ。
私は、鼻で笑ってしまった。そんなのは、あり得ないと思ったからだ。

うちの嫁も、かなり鬼嫁だ。いくら生意気で勝ち気でも、本当にケンカをすれば男が勝つ。普通はそうだと思う。でも、うちの嫁は柔術の茶帯なので、本当のケンカになっても絶対に勝てないと思う。
そして私は、嫁に完全に尻に敷かれている。嫁の性格は、基本的に優しくて善良だと思う。でも、子育て方法でよく炎上しているバイオリニストの女性のような感じで、サバサバしているを通り越えて男前な感じだ。

続きを読む 生意気な嫁、しつけ致します(オリジナル 転載禁止)

妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった(オリジナル 転載不可)

私と妻の加奈は、結婚して3年ほど経つ。
私は32歳の会社員で、妻の加奈は28歳だ。
まだ子供を作る予定もなく、二人で仲良く結婚生活を満喫している。

私は仕事で出張がちで、夜も遅い日が多いため、経済的には全く必要ないのだが、妻は気晴らしと言うか暇つぶしに、たまにカフェでバイトしている。

妻は28歳だが、童顔で黒髪なので、女子大生くらいにしか見えない。
清楚な感じで、見るからに清純な感じだ。
夫のひいき目だが、AKBとかああいった量産型のアイドルよりは、全然可愛いと思っている。

結婚して3年経っても、いまだに週に2回程度はセックスもしていて、本当に彼女と結婚出来た幸運を感謝する日々だ。

続きを読む 妻の加奈が、出張中に他の男の恋人になった(オリジナル 転載不可)

女性と交際したことのない家庭教師と妻のデート4(オリジナル 転載禁止)

 私は、あやみの言葉が聞こえているのに、意味が理解出来なかった。まるで、白痴にでもなってしまったように、あやみの言葉が素通りしてしまった。
「どうする? 出来てたら」
 あやみは、無表情で聞いてくる。でも、私のペニスをしごく手は止まらない。私は、震える声で本当に危ない日だったの? と聞いた。画面の中のあやみは、野太い声が入り混じるあえぎ声をあげている。こんなに気持ちよさそうにあえぐあやみを、見たことがない。

「ううん。たぶん大丈夫な日だよ。でも、100%とは言いきれない日」
 あやみは、自信がなさそうだ。そんな日に避妊なしでセックスをしてしまうなんて、あまりにも迂闊だと思う。
「あれ? 固くなったよ。なんで興奮したの? 赤ちゃん出来ちゃった方が、良いの?」
 あやみは、からかうような口ぶりだ。私は、そんなことはないと否定した。
「ウソ。だって、イキそうになってるよ」
 あやみは、楽しそうに言いながら手コキを続ける。確かに、私は射精寸前だ。でも、なんとか堪えながら画面を見つめる。

続きを読む 女性と交際したことのない家庭教師と妻のデート4(オリジナル 転載禁止)

やっと出来た彼女の処女を、他の男に奪ってもらいたい僕(オリジナル 転載不可)

細かい内容は覚えていないけど、ヒロインがヒーローのライバルと結ばれてしまうRPGゲームをして、その時にやたらと興奮したのが僕の寝取られ性癖の始まりだったと思う。それ以来、ジャンルを問わず、寝取られものをおかずにしてきた。最近では、”NTR使える寝取られサイト”や”凄く抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談”と言った、寝取られ体験談系のサイトをよく見るようになっていた。AVやエロマンガもよく見るし寝取られ系のゲームもするけど、テキストだけの方が想像が広がるからだ。

そんな僕にも、やっと恋人が出来た。大学3年になるまで、一度も女性と交際したことがなかった僕だけど、やっと出来た恋人のすずは、僕にはもったいないような可愛らしい女の子だった。

続きを読む やっと出来た彼女の処女を、他の男に奪ってもらいたい僕(オリジナル 転載不可)

嫁が子作りを始めたいと言ってきたので、寝取られ性癖を告白した(オリジナル 転載不可)

嫁の典子と結婚して3年経つ。でも、彼女とは大学の頃から同棲しているので、もう10年以上一緒に暮らしていることになる。もともと気の弱い僕の性格もあって、ほとんど喧嘩をしたこともなく今まで幸せに暮らしていた。
典子は、身長が150cmちょうど、体重は教えてくれないけど平均くらい。胸がかなり大きいせいもあって、むっちりした印象がある。でも、脱がせるとウェストはかなりくびれていて、足も美脚な方だと思う。
身長が低くて胸が大きいと、どうしてもポチャッとした印象になってしまうのかもしれない。顔は童顔という感じではなく、どちらかというと濃い目の顔立ちだ。フィリピンとかのハーフみたいな顔立ちだと思う。でも、100%日本人だ。まぁ、美人と言って良いと思う。

続きを読む 嫁が子作りを始めたいと言ってきたので、寝取られ性癖を告白した(オリジナル 転載不可)

女性と交際したことのない家庭教師と妻のデート3(オリジナル 転載禁止)7/25更新

「あれ? パパも出してるの? 触ってもないのに、出ちゃった?」
 あやみは、キョトンとした顔になっている。私は、あまりの射精の快感に何も答えることが出来ない。
「そんなに興奮しちゃうんだね。フフ、ヘンタイみたいじゃん」
 あやみは、口の端に付着した精液をそのままにそんなことを言って来る。見慣れたリビングで、あやみははしたない姿のままだ。
 健吾くんは、かなり動揺している。そして、慌ててズボンとパンツを元に戻した。

「こんなことしちゃって、ごめんなさい」
 健吾くんは、私に謝った。でも、私は動揺してなにも言えない。
「良いのよ。気にしないで。パパも、すごく喜んでたみたいだし。それよりも、残しちゃダメだよ」
 あやみは、テーブルの上のケーキのことを言う。確かに、まだ半分くらいしか食べていない。それどころではなくなってしまったので、中途半端な状態だ。

続きを読む 女性と交際したことのない家庭教師と妻のデート3(オリジナル 転載禁止)7/25更新

嫁が出産のために入院中、お義母さんが性欲の処理をしてくれました(オリジナル 転載禁止)

嫁のみゆきが二人目を出産するために、少し早めに入院することになり、義母のかおるさんがウチに来てくれることになった。俺は、webの代筆屋みたいなことと、官能小説的なものを自宅で書いているので、別に義母さんにウチに来て頂かなくても、2歳の長男の世話ぐらいは問題ないのだが、
”みゆきが入院したのは、私の貧血が遺伝したからだから、気にしないで”
と言って来てくれた。

続きを読む 嫁が出産のために入院中、お義母さんが性欲の処理をしてくれました(オリジナル 転載禁止)

嫁のキョウコが俺の寝てる横でデカチンの友人と(オリジナル転載不可)

親友のトオルに、俺の自慢の嫁キョウコを寝取られてしまった、、、
あいつが遊びに来たときに、ちょっと飲み過ぎて寝てしまったのが運の尽きだった。

だけど、俺は途中でしっかりと目が覚めていた。
止めようと思えば止められるのに、結局キョウコが生ハメされて、中出しされるまで止めることもなく最後まで見てしまった、、、
寝たふりをしながら、嫁がやられてしまうのを見て、怒りではなく興奮があった。

トオルが帰った後、すぐにキョウコを問いただした。
すると、キョウコは俺が見ているのをわかった上で、トオルとセックスをしたらしい、、、

小悪魔のように微笑むキョウコに、完全に転がされていることに気がついた。
だけど、どこまでも転がされてみたいと、新しく発動した寝取られ性癖がうずいた。

続きを読む 嫁のキョウコが俺の寝てる横でデカチンの友人と(オリジナル転載不可)

子育ても落ち着いた妻が、クスリを飲まされてキメセク地獄に堕ちていた(オリジナル転載禁止)

『ごめんね〜。いま温めるから、ちょっと待っててね!』
しおりは、慌ててリビングに入ってくると、慌ただしくキッチンに立った。
今日は、週に2回のヨガの日だ。19時から20時までで、帰ってきたら夕食というパターンだ。
私と子供達は、リビングでPS4で遊んでいるので、急がなくて良いよと声をかけながらゲームを続ける。

子供に手がかからなくなり、妻も自分の時間を楽しむようになっていた。と言っても、週に2回のヨガ教室と、たまにママ友と行くランチくらいのおとなしいものだ。同僚なんかに話を聞くと、エステやゴルフや旅行など、好き勝手にやっている話も聞くので、しおりはとても良い妻だと思っている。

続きを読む 子育ても落ち着いた妻が、クスリを飲まされてキメセク地獄に堕ちていた(オリジナル転載禁止)