カテゴリー別アーカイブ: オリジナルコンテンツ

友人が嫁の太ももを触ったことで始まった、寝取られプレイの新婚生活 (転載禁止)

昔から、僕は嫉妬深いところがあった。自分の彼女が他の男と話をしているだけで、モヤモヤしたり嫉妬したりしていた。でも、それは普通のことだと思っていたし、気にしたこともあまりなかった。

それが、この前高校の時からの友人が家に遊びに来たとき、ちょっと違う感覚を感じた。友人の明宏は、前から僕の妻の麻美を可愛いとか好みのタイプだと言っていた。僕も、悪い気はしなかった。麻美は自慢の嫁だし、麻美が褒められて優越感を感じたりしていた。

麻美は、24歳だ。結婚して1年なので、まだ新婚の気持ちも抜けていない。僕の4つ年下なので、とにかく可愛いと思っている。身長も小さいし、体重も軽いのだと思う。その分胸も小さいけど、ロリっぽい見た目にはマッチしていてそんなところも可愛らしいなと思う。

続きを読む 友人が嫁の太ももを触ったことで始まった、寝取られプレイの新婚生活 (転載禁止)

古い素人ナンパもののAVを見てたら、嫁が映っていた完 11/6更新(オリジナル 転載禁止)

前回の話

あすかは、膣から樋口の腕を生やしたまま、
『じゃあ、動かして下さい。もっと樋口さんの好きな身体に変えて下さい』
と言った。拳が入ってしまったことにも驚くが、あすかが痛がるどころか快感を感じていることに驚いてしまう。確かに、赤ん坊の頭と比べると小さいのかもしれない。でも、ペニスと比べるとあまりにも大きすぎると思う。

続きを読む 古い素人ナンパもののAVを見てたら、嫁が映っていた完 11/6更新(オリジナル 転載禁止)

古い素人ナンパもののAVを見てたら、嫁が映っていた7(オリジナル 転載禁止)

前回の話

僕は、次の日に樋口に連絡を取った。そして、会社帰りに公園で待ち合わせをした。
「こんばんは。どうですか? 動画は満足してもらえましたか?」
樋口は、人の良さそうな笑顔で話しかけてきた。やっぱり、どう見てもただの人の良い中年男性だ。とても恋愛対象になるようなルックスではないように感じる。それに引き換え、あすかはとても可愛いと思うし、胸も大きく性格も良い。
どうしてこんなにもさえない中年に、あんなにも夢中になっているのだろう? 僕は、釈然としないまま樋口のことを見つめる。

続きを読む 古い素人ナンパもののAVを見てたら、嫁が映っていた7(オリジナル 転載禁止)

古い素人ナンパもののAVを見てたら、嫁が映っていた6(オリジナル 転載禁止)

前回の話

僕は、うめき声を必死で堪えながらパンツの中に射精を続ける。直接しごかなくても、ズボンの上からしごいただけであっけなくイッてしまう……。自分でも、こんなに興奮する理由がわからない。

「本当に良いの? 赤ちゃん出来ちゃうんじゃないの?」
樋口は、そんな事を言いながら腰をゆっくり動かし続ける。手首と足首を連結され、M字開脚にされたまま犯され続けるあすか……。でも、その顔はすっかりととろけたようになってしまっている。さっきまでの、泣きそうな顔はもう消えている。
『うぅ、やっぱり、外に……あぁ、ダメぇ、またイキそう……。気持ちいいの。樋口さんのおチンポ、本当に気持ち良いの』
あすかは、葛藤している感じはある。でも、樋口のことを拒否するような気配は少しもない。

続きを読む 古い素人ナンパもののAVを見てたら、嫁が映っていた6(オリジナル 転載禁止)

古い素人ナンパもののAVを見てたら、嫁が映っていた5(オリジナル 転載禁止)

前回の話

僕は、まだ信じられない気持ちだった。報告書と動画を見る限り、あすかが寝取られてしまったことは間違いない。ナンパされて、デートをしてセックスをしてしまった……。それだけでも充分にショックを受けているが、内容が本当にツラかった。

あんなにもセックスを楽しみ、僕と比較をしたりまでしていた。アナルセックスや飲精、中には出さなかったにしても生での性行。あすかが、こんなにも奔放にセックスを楽しむとは思っていなかったし、何よりも僕のことを悪く言ったのが信じられない。

あすかは、騙すよりも騙されるタイプだと思っていた。純粋で純真、そんな女の子だと思っていた。動画の中の彼女は、僕の知らない彼女だった……。

続きを読む 古い素人ナンパもののAVを見てたら、嫁が映っていた5(オリジナル 転載禁止)

古い素人ナンパもののAVを見てたら、嫁が映っていた4(オリジナル 転載禁止)

前回の話

僕は、震える脚で画面を見つめていた。2度も射精をしてしまって、僕の手や床は精液まみれだ。画面の中のあすかは、樋口のコンドームを外して口でしている。お掃除フェラとか言う感じではなく、強くバキュームして強制的に勃起させようとしているようなやり方だ。

僕は、射精して多少落ち着いたせいか、色々な事を考えてしまっている。あすかが押しに弱いのは確かだ。押し売り的なセールスから段ボールいっぱいの椎茸を買ってしまったこともある。

続きを読む 古い素人ナンパもののAVを見てたら、嫁が映っていた4(オリジナル 転載禁止)

古い素人ナンパもののAVを見てたら、嫁が映っていた3(オリジナル 転載禁止)

前回の話

僕は、射精しても固いままのペニスを握りしめたまま呆然としていた。バックで貫かれながら、とろけきった顔を見せているあすか。偶然なのか計算なのか、顔はちょうどカメラに向けられているような感じだ。

僕としか経験がなかったあすか……。それなのに、僕はとんでもない勘違いと思い込みであすかを他の男に抱かせてしまった。僕のしか知らなければ、比較されることもなかったはずだ。それなのに、わざわざ自分で地雷を踏むような行動をしてしまった。

続きを読む 古い素人ナンパもののAVを見てたら、嫁が映っていた3(オリジナル 転載禁止)

無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた完(オリジナル 転載禁止)

前回の話

啓介は、射精寸前になるまでに興奮しながらも、必死で射精を堪えていた。目の前では、加奈子が下から優一に突き上げられ続けている。
『ゴメンね、優一のおちんちん、気持ちよすぎて我慢出来ないの。すぐイッちゃうの』
加奈子は、潤んだような目で啓介に話しかける。でも、すぐに顔がとろけてしまい、あえぎ声を堪えられなくなってしまう。
『あっ、あんっ、優一、激しいっ! 嫉妬してるの? キスしたの、イヤだった?』
加奈子は、あえぎ声混じりで優一に話しかける。優一は、嫉妬しているのがわかるような顔のまま、無言で腰を動かし続ける。最初は大きくなったお腹を気にしてゆっくり動いていた彼も、嫉妬のせいかかなり激しく腰を動かしている。
完全に子宮にまで届いているペニス……。加奈子は、ずっとあえぎっぱなしになってしまった。啓介は、破水でもしないかと心配で仕方ない。でも、優一は容赦なく腰を動かし続ける。

続きを読む 無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた完(オリジナル 転載禁止)

古い素人ナンパもののAVを見てたら、嫁が映っていた2(オリジナル 転載禁止)

前回の話

あすかは、あえぎっぱなしになっている。スカートの中をまさぐられていても、脚を閉じようとしない。逆に、もうほとんど開脚状態になってしまっている。
「ダメって言っても、足がどんどん開いちゃってる」
樋口が言う。イケメンとはほど遠い彼。どうして、こんなにもあっさりとあすかをホテルに連れ込めたのだろう? この目で見ても、まだ信じられない。

続きを読む 古い素人ナンパもののAVを見てたら、嫁が映っていた2(オリジナル 転載禁止)

無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた7(オリジナル 転載禁止)

前回の話

優一との子作りセックスが終わり、優一が帰ると、加奈子はすぐにクローゼットの扉を開けた。啓介は、いったん寝室から出て行った加奈子が戻ってきたことに気がついていなかったので、何の準備もしていなかった。強すぎる射精の快感にまだ呆けたようになっていた彼は、ビックリした顔で慌てて股間を手で隠した。

『フフ。こっちもいっぱいだね。こんなに出しちゃったんだ』
加奈子は、クローゼットの扉や床に落ちている精液の塊を見ながら、楽しそうに言う。啓介は、うつむいてゴメンと謝る。
『早く出てきて。そのまま出来る? もう、大きくなってるでしょ?』
加奈子は、啓介をせかす。そして、出てきた啓介に抱きつきながらキスをする。かなり激しいキスをしながら、加奈子は啓介をベッドに押し倒す。啓介は、加奈子の積極的な態度に戸惑いながらも、舌を絡めて激しくキスをする。

続きを読む 無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた7(オリジナル 転載禁止)

古い素人ナンパもののAVを見てたら、嫁が映っていた(オリジナル 転載禁止)

嫁のあすかとは、結婚して3年経つ。ボルダリングジムで出会って、一緒に岩場なんかに行くうちに仲良くなって交際することになった。小柄で元気いっぱいの彼女は、ショートカットがとても似合う可愛い女の子だった。それに引き換え、僕は取り立てて特徴もなく、イケメンでもなんでもない、どこにでもいるような男だった。
でも、押しに弱いところがあるあすかは、僕の誘いにいつも乗ってくれて一緒に過ごす時間が増えていった。僕も、このチャンスは絶対に逃せないと思って頑張った甲斐もあり、なんとか結婚にまで至った。

続きを読む 古い素人ナンパもののAVを見てたら、嫁が映っていた(オリジナル 転載禁止)

無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた6(オリジナル 転載禁止)

前回の話

加奈子は、口の端に精液を付着させたままクローゼットを見つめている。彼女からは啓介の姿は見えていない。でも、啓介からは加奈子のすべてが見えている。

クローゼットの扉にべったりと付着している精液……。啓介自身も、その量の多さに驚いているようだ。
『どうする? 続けて出来る? それとも、ちょっと休む?』
加奈子は、優一にじゃれつくような態度で質問する。

続きを読む 無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた6(オリジナル 転載禁止)

無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた5(オリジナル 転載禁止)

前回の話

結局、加奈子はまた妊娠しなかった。そんなに簡単にできるものではないが、それでもやっぱり啓介は落ち込んだ。ただ、前回と違い、加奈子はさほど落ち込んだ様子がない。

『仕方ないよ。きっと、次は上手くいくはずだよ』
加奈子は、そんな風に言って笑った。啓介は、複雑な気持ちになっていた。加奈子は、喜んでいるように見える……。啓介は、思い切って質問してみた。
『え? う~ん。少しはね。だって、優一君とのエッチ、すごく気持ちよかったし……パパも嫉妬して興奮してくれたでしょ? 女の喜びを感じちゃったよ』
加奈子は、顔を赤くしながら言う。恥ずかしそうに言いながらも、妙に興奮しているような雰囲気だ。

続きを読む 無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた5(オリジナル 転載禁止)

無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた4(オリジナル 転載禁止)

前回の話

加奈子は、正常位でつながったまま優一とキスを続ける。時折啓介の方を見ながら、イヤらしい舌遣いで優一の口の中をかき回し続ける。

啓介は、見せつけるようにキスをする加奈子を見て、再び股間をまさぐり始めていた。ズボンの上からの刺激でも、啓介は強い快感を感じている。そして、早くも射精感が高まりつつある。

加奈子は、罪悪感を感じている様子もなく積極的に舌を使い続ける。優一も、夢中で舌を絡め続けている。28歳の加奈子と、20歳の優一。けっこうな年の差だが、肌に張りのある加奈子なので、年の差はほとんど感じない。むしろ、お似合いな二人という雰囲気すら漂っている。

続きを読む 無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた4(オリジナル 転載禁止)

無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた3(オリジナル 転載禁止)

前回の話

啓介は、目の前の光景がとても信じられないと思っていた。いつものソファの上で、加奈子が優一のペニスをくわえている。それだけではなく、頭を動かしてフェラチオをしている。啓介は、その光景を見てやっぱり興奮してしまっていて、射精しそうな感覚になりながらそれを見つめている。

『ごめんなさい。どうしても歯が当たっちゃうわ。太すぎるのね』
加奈子は、申し訳なさそうに言いながら、舌でカリ首の周りを舐め続ける。

続きを読む 無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた3(オリジナル 転載禁止)

無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた2(オリジナル 転載禁止)

前回の話

啓介は、自分が勃起していることを不思議に思いながらも、ドアに強く耳を押し当て続ける。加奈子のあえぎ声が漏れてきて、啓介は敗北感にまみれていく。

「痛くないですか?」
優一が質問する。
『平気よ。そのままして。中に……一番奥に出して』
あえぎ声混じりの加奈子の声。啓介は、さらに興奮が強くなるのを感じながら、ドアを開けようかと迷っていた。どうなっているのか見てみたい……。加奈子が、どんな風にセックスをしているのか見てみたい……。啓介は、なぜかそんな気持ちになっていた。

続きを読む 無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた2(オリジナル 転載禁止)

無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた(オリジナル 転載禁止)

「え? 加奈子さんと、セ、セックスをするって事ですか?」
優一は、ビックリしすぎて声が裏返ってしまっている。叔父の啓介が言った言葉が、まったく理解出来ないでいた。
啓介は、苦しげな顔で話を続ける。
「そう。加奈子を抱いてやって欲しい。さっきも言ったけど、私は精子が作れないんだ。無精子症というヤツで……。でも、加奈子はどうしても子供が欲しいって言っていて……」
優一は、すぐに、
「だったら、人工授精とか、他にも手段はあるんじゃないですか? わざわざセックスをしなくても、出来るように思います」
と、ごく常識的なことを言った。

続きを読む 無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた(オリジナル 転載禁止)

Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた完(オリジナル 転載禁止)

前回の話

ナオさんは、童貞の若い男性5人に囲まれて、膣も口も両手も使っている。そして、中に精液を注ぎ込まれると、すぐに次のペニスを挿入させている。ナオさんのご主人は、それを見ながらオナニーを続けていた。

杏奈が、
『すごいね。あんなにされちゃって、ナオさん気持ちよさそう。ご主人さんも、ずっとオナニーしてるね。奥さんがおもちゃみたいにされてるのに、興奮しちゃうんだね』
と、僕にささやくように言う。さらに、
『あっ君も、興奮した? 私が童貞君に回されてるの見て、興奮しちゃった?』
と、聞いてきた。僕は、返答に迷いながらも、正直に興奮したと告げた。

続きを読む Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた完(オリジナル 転載禁止)