カテゴリー別アーカイブ: オリジナルコンテンツ

セックスが出来なくなった嫁が、オナホで抜いてくれるようになった本当の理由4(オリジナル 転載禁止)

前回の話

私は、耳を疑っていた。涼子は、確かに”旦那の前でハメて欲しい”、と言った。私が見ている前で、直人君とセックスをしたい……。本気なのだろうか?

「いや、それは無理でしょ、いくらなんでも無理だって」
慌てて無理だと言う直人君。当たり前だと思う。出来るはずがない。でも、
『どうして? して欲しいことないのって聞いたの、直人でしょ?』
と、涼子は落ち着いた口調で言う。

続きを読む セックスが出来なくなった嫁が、オナホで抜いてくれるようになった本当の理由4(オリジナル 転載禁止)

嫁に露出狂のような格好をさせて、後輩を家に招いてみた2(オリジナル 転載禁止)

前回の話

雅俊は前回の一件以来、真希と悠人のセックスを想像するようになっていた。露出の高い格好で、悠人をからかう……。そんなイタズラ的な事をするだけのはずが、真希は結局手コキまでしてしまった。雅俊はそんな光景を見ながら、パンツの中に射精までした……。

それ以来、雅俊と真希のセックスは、少し変化した。
『悠人君のが顔にかかったでしょ? あの時、私も少しイッちゃったんだ。臭いと熱さで、興奮しちゃったみたい』
真希は、そんなことを言いながら雅俊のペニスをしごいている。雅俊は、真希に手コキをされながら悠人とのことを聞かされるというプレイに、すっかりとハマってしまっていた。

続きを読む 嫁に露出狂のような格好をさせて、後輩を家に招いてみた2(オリジナル 転載禁止)

セックスが出来なくなった嫁が、オナホで抜いてくれるようになった本当の理由3(オリジナル 転載禁止)

前回の話

涼子は、
『わかりました。じゃあ、脱がせちゃうね』
と、機嫌良く言う。そして、私のパジャマを脱がせてくる。すぐに私の乳首を舐めはじめてくれた。私は快感に声が漏れながらも、昼間のトイレでの出来事を思い出してしまっていた。

涼子は私の乳首を舐めながら、パジャマ越しにペニスを握ってくる。そして、パジャマの上からでも的確にカリ首あたりを刺激してくれる。

続きを読む セックスが出来なくなった嫁が、オナホで抜いてくれるようになった本当の理由3(オリジナル 転載禁止)

嫁に露出狂のような格好をさせて、後輩を家に招いてみた(オリジナル 転載禁止)

『ちょっと、これはやりすぎなんじゃない?』
真希は、夫の雅俊にあきれたように言う。雅俊は、
「そうかな? これくらいしないと、アイツも反応しないんじゃない?」
と、少しバツが悪そうに言う。真希は、雅俊に渡されて身につけたTシャツを見ながら、
『だって、乳首丸わかりじゃない。それに、おへそ丸見えだし……』
と、言った。真希が身につけているTシャツは、ヘソが丸見えになるほど短く、乳首が透けて色までわかりそうなほど生地も薄い。
「でも、すごくセクシーだよ。ホットパンツも可愛いし」
雅俊は、少し興奮気味の声で言う。真希のピンク色のホットパンツは、確かに可愛らしいと言える色だと思う。でも、お尻の肉が見えそうな程に短く、突き出た生足がなまめかしい。まるっきり、露出狂のような格好だ。

続きを読む 嫁に露出狂のような格好をさせて、後輩を家に招いてみた(オリジナル 転載禁止)

セックスが出来なくなった嫁が、オナホで抜いてくれるようになった本当の理由2(オリジナル 転載禁止)

前回の話

私は、あまりの快感にうめき声をあげてしまった。そして、こんな状況で、直人って誰だ? と、思っていた。涼子は、ディルドでイク時、確かに直人と叫んだ。それは、心当たりのない名前だ。

画面の中では、涼子がディルドを膣に差し込んだまま、グッタリと横たわっている。どう見ても、かなり膣奥深くまで入り込んでいる。

涼子は、性交痛があるはずだ。それが原因で、ここ何年も私とまともにセックス出来ていない。そういうことだったはずだ。それなのに、涼子はあんなに大きなディルドでオナニーをしている。痛みなんて、まるで感じていないような動きだった。

続きを読む セックスが出来なくなった嫁が、オナホで抜いてくれるようになった本当の理由2(オリジナル 転載禁止)

セックスが出来なくなった嫁が、オナホで抜いてくれるようになった本当の理由(オリジナル 転載禁止)

『あなた、お疲れ様。今日はどうしますか?』
妻の涼子が、少し恥ずかしそうに聞いてくる。私は、毎週金曜日のお約束に、すでに興奮して勃起していた。私が、お願いするよと声をかけると、涼子は私に覆い被さるようにしてキスをしてきた。

小ぶりな舌が私の口をこじ開け、口内に侵入してくる。荒い息遣いでキスをしてくる涼子に、私は激しく興奮していた。私の方からも舌を絡め、彼女の小柄な身体を抱きしめる。
結婚して10年経ち、彼女も30半ばになる。子供も産んだし、仕事をしているわけでもない。それでも、彼女は20代の頃の体型を維持していて、スリムで若々しい身体をしている。

続きを読む セックスが出来なくなった嫁が、オナホで抜いてくれるようになった本当の理由(オリジナル 転載禁止)

温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた完(オリジナル 転載禁止)

前回の話

次の朝、なにもなかったように一日が始まりました。4人で朝食を食べ、最後にもう一回温泉に入ろうという流れになりました。食事の間も、昨日……というか、つい数時間前までの乱れた宴がまるで夢だったように、ごく普通の会話をし、子供達の話題になったりしました。

でも、私はこんな風に普通に会話をしている3人が、乱れきったセックスをしていたと思うだけで、ペニスがガチガチになってしまいました。なんとかそれを気取られないようにしながら食事を終え、いったん部屋に戻ると、
『ねぇ、最後だからみんなで家族風呂に入ろうよ』
と、あおいは提案してきました。その顔は、妙に色っぽく、小悪魔というか妖女のようでした。私は、なにを考えているのだろう? と、怖くなってしまいました。

続きを読む 温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた完(オリジナル 転載禁止)

温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた5(オリジナル 転載禁止)

前回の話

あおいは、うつ伏せのまま身動き一つしません。完全に意識を失ってしまっているみたいです。顔中精液まみれで、ひどい状況です。
そんなあおいのアナルに、前田さんはペニスを押し当てています。意識のないあおいに、そこまでするのはいくらなんでもやり過ぎに思えます。
「あらら、あっけなく先っぽ入っちゃった。あおいちゃん、見た目によらず遊んでるねぇ~」
前田さんは、長いペニスを押し込みながら言います。私は、ふすまの隙間から覗きながら、まだ葛藤していました。さっきまでの乱交は、少なくてもあおいも同意していました。
でも、今のこのプレイは同意はありません。言ってみれば、レイプと同じです。でも、私はあおいがアナルの経験があるという情報に、動揺しつつも興奮していました。私の知らないあおい……。一体、誰にアナルを調教されたのだろう? そんな疑問が嫉妬心とともに浮かんできます。

続きを読む 温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた5(オリジナル 転載禁止)

温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた4(オリジナル 転載禁止)

前回の話

私は、射精の快感に包まれながら、あおいとバッチリ目が合っていました。そして私は、魅入られたように固まってしまいました。あおいは、私が起きていることに気がついているはずです。でも、慌てる気配もなく、セックスをやめる様子もありません。

乱れた浴衣姿のまま、騎乗位で腰を動かしながらもう一本のペニスを握ってしごいています。あおいは、私のことを見つめたまま、
『気持ちいい。奥にすごく当たってるの。こんなの初めて。あぁ、気持ちいい。腰止まらないよ』
と、淫らなことを言いながら腰を振り続けます。私は、あおいの考えがわからないまま、固まったようにあおいを見続けました。彼女は、私を見たまま握っているペニスをくわえ始めました。そして、私に見せつけるようにフェラチオを続けています。
彼女の舌が、前田さんのペニスにイヤらしく絡みついているのがわかります。大きく口を開けてくわえこむと、内側から頬に亀頭を押しつけて、頬がペニス型に膨らんでいます。

続きを読む 温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた4(オリジナル 転載禁止)

温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた3(オリジナル 転載禁止)

前回の話

あおいは、顔や髪まで精液でドロドロの状態のまま、前田さんにフェラチオし続けています。私は、寝たフリをしながらそれを見ていますが、激しく勃起してまたイキそうになっていました。

あおいは、高橋さんの精液でひどいことになっています。まぶたにもかかっていて、片目を閉じた状態です。そんな状態でも、前田さんのペニスを夢中でフェラチオし続けています。
『早くイッてよ。いい加減にしないと、起きちゃうから』
あおいは、少し心配そうな口調で言います。さすがに、多少は酔いが醒めてきて冷静になっている部分があるのかもしれません。

続きを読む 温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた3(オリジナル 転載禁止)

温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた2(オリジナル 転載禁止)

前回の話

私は、あおいが胸を揉まれながら気持ちよさそうな声をあげるのを、信じられない気持ちで盗み見し続けていました。
はだけてしまった浴衣、完全に露出している胸、彼女の膝の上にはペニスをむき出しにした状態の高橋さんが仰向けで寝ています。

あおいは、高橋さんの大きすぎるペニスをしごきながら、前田さんの乳首責めでとろけた顔になってしまっています。
「あおいちゃん、敏感だね。もっと気持ちよくしてあげるよ」
前田さんは、後ろからあおいの胸を責め続けています。指の動きは一見ソフトな感じに見えます。絶え間なく、なめらかにあおいの乳首を責め続けている感じです。

続きを読む 温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた2(オリジナル 転載禁止)

温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた(オリジナル 転載禁止)

息子の修学旅行にあわせ、家族ぐるみで仲良くしているご近所さんと温泉旅行に行く事になりました。高橋さん夫婦は、年齢も私たち夫婦と同じ38歳で、息子が幼稚園の時からの付き合いです。
子供達も含めて遊園地に行ったり旅行に行った事もありますが、子供達抜きでの旅行は初めてで、たまには羽を伸ばしたいなと思っていました。

ただ、出発直前、高橋さんの奥さんが体調を崩してしまい、キャンセルするにもキャンセル料がかかるタイミングだった事もあり、急遽共通の知り合いに声をかけ、前田さんのご主人が参加する事になりました。

続きを読む 温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた(オリジナル 転載禁止)

妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました完(オリジナル転載禁止)

前回の話

妻は、間宮さんに宣言したとおり、私を捨てた感じになりました。と言っても、表面上は今までとあまり変わりはないのですが、私への態度が明確に変わりました。家事も徐々に適当になっていき、会話も少なくなってきました。

「また痩せたんじゃない? 大丈夫なの?」
私は、痩せたと言うよりはやつれてきてしまった妻に声をかけました。間宮さんとクスリを使うセックスをするようになって以来、妻は目に見えて痩せてしまいました。大きかった胸も少し小ぶりになり、目の下にはうっすらとクマが出来ているような感じです。
『え? そうかな? 平気だよ』
妻は、上の空で答えます。いつも落ち着きがない感じで、テンションが高くなったり驚くほど低くなったりと、安定しない感じです。

続きを読む 妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました完(オリジナル転載禁止)

妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました4(オリジナル転載禁止)

前回の話

私は、カメラの動画を見て後悔していました。脅されて、無理矢理犯されている……。そう思っていた妻が、若いチンピラ3人をリードしているようにすら見えます。

私は、今日のことを思い出していました。私が会社から帰ったとき、妻はいつも通りだったと思います。いつも通りの優しい笑みを浮かべてお帰りなさいと言い、夕ご飯を準備してくれていました。

まさか、あの時、妻の膣中に3人分の精液が満たされていたとは、夢にも思っていませんでした。タンポンでフタをして、ザーメンが入ったまま私と会話をしていた妻……。
言われてみれば、妻はどこか上の空というか、熱っぽいような表情をしていたかもしれません。

続きを読む 妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました4(オリジナル転載禁止)

出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた完(オリジナル 転載不可)

前回の話

嫁は、JJと呼ばれる黒人のペニスを根元まで入れてしまっている。太すぎるペニスが、あっけないほど簡単に入っている。
嫁は、腰をくねらせるように、こすりつけるようにしながら振っている。
『ご主人様っ、イキそうです、もうイッちゃうっ、違うおチンポでイッちゃうっ!』
嫁は、泣きそうな声で叫ぶ。すると、松井さんが、
「ダメだ。勝手にイクな」
と、短く命令をする。嫁は腰の動きを止めて、
『ごめんなさい。でも、このおチンポ気持ちいいの』
と、とろけた声で言う。
「本当に桃子は、はしたない牝ブタだな。誰のチンポでも気持ちいいのか」
松井さんは、あきれたように言う。嫁は、また謝る。

続きを読む 出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた完(オリジナル 転載不可)

妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました3(オリジナル転載禁止)

前回の話

妻は、私に抱きつきながら、
『あなた、凄く素敵でした。はしたなくてごめんなさい』
と、恥ずかしそうに言ってきました。私は、妻のことを抱き寄せながら、避妊をしていなかったことを大丈夫かと質問しました。
『う、うん。大丈夫だと思う。パパ、気持良かった?』
妻は、話をそらすように話題を変えました。私は、凄く気持良かったと言いました。
『私もだよ。イッちゃった』
恥ずかしそうに答える妻。演技だとは思えないような言い方です。でも、さっきのセックス中のリアクションは、あまりにも大根役者でした。

続きを読む 妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました3(オリジナル転載禁止)

出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた6(オリジナル 転載不可)

前回の話

嫁は、人が変わってしまったように私にキツい言葉を投げつけてくる。
『昔からそうだったの? ずっと、私に隠してたの?』
嫁は、手についたザーメンをティッシュで拭き取りながら質問してきた。私は、そんな事はないと言った。今回のことで、そんな性癖が目覚めたのかもしれないと説明した。
『ふ~ん。でも、良かったね。本当の自分に出会えたんだね』
嫁は、馬鹿にしたような感じで言う。
『でも、私もだよ。御主人様に犯されて、私も自分の性癖がわかったんだ』
私には敬語が多かった嫁……。一歩も二歩も下がったような態度をしていた。それが今は、汚いものでも見るような目で私を見ている。

続きを読む 出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた6(オリジナル 転載不可)

妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました2(オリジナル転載禁止)

前回の話

私は、イヤホンから聞こえてくる妻の声に、ただただ驚いていました。妻は、まるで間宮さんの性奴隷になっているような従順さで、彼に接しています。

「よし、じゃあ脚広げてみろ。ここで剃ってやる」
間宮さんの冷たい声が響きます。
『わかりました。……お願いします』
妻が不安そうな声で言います。

「よし、力抜け」
『はい、ウゥ、あぁ……』
妻は、不安そうな感じです。
「薄いから楽だな。ほら、ツルツルになったぞ。子供みたいだな」
楽しそうに言う間宮さん。私は、短期間でこんな関係になっている事に驚ました。一体、いつからなんだろう? 工事が始まってからは、まだ2週間ほどしか経っていません。打ち合わせの期間を考えても、3週間程度の事だと思います。

続きを読む 妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました2(オリジナル転載禁止)