カテゴリー別アーカイブ: SM調教体験

両手両足を縛り、電池が切れるまでオナニーを続けるというご主人様の命令で

25歳の那奈です。
ネットで知り合ったご主人様に、『オマンコとアナルにバイブを入れて両手両足を縛り、電池が切れるまでオナニーを続ける』という命令をいただいてから3回ほど試みたのですが、途中で苦しくなりスイッチを切ってしまっていました。

でもようやくやり遂げることができました。
本当に凄い快感・・・。
体力の限界まで快楽を貪り尽くしてしまいました。

続きを読む 両手両足を縛り、電池が切れるまでオナニーを続けるというご主人様の命令で

エロい人妻の夫を、寝取られ豚野郎にしてみた

私は30代後半の細身の妻です。
胸もAカップで、黒縁の眼鏡をかけ、眼も細く眉も描かないと薄い、あまり男性とは縁の少ないタイプです。

ただ、夫は私のツンケンした態度と、眼つきの悪さに女王様的な魅力を感じた男性で、猛アタックにて結婚しました
実際には、私自身はそのような性格ではなく、こんな女で良かったらという感覚で結婚したのですが。

続きを読む エロい人妻の夫を、寝取られ豚野郎にしてみた

ブライダルフェアで、昔肛門を壊すほど調教した元カノがいた

女房と婚約中にブライダルフェアに行った。

何組もの婚約したカップルがいて、間もなく新婦となる女達がウェディングドレスを試着していた。

その様子を遠巻きに眺めている男達の中に俺はいた。

我が女房となる女と他の女を見比べて、一喜一憂していたのは俺だけではなかったはずだ。

続きを読む ブライダルフェアで、昔肛門を壊すほど調教した元カノがいた

姉さん女房は、夜はハードに僕を調教してくれます

僕は25歳、慎二といいます。
半年前に1年間のお付き合いを経て、妻あゆみと結婚しました。
妻は、37歳と一回り年上で、僕が営業で困っている時に、同じ会社の方を紹介してくれたりして、すごくお世話になっていました。
そして、付き合い始めて半年が経った頃に、あゆみさんの方から告白され結婚することになりました。

あゆみさんも仕事をされていて、毎日スーツ姿での仕事のためか、見た目は非常に若く、プロポーションもいわゆるムチムチといった感じの豊満な体型です。
だからといって太っているわけではなく、バストが98センチのIカップ。

続きを読む 姉さん女房は、夜はハードに僕を調教してくれます

多分妻は、私に抱かれながら、彼に貫かれているのだろう

私は28、妻28、子供なし。
私は、写真マニアである。学生時代からハマッてる。

自分で言うのもなんだが、なかなかの写真マニアで、結婚後もナントか妻のヌード写真を撮りたいといつも思っていた。
と言うのも彼女は私の口から言うのもなんだが、妻は素晴らしいプロポーションの持ち主で学生時代から、我が写真部の”アイドル”的存在であったからだ。

でも、残念ながら学生時代も、結婚後も、いつもヌード撮影を断られていた。

私達の学生時代、同じ写真部の親友が、先月、私達のうちに泊まりに来た。

続きを読む 多分妻は、私に抱かれながら、彼に貫かれているのだろう

SNSの女の子は、彼氏には言えない変態妄想をかかえていた

友香との出会いはmixiでした。
ナンパ用のIDを持ってるんですが、それにある日メールが来て、それから内密なメル友に。
キッカケはたいした事でも無く、同じ趣味だったというだけ。
実は恥ずかしくて彼氏にも打ち明けていない趣味らしかった。
だから下心があったわけでもなく、ホントに普通にメールだけの関係だった。
普通だったら口説こうと頑張るんだけど、少し写ってる写メを見て断念。

続きを読む SNSの女の子は、彼氏には言えない変態妄想をかかえていた

夫に昔のハメ撮り写真を見つけられ、夫婦でハメ撮りするようになった私

結婚7年、31歳の主婦です。
先日、夫が1枚のCD-Rを持ってきました。

その中には、たくさんのナンバーが付いたフォルダがありました。
その中のフォルダの一つを開けると、写真データでした。

続きを読む 夫に昔のハメ撮り写真を見つけられ、夫婦でハメ撮りするようになった私

大学で人気者の彼女は、俺にだけ、調教されていることを告白してきた

大学生の頃、友達というか、ノートをコピーさせたりレポートを代わりに書いてあげたりしてた、単に都合のいい男だった関係の女の子がいた。
顔も可愛くて巨乳でムッチリした感じで、大学でもモテモテだった。

もちろん彼氏もいたわけだが、それとは別に「ご主人様もいる」と俺だけに教えてくれた。
童貞の俺は、そんなん聞かされても知らんがなとドギマギするだけだった。
ある日、電話がかかってきた。

続きを読む 大学で人気者の彼女は、俺にだけ、調教されていることを告白してきた

ド淫乱OLの私がやるためだけに借りた部屋で

私は29歳の会社勤めをしている普通のOLです。
最近一人暮らしを始めました。
会社から実家が近いんですけど、男の人達と思う存分思いっきりSEXしたいから親の反対を受けながらも念願の一人暮らし。
実家はあまり大きいとは言えず、私のすぐ隣の部屋で両親が寝ています。
ですからオナニーの時も気になって、ローターの音や喘ぎ声が両親に聞こえたらと思うと・・・。
オナニーも満足に出来ません。

続きを読む ド淫乱OLの私がやるためだけに借りた部屋で

バイトで女王様をやっていますが、大学の先輩が来たのでとことん責めてみました

私立大学三年のゆかです。

私はSMクラブの女王様を演じるバイトをしていました。

そういう趣味嗜好はなく、あくまでも演じていただけですが、週2日、午後2時から午後11時までの時間帯が基本で、学業に支障が出たり用事がある場合は申し出れば、遅刻早退、出勤日変更など可能でしたし「女王様」ですので、攻められる方ではなく攻める方でしたので楽でした。

私は身長が164cmあり痩せ型で、髪は長くストレート、黒髪でした。

自分が貧乳で、そこがコンプレックスでした。

続きを読む バイトで女王様をやっていますが、大学の先輩が来たのでとことん責めてみました

デリで写真より太いけど大丈夫ですか?と言われてやって来たのはかなり太めのドMだった

つい数週間前、出張の際にデリヘル嬢とセックスをしました。
玩具や手枷、足枷、オナニー等が基本料金に含まれている、M系女性が揃う店を選択。

お目当ての娘を告げると
「写真よりちょっと太ってますけど、大丈夫ですか?」
との事。

続きを読む デリで写真より太いけど大丈夫ですか?と言われてやって来たのはかなり太めのドMだった

好奇心でSMに手を出して、女王様に飲尿までさせられた……

普通のプレイは飽きたので、暇な時に検索して見つけた未知の掲示板で知り合った女王様と会うことに。
会うまでのやりとりは面白くないので却下。

◯◯駅前で待ち合わせした。

緊張して待っていると、やってきたのは黒髪長髪のお姉様。
沢尻エリカをちょっと老けさせた感じだったので、以降『エリカ』で。
ちなみに今まで調教されたことはなかったのでSM初体験。
すぐホテルに行くということだったので、エリカの後ろをついて行った。

続きを読む 好奇心でSMに手を出して、女王様に飲尿までさせられた……

夫の稚拙なセックスでは我慢できず、縄の快感を求めてきた専業主婦

30代半ばの専業主婦の奥様の体験のお話です。

結婚して7年位、旦那様は割と堅めの職業で、子供はいないとのこと。
夫婦関係は1か月に1度程度、前戯の時間は短く、旦那さんが逝った後は、すぐ寝てしまうといった性生活をされていて、奥様としては不満が蓄積されてきているとのことでした。
浮気の経験等は一度もない。

このような状況の奥様は世間に割と多く存在しているのではないでしょうか。

続きを読む 夫の稚拙なセックスでは我慢できず、縄の快感を求めてきた専業主婦

童顔の女子大生は、『滅茶苦茶に犯されたい、アナル以外何でもします』と言った

『滅茶苦茶に犯されたい、アナル以外何でもします』

こんな書き込みをしてた21歳の女子大生。
すぐに連絡。
30分後に会えた。

髪は黒、細身だが冬の服装の上からも胸が大きいって分かる。
生脚にミニスカート、ブーツ。
しかも顔は童顔だ。

続きを読む 童顔の女子大生は、『滅茶苦茶に犯されたい、アナル以外何でもします』と言った

19歳の眼鏡女子が俺の奴隷ちゃんです

大学を出て東京でふらふらしていたら、実家に強制送還されて、流れ流れて中古ゲーム・書籍ショップの店員・・・orz
25歳オーバー、資格なし、コネなし、彼女なし。
自分で撒いた種だけど、ちょっとな。

続きを読む 19歳の眼鏡女子が俺の奴隷ちゃんです

メスブタの鼻の穴をチンポの汁で塞いで馬鹿ヅラに変えてやった

俺は仕事で一年に4、5回のペースで関西に出張に行くのだが、数年前にナンパしたバカ女子大生をセフレにしてオマンコしてやっている。
女は俺のチン長22センチのスーパーデカマラナイスチンポの虜になっているので、呼び出すとマンコを濡らして飛んで来る。

かなり性格の歪んだバカ女で、十三の駅の近くで待ち合わせした時に、仕事帰りに「ふう~っ、疲れた!」とか言ってるオッサンを見て「ふう~っ、ダッサ!」などと言うクソアマなんで、オマンコする時はいつも顔面シャワーして、鼻の穴を両方ともチンポ汁で塞いで懲らしめてやっている。

続きを読む メスブタの鼻の穴をチンポの汁で塞いで馬鹿ヅラに変えてやった

取引先の男性に「私のM女を紹介します」と言われて本当に紹介してもらった

取引先の年上の男性に、「今度、私のM女をご紹介しますよ」と言われた時には冗談だと思っていた。
ある日、打ち合わせの後の食事に行くと、上品で美しい女性が同席しており、奥さんかと思ったら、「私のM奴隷の麻衣です」と紹介された。

食事の後、ホテルの一室に三人だけになった途端、彼の態度が豹変した。

「さあ、麻衣、お客様にご挨拶するんだ」

いつもの彼とは違う威厳のある口調に、俺までドキッとしてしまった。
麻衣はゆっくりと服を脱ぎ始め、スタイルのいいしなやかな肢体と、それを拘束している赤いロープが現れた。

続きを読む 取引先の男性に「私のM女を紹介します」と言われて本当に紹介してもらった