カテゴリー別アーカイブ: ・マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた

マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた5(オリジナル 転載禁止)

前回の話

早紀は、背泳ぎのバサロのような動きを続けながら、自分で乳首を触り続ける。正常位で繋がりながら、女性の方が積極的に腰を動かす状態……。あまりにも卑猥な感じがする。

私は、射精してしまったにもかかわらず、まったく興奮が収まる気配がない。早紀が、積極的すぎる動きで浮気をしている姿……。私が妄想していた姿よりも、さらに卑猥な姿だ。

続きを読む マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた5(オリジナル 転載禁止)

マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた4(オリジナル 転載禁止)

前回の話

「え? まだするんですか? さすがに、ご主人起きちゃいませんか?」
高藤は、驚きを隠せない感じで言う。驚いているのは、私も同じだ。あれだけ激しいセックスをして、あれだけ快感を得たのであれば、もう満足したのではないか? そんな風に思っていた。

『まだダメ。こんなになってるんだから、まだ出来るでしょ? 私を目覚めさせたんだから、責任取ってもらわないとね』
早紀は、舌なめずりでもしそうな顔で言う。

続きを読む マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた4(オリジナル 転載禁止)

マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた3(オリジナル 転載禁止)

前回の話

私は、あまりの快感にうめき声を抑えるのが大変だった。パンツの中にぶちまけてしまった精液は、かなりの量がある気がする。

早紀は、対面座位のまま高藤に濃厚なキスを続けている。高藤は、いつの間にか腰の動きをとめていた。ひたすらキスをする早紀……。私以外の男性と、恋人同士のようなキスをするなんて、この目で見ているのに現実感がない。
真面目で一途な女性……。そんなイメージをずっと持っていた。まさか、こんなに弾けた行動を取るなんて想像していなかった。

続きを読む マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた3(オリジナル 転載禁止)

マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた2(オリジナル 転載禁止)

前回の話

早紀は、激しく膣中をかき混ぜるようなオナニーを終えると、少しの間動かなくなった。私は、想像以上の展開になったことに、まだドキドキしていた。
高藤の性感マッサージを見くびっていたのかもしれない。まさか、1回目のマッサージでこんな所まで行ってしまうとは思っていなかった。

すると、早紀が私の肩を揺らし始めた。
『パパ、起きて。風邪引いちゃうよ』
そんな風に声をかけながら私の肩を揺らす早紀。私は、寝ぼけたフリをしながら目を開けた。
「あれ? マッサージの人は?」
私は、小芝居を続けながら辺りをキョロキョロと見回す。

続きを読む マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた2(オリジナル 転載禁止)

マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた(オリジナル 転載禁止)

最近、息子が東京の大学に進学したのをきっかけに、嫁と二人の生活が戻ってきた。いわゆるできちゃった婚だったので、嫁は若くに息子を産んだ。そのため、嫁はまだ42歳で体型も維持出来ている方だ。

私は45歳になったので、体力の衰えを感じているこの頃だが、体力以上に勃起の衰えを感じていた。嫁は性欲が強くなる年頃なのか、週に2回はお誘いをしてくる。
私にとっても嬉しいことだけど、正直少しマンネリを感じてはいる。そんなことを会社の同僚に話すと、贅沢な悩みだと怒られた。同僚いわく、ウチの嫁は美人で胸も大きく、セックスするには最高の相手だという。
確かに、夫の私が言うのも恥ずかしいが、嫁はイイ女だと思う。胸の大きさや顔の感じが、高岡早紀に似ていると言われる。私も、かなり似ているなと思う。

続きを読む マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた(オリジナル 転載禁止)