【オリジナルコンテンツ一覧・ログインはここから】
【パスワードやIDがわからなくなった時はココ】
【会員ページのご説明。入会・退会フォーム】
【会員登録後メールが届かない方】

【私が書いた電子書籍一覧です】

嫁とカップル喫茶に見学に行ったら(オリジナル 転載不可)


嫁の希と結婚してまだ2年だけど、正直ちょっとセックスに飽き気味になってきた。結婚する前にも3年付き合って、5年もやり続けていたから仕方ないのかも知れない。

最近は、セックスよりもノートパソコンで色々なサイトを見ながら、自分で処理する方が多くなってきた。最初は動画系のサイト、エロマンガのサイトなどを使っていたが、もともと妄想好きな僕は、テキストだけのサイトに落ち着いた。
体験談とか、官能小説などのサイトの中で、NTR使える寝取られサイトという寝取られ体験談のサイトをよく見るようになっていた。
それがきっかけで、寝取られ系のサイトをよく見るようになり、実際のスワッピング相手募集のサイトまで見るようになった。

そこで、単独男性募集をする夫婦やカップルの書込みを見て、希が他の男とするとどうなるんだろう? と思うようになっていた。
それと同時に、夫婦でスワッピング相手を募集している人の書込みを見て、その奥さんの写真に凄く興奮してしまった。

目線が太めなので、顔はイマイチわからないが、黒髪の上品そうな奧さんだった。その奧さんが、両手にそれぞれの男のアレを握りながら、別の男にまたがっている写真が僕を異様に興奮させた。

そして、この奧さんとしてみたいと思ってしまった。この日から、希をどうやって説得しようかという事ばかり考えるようになっていた。希は、どちらかというとセックスは好きな方だ。最近では僕から誘うよりも、希からお誘いがかかる事が多い。

希は、僕と付き合う前に、男性経験は3人あると言っていた。詳しくは聞いてないが、それくらいなら今時のごく普通の女の子だと思う。

希は身長が150cmで、50kgもない体重なので、凄く小柄だ。小柄な子はエロいというのは、ある程度本当だと思う。
希は小柄で痩せ型なのに、胸は大きい。希もそれをよくわかっていて、胸を強調する衣装をよく着る。背が低いのにそんな服なので、谷間がえげつないくらい見えることが多い。

一緒に歩いていて、すれ違う男の視線が谷間に向けられる事は凄くよくある。
希は、見た目は少しギャル風だ。佐々木希が髪を黒くする前の感じによく似てる。顔も、たまに似てると言われる事がある。

可愛くて胸も大きくてセックスが好き……そう書くと、本当に言う事がないという感じだけど、性格がけっこうがさつで男っぽいのがちょっと残念だ。

『どうしたの? なんかボーッとしてるね? ちゃんと話聞いてた?』
希は、少しムッとした感じで言ってきた。夕食を食べながら色々と会話をしていたが、つい募集サイトのあの上品な奧さんのことを考えていて、さっき希がなんて言ったのか聞いてなかった……。
慌てて正直に聞いていなかったと言い、ゴメンと謝ると、
『もう! 人が恥ずかしいのに誘ったのに、酷くない!?』
と、少し頬を赤くしながら希が怒った。話の感じから、夜のお誘いをしてくれたようだ。

「ゴメン、ちょっと仕事のこと考えちゃってたよ。誘ってくれたの? じゃあ、すぐシャワー浴びようよ! もう我慢できないよ」
『もう! ホント、調子良いんだからw』
希はそうは言いながらも、”我慢できない”と言った僕のセリフが嬉しいようで、ニコニコしている。

「ゴメンw でも、本当に我慢できないよ。今すぐしようよ!」
僕はそう言うと、食事もまだ途中なのに希の手を引き寝室に向かった。実際は、そこまで気持ちは盛り上がっていないのだけど、これくらいしておかないと希は2〜3日機嫌が悪くなる。

これくらいやれば、希はすぐに機嫌が直る。実際、僕に手を引かれながら、希は本当に嬉しそうに笑っている。
付き合い始めて5年、結婚して2年経つが、希は本当に僕のことを好きと言う気持ちを惜しげもなく出してくれる。可愛い女だと思う。
それなのに、少し飽きてしまうのは雄としての宿命なのかな? と、申し訳なく思う。

そして寝室に入ると、僕は気持ちを奮い立たせて、希に抱きつきキスをする。
希は、待ってましたという感じで、すぐに舌を差入れてきてくれる。身長差がけっこうあるのでキスは少ししづらいが、希は見上げながらするキスが大好きなようだ。

僕の首の後ろに両腕を巻付け、引き寄せるようにして濃厚なキスを続ける希。そして、キスをしながら僕の服の上から乳首を触ってきた。僕は乳首がかなり敏感で、下手したらフェラされるより、乳首を責めてもらう方が好きなくらいだ。

ここまでされて、やっと火がついた僕は、希の上着を脱がし始めた。希も待ちかねたようにバンザイをして、脱がしやすくしてくれる。ブラだけになると、本当にエロい体をしていると思った。胸の谷間が本当にえげつないくらいで、思わず顔をうずめてしまった。
『あんw ホントおっぱい大好きだねw 今ブラ外すね』
希はそう言いながら、自分でブラをはずそうとした。僕は慌ててそれを止めさせて、スカートを脱がし始めた。

希のおっぱいが垂れていたり、乳輪がデカかったりするわけではないが、全裸よりもランジェリー姿のままの方が興奮するw

スカートも脱がせると、Tバックのエロいショーツが姿を現す。

『へへw してあげる』
希はそう言うと、僕をベッドに押し倒しながら全裸に剥いたきた。そして全裸で寝そべる僕に覆いかぶさると、希は僕の乳首を舐め始めてくれた。ゾクゾクするくらいに気持ち良くて、思わずうめいてしまう。

『ふふw ホント乳首弱いねw 可愛い声w』
希はそう言いながら、エロい顔で舐め続けてくれる。舌で弾き、歯で軽く噛み、時にじらしたりしながら、乳首を責め続けてくれる。
思わずあえぎ声を漏らしながら、希の胸の谷間を凝視していた。こんな風に乳首を舐めてくれて、ビジュアルでも楽しませてくれる嫁。なかなかいないと思う。
でも、少しマンネリ感は否めない。

ついついネットで見た、スワッピング相手募集の人の奧さんを思い出してしまった。黒髪で上品そうな人なのに、両手にアレを握りながら、他の男にまたがる姿。
希が同じ事をしたら、僕はどう思うだろう? 興奮するのだろうか? 嫉妬で怒りだけしかわかないのだろうか? 答えが出ない。

『気持ち良い? 乳首カチカチだよw 女の子みたいw』
希はそんな事を言いながら、さらに責めてくれる。本当に気持ち良くて、たまらないと思いながらも、いきなり聞いてしまった。

「ねぇ、希は他の人としてみたいって思ったりしないの?」
ストレートすぎたかな? と、後で後悔したが、僕には思いつきをそのまま口にしてしまう悪いクセがある。

『え? 何を?』
眉間にしわを寄せて、意味がわからないという感じで聞いてくる希。こう言う顔をすると、妙に迫力がありビビってしまう。嫁は、佐々木希と同じで、実は元ヤンでは? と、常々思っているが、こういう時はより強くそう思う。

「い、いや、その、セックスとか……」
『ハァ? 浮気したいかって事? バカ?』
「いや、浮気とかじゃなくて、その、抱かれたい願望とか……ないかな?」
『何それ? アンタはあるの?』
希が僕のことをアンタと言うときは、かなりキレているときだ……。
「ないない! 思ったこともないです!」
ビビって敬語になる僕。ちょっと情けないと思う……。

『私もあるわけないでしょ? あなたで満足してるんだからw』
眉間のしわが消えて、ニコッとしてくれた。ホッとしながら僕は、
「いや、なんかさ、最近カップル喫茶とか、ハプニングバーっていうのが流行ってるって、深夜番組でやってたから……」
『そんなの見てるんだ。サイテー』
無表情で言う希。
あわてて必死で謝ると、
『行ってみたいんだ? そういうとこに』
「違う! 違います! ただテレビで見たから、その……」
しどろもどろで言う僕に、意外な言葉が待っていた。
『良いよw 行ってみようよ!』

えぇっ? と思いながら、”ホントに?”と聞くと、
『ちょっと興味あるw あっ! でも、アンタは見るだけだからね!』
「は、はい! え? じゃあ、希は見るだけじゃないの?」
『そ、それは、揚げ足とるなよ! しねっ!』
あからさまに動揺する希。

「ゴメン、でも、どうするの? ホントに希は何かするの?」
言い出しておいて、無性に不安になる僕。

『何かして欲しいんでしょ? バレバレだよw』
氷のような冷たい目で言った後、にっこり笑いながらバレバレだよと言った希。完全に見透かされていて、ドキドキする。
でも、見透かされているのが心地良いと思う僕もいるし、見透かされていることで、話が早いなと思う僕もいる。

「そんな事は……少し……あるかな?」
『はいはいw じゃあ、明日行こうか?』
「うん!!」
『無邪気な顔w じゃあ、調べといてね』
希はそう言うと、さっさとシャワーに向かってしまった。
「えっ? しないの?」
すでにセックスを始めていたのに、なぜ止めたのかわからずに驚いてそう聞く僕。
『だって、私は明日するからw 溜めとかないとw』
希が、可愛らしい顔で強烈なことを言う。溜めるって、男じゃないんだからと思いながら、かなり動揺してしまった。
希は、本気で何かするつもりなんだろうか? まずは、ただ見学と思っていたのに、希はいきなり何かするつもりなんだろうか?

そんな不安に包まれながら、希に言われた通りにネットでカップル喫茶などを調べ始めた。希がシャワーから出るまでには調べられると思っていたが、その件数の多さに驚いた。
そして、意外なほど近場にあることもわかり、その店のサイトを見たりしていた。そんな風に調べていたら、希がシャワーから出てきた。パジャマに着替えた希は、
『じゃあ、頑張って調べといてね〜w』
と言いながら、さっさと寝室に行ってしまった。

その後は、2時間もかけて調べて、とりあえず候補を決めた。希に報告しようと思い寝室に行くと、すでに希は夢の中だった。
とりあえずシャワーを浴びて、ベッドに潜り込んだ。

朝になり、希に起こされて朝食を食べていると、
『どうだった? 昨日は熱心に調べてたみたいだけどw』
と、希がニヤけながら言ってきた。昨晩は、希はすぐに寝たんだと思っていたけど、様子をうかがっていたようだ。全然気がつかなかった……。

そして、候補を決めたことを話し、なるべく今日は早く帰ってくると告げた。
『じゃあ、色々用意しておくね。行ってらっしゃ〜いw』
希は、相変わらずニヤけながら言った。
「用意って?」

『ん? 無駄毛処理とかw』
希にイジワルな感じで言われて、正直ゾクゾクしてしまった。冗談だと思うけど、本気で何かするつもりなのかも……そんな風に思った。

そして、会社に行って働き出したが、夜のことが気になってしかたなかった。ネットで色々と調べ、今日行く予定のカップル喫茶の掲示板を何度も見たり、とにかく落ち着かない時間を過ごした。

掲示板は、さすがに平日の今日は書込みも少なかったが、常連みたいな夫婦が遊びに来ると書き込まれていた。

それを見て、この前見た画像掲示板の単独男性募集の夫婦を思い出していた。あの、上品そうな奧さんが、3人の男達に囲まれている姿……たまらなくエロいと思った。
あんな人だと良いなぁと思いながら、その旦那さんに抱かれる希を想像した。希は、僕と知り合ったときに、処女だったわけでもないし、そもそも清純なイメージでもない。でも、少なくても僕との結婚後は浮気はないはずだ。

希は、過去の男性経験は絶対に話をしてくれない。聞いても、そんな事聞いてどうするの? バカじゃないの? などと言って、取り合ってくれない。
なので、他の男とセックスする希というのは、想像も出来ない。

僕とのセックスは、それなりに積極的で、どちらかというと責めるのが好きな感じだ。僕が責めても感じている様子だし、不満があるようには見えない。

AVのように、派手に潮を吹いたり、イクイクイクっ!! と、絶叫したりはしないが、しっかりとイケていると思う。そもそもAVのは、かなり大げさで現実にはあり得ない感じ方だと思っている。

そして仕事を早く片付け、ほぼ定時に会社を出た。こんなに早く帰宅するのは久しぶりだ。この後のことに、心臓がドキドキして破れそうだ。

そして帰宅すると、すっかりと出かける準備を終えた希がいた。
『お帰り。早かったねw 待ちきれない感じなんだw』
からかうように言う希。でも、微妙に声に緊張が混じるのがわかる。

ただいまと言いながら、慌てて着替え始めるが、希は本当に綺麗だった。もともと、ちょっとギャルっぽい感じとは言え、佐々木希似の嫁だ。しっかりとメイクをして、可愛い服を着ると、可愛くないわけがない。

いつもは面倒臭がって、ラフな格好でほぼノーメイクだが、今日は違う。希のやる気を感じてしまって、ビビり始めた。止めた方が良いのかも知れない……。
そんな僕の動揺を見透かすように、希が僕の手を引っ張って、
『ほら、行くよ! 今さら怖じ気づくなよw』
と言った。相変わらず口が悪いが、ギャル風の彼女には似合っていると思う。そして、出発した。

でも、口ではああ言っていた希だけど、妙に無口で緊張しているのがわかる。

「どうしたの? 緊張してるでしょw」
固い空気を破りたくてそう言ったが、
『そんなわけないでしょ! 楽しみで、仕方ないだけだよw』
と、希は強がる。目が少し泳いでいることからも、緊張しているのは間違いないと思う。

そして二人で歩き、電車に徒歩で目的のカップル喫茶に着いた。駅でも街中でも、希はすれ違う男達にけっこう見られていて、夫として鼻が高かったが、これからこう言ったすれ違う見ず知らずの男に、もしかしたら抱かれるかも知れないと思うと、胸がざわついた。
ネット体験談などでオナニーをしているときは、希が他の男に抱かれるのを想像して、けっこう興奮できたのだけど、いざ現実にそれが行われるかも知れないとなると、興奮どころではない感じだ。

そして、会社帰りに電話で聞いたマンションに到着した。会社帰りに電話したときは、男性の方が出た。オーナーさんなのか、バイトなのかはわからないが、人の良さそうな、ちょっとおネエっぽいしゃべり方をする男性だった。

そしてそのマンションは、本当に普通の居住用といった感じで、間違えたかな? と思うほどだった。恐る恐るオートロックのインターフォンを押すと、さっきの電話の声がした。

電話の時とは違って、その男性も口数少なく、ただオートロックを解除した。そして僕と希は、緊張しながらエレベーターに乗った。
『ホントに、普通のマンションなんだね。もしかして、うちのマンションにもカップル喫茶あるかもねw』
希はもう覚悟が決まったのか、いつもの調子に戻っていた。僕はと言うと、緊張したまま、
「ははw まさか」
と、乾いた笑いで答えた。

そして、ドアの前に立ち、ノックをした。すぐに扉が開き、人の良さそうな40代くらいの男性が出迎えてくれた。左耳のピアスもまぶしい、見るからにコテコテのおネエの方は、
「いらっしゃ〜いw よく来てくれましたぁw どうぞどうぞ」
と、クネクネしながら招き入れてくれた。

よくわからないが、こういうお店は、おネエが多いのだろうか? でも、出迎えてくれたのが男性でも女性でもないことで、緊張が和らいだのは事実だ。

そして、希と顔を見合わせて、少し笑いながらついていくと、リビングに通された。廊下などは照明も暗くて怪しげな雰囲気だったが、リビングは比較的明るかった。そこには、バスローブをまとった男性と女性がいた。多分、お店の掲示板の書込みにあった常連のご夫婦だと思ったが、奧さんを見てドキッとした。

黒い髪に、上品そうな雰囲気。あの画像掲示板の、単独男性募集の奧さんに似ていると思った。掲示板の写真には太めの目線があったので、もしかしたら違うのかも知れないが、髪の感じも、全体的な雰囲気も、似ていると思った。
そして何よりも、目線のない目の前の奧さんは、凄く綺麗だった。沢口靖子とか鈴木京香みたいな系統の美人さんで、目が合うとニッコリと微笑みながら、挨拶してくれた。

緊張で固くなりながら挨拶を返したが、奧さんのバスローブ姿に、別の所も固くなりそうだった。
横にいる旦那さんは、凄くイケメンというわけでもなく、奧さんに対して釣り合いが取れていないというか、本当に普通の人だった。
だけど、感じは良い方で、優しげな笑顔で挨拶をしてくれた。

そこに、おネエの男性が割り込んできて、僕のことを美味しそうとか茶化して、和やかな雰囲気になった。
会話から、おネエはマスターで経営者、ご夫婦は、旦那がみっちゃん、奧さんは京香さんという風に呼ばれていた。こういうところなので、おそらく本名ではないと思う。

そして、自己紹介をしながらシステムの説明があり、夫婦だと5000円だが今日は初回で無料だと言われた。ご夫婦も自己紹介してくれて、僕らもとっさにあだ名みたいなモノを名乗った。希は、とりあえずノンちゃんと呼んでもらうことにして、僕はマサルなのでマー君と名乗った。

『マー君達は、こう言うところはよく来るんですか?』
丁寧な言葉で、京香さんが聞いてきた。多分、年齢は30代後半くらいだと思うが、本当に落ち着いて上品な感じだ。こういうところにいるのが、信じられない感じだ。

そして、今日は見学が目的ということと、仮に何かするにしても、僕は何も出来ないと話した。
「え? それはなんで?」
すぐに旦那のみっちゃんが聞いてきた。

「それは、ノンちゃんがダメだって言うからです」
僕が、チラチラ希を見ながら言うと、
『だってこの人、すぐに惚れちゃうからからw 見るだけです』
希は、緊張している感じもなく言う。こういう時、女の方が度胸があるなと思いながら、みっちゃんに抱かれる希を強く想像してしまった。

「そっかw 京香、残念だね。お前好みの男の子なのにw」
おどけながら言うみっちゃん。僕は童顔だから若く見られるが、男の子という歳でもない。でも、まだギリ20代なので、お二人から見たら子供みたいなモノなのかも知れない。

『ふふw 残念ですw でも、そのうちノンちゃんさんも気が変わるかもw』
上品な感じのまま、ドキッとすることも言う京香さん。もう、勃起がヤバかった。それを、なんとか太ももに挟み込んでごまかす僕に、みっちゃんが言った。

「じゃあ、とりあえず見ててごらんよ。京香、行くよ」
『はい……』
このやりとりで、一瞬で空気が変わった気がした。さっきまでの、ほのぼのとしたような感じから、一気に淫靡な空気になった気がした。

バスローブの二人が、リビング横の扉を開けて隣室に向かう。僕らも、後についていく。隣室は薄暗い洋室で、12畳くらいはあった。そして、真ん中にキングサイズのマットレスだけが敷いてあり、壁際には色々な種類の大人のオモチャや、ロープ、手錠、ローションなどが並べられていた。

部屋の隅の椅子に座る僕と希。部屋の感じにドキドキしたが、二人は慣れた感じでマットレスの上に乗り、ためらいもなくバスローブを脱いだ。

思わず目が釘付けになったが、京香さんは下着もなく全裸だった。さすがに若い希と比べると、所々たるみや垂れが見受けられるが、ほどよい大きさの胸はまだまだ形もよく、お腹が出ているわけでもないし、肉感的なエロい体に見えた。
痩せすぎで、胸だけ大きい希と違い、ほどよい太さで抱き心地が良さそうだ。

下はへアが剃り上げられているのか、パイパンのようで、とにかくエロ過ぎて鼻血が出そうだ。

ハッと気になり、横の希を見ると、やはり目が釘付けになっていた。だけど、見ているところが僕と違っていた。
その目線を追うと、みっちゃんの方を見ていた。みっちゃんは、中肉中背で、顔の印象と同じで、とにかく風通の体型だった。全ての雰囲気が、ミスター普通という感じのみっちゃんだが、希の目はある一点に釘付けた。

みっちゃんのアソコは、遠目にも異様だった。そこかしこがボコボコしていて、病気? とか思ったが、いわゆる真珠というか、シリコンボールが入っているんだと気がついた。
噂では聞いたことがあるが、本当にやっている人がいることに驚いた。それにしても、一見異様で気持ちが悪い。

『凄いね、あんなの初めて見た……』
ボソッとささやく希。本当に驚いているようだ。
僕は何か言おうとしたが、いきなりドアが開き、裸の男達が入ってきてので、そっちに驚いて固まってしまった。

男は3人いて、皆若い。大学生くらい? もっと若いかも? そんな風に見える3人だ。だけど若いだけで、イケメンでもなんでもなく、どちらかというと女性に縁がなさそうなタイプに見えた。

その3人は、僕らと反対側に回ると、壁際に背筋を伸ばして正座した。なんだコレは? 一瞬、混乱した。だけど、コレがいわゆる単独男性だと理解した。

他のカップル喫茶はどうなのかわからないが、正座して無言で座る3人を見て、単独男性は地位が低いのかな? と思った。
考えてみれば、自分が何か(彼女や奧さん)を提供するわけでもなく、ただ抱かせてもらう立場なので、総じて地位は低いのかも知れないが、正座して待機するのは異様に思える。

だけど、みっちゃん夫婦はそれが見えないように、いきなりキスをした。そして、濃厚に舌を絡め合いながら、抱きしめてベッドに倒れ込む。

こんな大勢に見られながら、キスをする二人。僕にはとても出来ないと思った。

みっちゃんがキスを止めて寝転がると、京香さんがその異様な形状のそそり立ったモノを口に含んだ。
形の異様さに気を取られていたが、京香さんの口の開け方を見て、みっちゃんのアレは、形も異様だけど、大きさも異様な大きさだと気がついた。

目一杯口を大きく開けて、やっと収まるくらいの太さで、京香さんが頭を前後に振るたびに、その埋め込まれたボール達が京香さんの唇をまくり上げ、美しい顔を台無しにする。

京香さんは、夢中でフェラを続けながら、自分でアソコをまさぐり始めた。僕は、生ツバを飲んでしまった。
あの上品そうな京香さんが、フェラをしながらオナニーをするなんて、興奮がヤバすぎる! そう思っていたら、壁際の男達も同じだったようで、自分たちのアソコをまさぐり始めていた。

自分の奧さんが、オナニーのおかずになっているのを間近で見て、みっちゃんはどういう心境なんだろう? 僕は、希が男達のオナペットになっているのを想像したら、興奮よりも怒りのような感情が浮かんだ。

『ンッ! ンンッ! ん〜!』
静かな部屋の中で、京香さんのうめき声と、クチョクチョいう音だけが響く。クチョクチョいう音は、京香さんの上の口からだけではなく、下の口からも大きく響いてくる。

すると、いきなり横の希が僕のアレをズボンの上から掴んだ。
『やっぱり大っきくなってる。見ても良いけど、興奮しちゃダメなんだからね!』
少し頬を膨らませて、ムッとしたように言う希。スゲぇ可愛い!! 心の底からそう思った。希が嫉妬しているのがわかり、本当に嬉しかった。
普段の希はちょっと男っぽいというか、ツンデレで言ったらツンだけという感じだ。それが、こんな嫉妬じみたことを言ってくれて、心の底から嬉しかった。

すると、京香さんの声がした。
『もうダメです……。入れても良いですか? 我慢できません……』
発情した声で、とろけた顔で言う京香さん。上品な顔が、上気して頬が赤く染まっている。この表情だけで、オナニーできそうなくらいエロかった。

すると、ミスター普通だと思っていたみっちゃんが、とんでもないことを言い出した。
「ほら、入れてくれってよw」
壁際の男達にそう話しかけるみっちゃん。すると、男達は嬉しそうに立ち上がり、京香さんに群がる。京香さんはゾンビ映画で襲われるような感じで、男達に一気に取り囲まれると、少し悲しそうな顔でみっちゃんを見ていた。

男達は口々に失礼しますとか言いながら、一人が京香さんの胸に、もう一人がアソコに、最後の一人は足下に陣取った。
そしてみっちゃんが、
「どうぞどうぞw」
と、楽しそうに言うと、それぞれが舐め始めた。

乳首とアソコと、足の指を同時に舐められ始め、
『アァッッ! く、ッウゥッ!! ヒィィあぁ、』
と、けっこう大きな声であえぎ始めた。非イケメン達に囲まれ、舐められる奧さんを見て、みっちゃんは何とも言えない嬉しそうな笑顔を浮かべている。

そして、いきなり僕らを見た。慌てて視線をそらしたが、みっちゃんは僕らの横に来た。
「どう? 想像してたのと違う?」
にこやかに聞いてくるみっちゃん。僕は何も言えずにいたが、希が思いの外明るい声で言った。
『はい! 全然違いました。なんか、ちょっと怖い感じです』
「ははw でも、怖くないよ。見ててごらんよw」
この状況で、全裸の男性と話をする希。それだけで、激しく嫉妬してしまった。近くに来たみっちゃんのアレは、やはり造形と遠近感がおかしいことになっていて、ギーガーがデザインしたエイリアンとかのような形状だった。

『ンあっ! ヒィッ! ううっ! い、入れてっ! もう、入れてっ! 入れて下さい!』
上品な京香さんが、ハッキリとそうおねだりをした。そのとろけた顔はエロ過ぎて、もう見ているだけでイキそうだった。

男達は京香さんにそう言われても、すぐに行動できず、みっちゃんの顔色をうかがうばかりだった。
「そんな子犬のような顔で見るなってw 良いよ、入れてやれよw」
みっちゃんは、僕らに話しかけるのとはまったく違う、上から目線というか、支配する側の人間の言い方をした。

その言葉に、男達は嬉しそうに壁際のコンドームに手を伸ばし、ソレを大慌てで装着した。なぜそんなに慌てるのかな? と思ったが、理由はすぐにわかった。装着したのが早い人間が、一番に挿入できるということみたいだ。

全裸で寝そべり、とろけた顔の京香さんの足下に、コンドームを装着した3人が順番に正座をする姿。それは、正直吹き出しそうなくらい面白い姿だった。

『いいわよ。来なさい』
京香さんも、さっきの奥ゆかしくて上品な感じとは違って、淫乱女教師みたいな口調で言った。

先頭の男が、慌てて京香さんに覆いかぶさると、アレを突き立てようとする。だけど、見た目と同じで女性経験が少ないのか、なかなか突き入れることが出来ずにいる。

「あの3人、童貞なんだよ。ネットで募集して呼んだんだw」
みっちゃんがキラキラした目で言う。妙に無邪気なその仕草に、釣られてちょっと笑みがこぼれてしまった。

童貞に、嫁を抱かせる。それは、僕がよく見るネット体験談では定番の話だ。でも目の前で、リアルでソレが行われようとしている。
ここで初めて、僕はゾクゾクしてきた。こんな風に希を童貞達に抱かせたら、どんな気分なんだろう? 嫉妬? 優越感? それとも、興奮?

すると、京香さんが仕方ないなぁと言う感じで、男のアレを握った。そして、童貞のアレを、自らに招き入れようとすると、
「アァッ! ご、ごめんなさいっ!!」
と、男が叫んだ。どうやら、握られてイッてしまったようだ……。
『ふふw 可愛いw』
京香さんは、本当に男の子が可愛いという感じで微笑みかけると、そのコンドームを外し始めた。
『いっぱい出たねw』
コンドームの中で、タプタプになっている白い液体を見て、そう笑う京香さん。
「す、すいません!」
必死で謝る男の子。僕は、すみませんだろ! と、心の中で思いながらそれを見ていた。

京香さんは、妖しく笑いながらソレの中身を口の中に垂らし始める。そして、全部口の中に入れると、みっちゃんに向かって口を開けた。口の中は、あふれんばかりの精液でいっぱいになっていた。

「いいよ。飲みなw」
短く言うみっちゃん。すぐに、コクンと喉を動かしながら飲み込む京香さん。そして、ふたたび口を開けると、空っぽだった。

旦那さんの前で、他の男の精子を飲み干す京香さん。上品な見た目の裏に、こんな淫蕩な顔を隠しているなんて、本当に人は見た目ではわからないと思う。

『ごちそうさまw はい♡ 次の人、来てぇ♡』
甘えた声で言う京香さん。すぐに次の男が覆いかぶさる。そして、自分のアレを握りながら、京香さんのアソコに押し当てる。今度は、しっかりと自分で握っていたので、あっさりと挿入が出来たようだ。

『ンッ! あっンッ♡ 卒業おめでと〜w』
京香さんが、そんな風に男の子に笑いながら言う。
「あ、ありがとうございます。ヤバい、気持ち良すぎです!」
入れただけで、もう泣きそうなほど余裕がない感じの男の子。すると、下側なのに京香さんが腰を回すように動かし始めた。
『何がヤバいのぉ〜? もう、おチンポパンパンだよw』
京香さんは、こんな事まで言う。あの上品な顔で、こんな淫靡なことを言う姿を見ると、ギャップでクラクラする。

「あぁっ! ダメですっ! 動いちゃ、あっ! で、出るッ! 出るっぅ!」
男の子は、京香さんが腰を回し始めて30秒も保たなかった。

『イッちゃったねw でも、卒業おめ〜』
京香さんが言いかけた瞬間、正座していた最後の一人が、
「ウゥッ!! ううぅーっ!!」
とうめきながら射精した。アレに手も触れずに、正座したまま射精する男の子。笑いそうになってしまった。

『もうw ダメじゃんw 仕方ないなぁw いま見本見せるから、回復しててね♡』
男の子達にそう言うと、京香さんはみっちゃんのところに来て、引っ張っていった。

「仕方ないねw じゃあ、ちょっとだけなw」
みっちゃんはそう言うと、京香さんを四つん這いにして、後ろからいきなり異形のソレを突き立てた。
『ぅオォッグゥッ!! イグぅっイッグゥッ!! ンンヒィンッ!!』
一突きで、京香さんは背中を折れ曲がりそうなほど反り返らせ、絶叫して果てた。あの異形のペニスは、見た目どおりの破壊力なのかな? と、戦慄を覚えた。あんなモノで希が突かれたら、どうなってしまうのだろう?

ゴクッと生唾を飲み込みながら横の希を見ると、瞬き一つせずに、みっちゃんと京香さんを見つめていた。希の目は、好奇心でキラキラ光っているように見えた。そして、少しだけ……いや、かなり興奮しているのもわかってしまった……。
希も、アレで突かれる自分を想像しているのだろうか?

「オラ、サボんなよ」
普通の見た目からは想像もつかないほどの、サディスティックな顔を見せるみっちゃん。京香さんは、言われて慌てて腰を動かし始めた。
バックでつながっているのに、腰をガンガン動かすのは、みっちゃんではなく京香さんの仕事のようだ。

本当に、こんな風な亭主関白は、羨ましくて仕方ない。我が家では、どちらかというと……いや、かなり僕が尻に敷かれている。

腰をガンガン振りながら、大きな声であえぐ京香さん。
『オォおおっ! オごぉっぅっ!! め、めくれるぅッ!! おまんこぉめくれるぅッ!! ヒッヒィッ!! おおおオオオォオッ♡ あっアアあぁんっ!! イグッ! オマンゴイグゥっ!! ンぎイイィッ!! おぉお゛お゛お゛お゛お゛ぉっ!! イィグゥゥッ!! イグイグイグイグッッ!!!』
尻をみっちゃんにバンバンぶつけながら、イキまくる京香さん。
それを、あっけに取られて、少し怯えたような感じで見続ける男の子達。

みっちゃんのイボイボ生チンポが、京香さんのアソコを出入りするたびに、めくれ上がり巻き込まれるビラビラ。

上品な京香さんの顔は、トロトロにとろけきって、よだれも流れている有様だ。

『すごい……』
希が、思わずつぶやく。僕の耳には、”凄い、良いなぁ、入れて欲しいなぁ”と言ったように聞こえてしまう。

しばらくすると、みっちゃんがいきなり腰を振り始めた。それは、京香さんを感じさせると言うよりも、叩き込むという感じの容赦ない突きだった。
パンパンと言うよりは、ガスッ! ドスッ! と言うような、重い音を響かせながら、異形のペニスが高速ピストンする。

『ううぅウゥぅウゥぅうっっっ!!! ぅうぅーーーっっ!!! んんんっーーっっ!!!』
京香さんはあえぐと言うよりは、重いきり歯を食いしばり、何かに耐えているような感じだ。大きすぎる快感に、必死で正気を保とうとしているように見える。あえいで感じる姿よりも、ある意味この姿は衝撃的だった。

すると、唐突にビチャビチャという水音が響き始める。京香さんは、白くなるほど歯を食いしばりながら、潮? を吹き始めたようだ。
AVのような光景に、言葉も出てこなくなる僕。

すると、いきなりみっちゃんがアレを抜き、
「おっ! 復活したなw いいよ、代わりなよw」
と、男の子達に指示した。
みっちゃんがいきなりアレを引き抜いたとき、京香さんのアソコから、驚くほど遠くまで潮が飛んだ。潮吹きなんて、生で見るのは初めてだし、当然希に吹かせたことなどない。そもそも、AVとかのは全部フェイクだと思っていた。

胸をベッドに押しつけるようにグッタリした京香さん。でも四つん這いのままなので、お尻が高く上がっている感じになる。
角度的に、モロに京香さんのアソコが見えて、ドキドキして仕方ない。京香さんのアソコは、イボイボでハードに突かれたせいか、少し赤くなり、なおかつだらしなく開いた感じで、ビチャビチャに濡れていた。

そこに、我先に競うようにコンドームを付けた男達が群がる。そして、がむしゃらに腰を振り、すぐにイキ果てて入れ替わるという光景が繰り返される。

京香さんは、始めこそグッタリしたままだったが、すぐに、
『ほら、もっと強く腰振ってごらん。そう、ほら、あなたもこっち来て。大きくしてあげる♡』
などと言いながら、バックで突かれながら、他の男の子のモノをくわえて、立たせようとする。

『ンッ! あっ! そう、上手くなってきたぁ♡ もっとっ! もっとぉッ!! ソレ使って!』
京香さんに指示されて、壁際の電マを手に取る男の子。そして、おっかなびっくり京香さんのアソコに押し当てて、スイッチを入れた。

バックで突かれながら、他の男の子のアレをくわえ、電マで刺激される京香さん。もう、上品で奥ゆかしい顔はどこにもない。

『アアあっ! そう、イクっ! イクっ! ヒィンッ!!』
京香さんは、男達に囲まれながらイッた……。

しかし、コレを見て思った。男の子3人がかりで、電マまで使っても、みっちゃんにはまったく勝てていない……。

僕は、童貞達にやられる希よりも、みっちゃんにやられる希を見て見たくなってしまった。

すると、いきなりみっちゃんに声をかけられた。いつの間にかバスローブを着ていたみっちゃんは、
「じゃあ、二人もしてみなよ。見られながらするのって、信じられないくらい気持ち良いよw」
こんな風に促すみっちゃん。ちょうどベッドの上では、一区切りついて4人とも休んでいた。

「い、いや、僕らは、その、」
口ごもる僕。でも希が、
『はい、やってみます。ねぇ、行こうよぉ〜』
と言いながら、僕をベッドに引っ張っていく。まさか、希がこんなに積極的に動くとは思ってもいなかったので、凄く動揺した。希も、目の前で起きた凄すぎる光景に、興奮していたのかも知れない。

そして、ベッドの4人と入れ替わり、二人でベッドに乗った。
こんな大勢に、希の裸が見られてしまう……。嫉妬と焦りでドキドキしていると、希が横にたたんであった布団を、スッポリと被った。

そこに二人で潜り込み、服を脱ぎ始めた。裸になりながら、布団の外には5人の目があると思うと、ドキドキして仕方ない。でも、希は全裸になると、僕にいたずらっ子のような顔で、
『なんか、ドキドキしちゃうねw』
と、小声で言った。ひたすらビビり倒す僕に対して、希は本当に度胸があると思う。

そして、布団を被ったまま希に愛撫をしようとすると、
『ねぇ、もう入れていいよ……』
などと言った。希の声は、興奮が隠しきれないような感じで、少し震えていた気がする。

僕は言われるままに希に覆いかぶさり、そのまま生で入れた。
『ンッ! ンンッ!! んー!』
希は、必死で声を抑えている感じだ。いきなり挿入したが、希のアソコは濡れに濡れていて、引っかかる感じもなくあっさりと全部入った。そして、ウネウネと熱く絡みつくような感じで、いつもとは違った感触だった。

僕は、希はみっちゃんのアレを見て興奮して濡れ濡れになっていると思い、嫉妬で狂ったように腰を振り始めた。
布団に隠れているが、外の5人には入れているのが丸わかりだと思う。そう思うと、確かに興奮した。
そしてそれは希も同じようで、必死でこらえていた声がもれ始める。
『ンンッ! ンあっ! あっンッ! あっ♡ ンンッ!! んーっ! あっ♡』
いつも強気というか、ツンとした希だが、可愛い声であえぎ始めて、ゾクゾクした。
そして、いつもと違う可愛らしいあえぎ声に、イタズラ心が騒いだ。

僕は、いきなり布団の顔の部分をはがした。
いきなり顔が丸出しになり、希は慌てて布団を戻そうとしたが、阻止した。
すると、隙間からおっぱいを見られないように、僕に抱きついて体を密着させた。
『イ、イヤァァ……見られてるよぉ……』
希が、珍しく気弱な声で言う。確かに、周りを見ると5人の目が注がれているのがわかる。しかも若い子達3人は、オナニーまでしている。

自分の嫁がオナペットになる気持ち……。それが、早くも実感できた。それは、物凄い優越感だった。

僕は優越感の中、腰を振り始めた。とは言っても、布団で体を隠しているし、希にキツく抱きつかれているので、それほど自由に動けない。でも、希は今まで見たことがないくらい感じているのがわかる。

大勢に見られながらセックスをして、感じてしまう希。すると、壁際でオナっていた男の子が、自分でしごきながら近づいてきた。

凄く近くで、セックス中の感じている顔を見られている希。希の顔を隠したい気持ちと、もっと見せつけたい気持ちが揺れ動く。
希は、近づいてきた男の子を見ながら、
『だ、ダメぇ、見ちゃダ、メェ、ンあっ! あ、クッ! 見ちゃダメぇ、見ないでぇッ! アアッ!! あ〜〜ッ!! き、気持ち良くなっちゃう! 見られてるのにぃダメぇ、気持ち良いよぉっ! ぁあぁあっ!!』
と、叫ぶようにあえいだ。男の子と視線を絡ませながら感じる希。なんか、希がその男の子に抱かれているような感覚になってきた。
嫉妬や興奮でグチャグチャになりながら、さらに激しく腰を振ると、もう限界が来てしまった。

『う、ぅウゥッ! あぁっ!! ダメぇ、大きくなってきたぁっ! 凄いぃっ!! イ、イクっ!! 見られてるのにぃ、イッちゃうよぉっ!!』
普段の希からは、信じられないくらい可愛い声で泣きそうになりながら言うのを見て、僕はもうダメだった。
「イクっ! イクっ!」
短くうめきながら、希の中に射精した。確かにみっちゃんの言うように、衆人環視の元セックスをして、射精をするのは、今までに経験したことがないくらい気持ち良かった。
そして希も同じようで、たっぷりと中出しをされながら、
『イクぅっ! イクっ!! イィッックゥッ!! ぅうんっはぁンッ!!』
と、いつもよりも激しくイッた……。

『可愛いイキ方w』
ボソッと京香さんが言うと、希はその声にハッとしたような顔になり、慌てて布団を頭までスッポリと被った……。

そして、布団の中でまた服を着始めて、ベッドから滑り出た。すると、男の子達もみっちゃん夫妻もいなくて、マスターだけだった。
「あら、着ちゃったんだw 先にシャワー浴びてきなさいよぉ」
おネエっぽく言うマスター。

言われるままに浴室に向かうと、もう一つの洋室から、京香さんの嬌声が聞こえた。
『まだしてるんだね……なんか、すごかった……』
恥ずかしそうに言う希。
「みっちゃんさん、なんか凄いおちんちんだったね」
『えっ? そ、そう? 気がつかなかったなぁ……』
すっとぼける希。とぼけるところが、意識しまくっているのを物語っていて、暗い気持ちになった。アレのサイズは、今さらどうすることも出来ない。

自慢ではないが、僕のは普通サイズで、少し先細りだ……。

そして、慌ててシャワーを浴びて、リビングに戻ろうとすると、まだ京香さんの嬌声が響いていた。

マスターに、また来ると言うことと、みっちゃん夫婦によろしくと告げて、カップル喫茶を出た。

希は、誰かに何かされることはなかった。そこにはホッとしたが、セックスしているときのイキ顔を大勢に見られてしまった。
悔しいというか、嫉妬というか、複雑な心境の中、僕は確かに興奮していた。

歩きながら、
「どうだった? また行く?」
と、希に聞くと、
『あぁーーっ! 京香さんとしたいんでしょ! それはダメだからね! 浮気はダメ!』
と、可愛いことを言ってくれた。いつも強気というか、可愛げがない感じなので、こんな希が見られて嬉しかった。

「いや、僕はいいよ。見るだけで充分だよ。希はするんでしょ? みっちゃんとか、どーてーくん達とw」
僕が、心とは裏腹に軽い感じでそう言うと、
『見たいんでしょw いいよ、してあげてもw』
と、希は強気に戻っていた……。でも、そっと僕の手を握ってきた。そのまま家まで手を繋いで帰り、こういうのも良いかもと思った。

そして家に帰ると、すぐにお互いにむさぼるように愛し合った。希を突きながら、みっちゃんにやられている希をずっと想像していた。
でも、想像していたことは、すぐに現実になった……。

嫁とカップル喫茶に見学に行ったら2

嫁の希とのセックスに、正直少し飽きてしまっていた僕は、寝取られ系のサイトをよく見るようになっていた。
思い切って希に打ち明けたら、軽蔑はされたが、なぜかカップル喫茶に行くことになった。そこで知り合った常連夫妻に、色々なことを教えてもらい、少し過激な行動も取ってみた。

希は口では強がっていたが、かなり刺激を受けていたみたいだった。

そして、そのたった一度のカップル喫茶での経験が、ふたたび僕らのセックスを燃え上がらせてくれた。
今までの少し飽きてきた感じが消え失せて、毎日セックスをするようになった。そして、お約束のように、僕が希を言葉責めするようになっていた。

今日も、希に目隠しをした状態で責めながら、
「ほら、希……次に行ったときは、あの童貞くん達にこうやって舐められるんだよ」
と、照れくさいと思いながらも言葉責めをしていた。どうしても、恥ずかしいというか、照れくさいと思ってしまって、ぎこちない言葉責めだけど、希は物凄く反応してくれる。明るめの茶色の髪に、ウェーブがかかった髪型で少しギャルっぽい希だけど、言葉責めしているときは凄く可愛らしくなる。
いつもの、少しがさつと言うか、ちょっと元ヤンが入っているような感じの希ではなくなる。

『ダ、ダメぇ、そんな事、ダメ、しないから、絶対にしないからぁ、んっ!! あ、クゥ、あぁ……』
目隠しで目が見えないので、表情が全部は見えないけど、その震えるような声と、口元のだらしなく弛緩した感じで、希が興奮しているのがわかる。
「ダメじゃないでしょ? 舐めても舐めてもどんどんあふれてくるよw」
僕はそう言いながら、希のアソコを舐め続ける。目隠しをしているせいか、言葉責めのせいかはわからないが、本当に後から後からあふれてくる。

『違う! 目隠ししてるからだよぉ! 絶対にしないからぁ!』
そう言いながらも、希は声が震えてしまっている。

僕は希のグチャグチャになったアソコに、指を二本差し込んだ。濡れすぎな状態なので、スルッと入ってしまう。ほとんど抵抗感なく指が入ると、熱くウネウネと絡みついてきた。
『んっ! く、うぅぁっ! ダメぇぇっ! マー君、すごいイィ……』
希は、いつものセックスの時とは比較にならないくらいとろけた声をあげている。

目隠ししてのセックスも初めてなので、もしかしたら本当に目隠ししたことによって興奮しているだけなのかも知れない。それでも、さらに言葉責めを続けてみた。
「ほら、こんな風にあいつらのチンポがいきなり入っちゃうんだよ。目隠ししてるから、なにされてもわかんないもんね。こうやって、いきなり入れられちゃうよw」
ちょっと調子に乗りすぎかな? と思いながらも、そんな風に言ってみた。

『んっ!! くぅアッ!! そ、そんなの、そんなのダメぇ、ダメ……入れちゃダメだよぉ……く、ふぅっ!』
希は、泣きそうで、なおかつとろけた声であえぎながら言う。

「ほら、凄い感じてるじゃんw やっぱり、入れたいんでしょ? 童貞くん達のw」
『ンあっ!! ち、違うっ! ンヒィンッ!! ダメぇ! 指、抜いてっ!』
泣きそうな声で叫ぶ希。いつもは気の強い元ヤンっぽい感じなのに、こんなに可愛くあえぐところを見ると、猛烈に興奮してくるし、いじめたくなる。

指で膣中を掻き出すように責めながら、
「ほらほらw 童貞くんのここに入れながら、口でもくわえちゃうんだよね?」
と言い、希の口の中に指を突っ込んでみた。

すると、指示もしていないのに指をフェラでもするように舐め回し始める希。目隠し状態で指を舐めている姿は、とてつもなくエロく見える。
普段は、こんな風に僕がSっぽく責めることなどあり得ない。それがこんな風に責めることが出来て、男としてちょっと誇らしいというか自尊心が満たされていく。

夢中で僕の指をフェラしながら、うめくようにあえぎ続ける希。僕は、夢中で膣中の指を動かし続けた。すると、希は体をのけ反らせるようにして、ガクガクッと腰回りを痙攣させながら、派手に潮を吹いた。
僕は、初めて見る希の潮吹きに、興奮が振り切れた。

そして、夢中で希のアソコにペニスを突き立て、押し込んでいった。
『うぅあっ!! マー君、凄いっ! 気持ち良いよぉっ……』
生で直接粘膜に触れる感触に、背筋がゾワゾワするくらい気持ち良くなってしまった。今僕たちは、とくに避妊はしていない。中に出したりこそしないが、生で繋がっているので、いつ出来てもおかしくはない。でも、出来たら産もうと話し合っている。そろそろ30代目前なので、頃合いかなと思ってもいる。

「違うでしょ? 入れてるのは童貞君だよw あっw それとも、みっちゃんさんの方がいいのかな? あの凄いの入れたいんだw」
『ちがぁうぅ……違う……ふ、クあぁ、違う……』
希は、本当に追い詰められたような声であえぐ。

「あの凄いので突かれたら、京香さんみたいに死にかけるかもねw」
『うぅあぁぁっ! ダメ、ダメぇ、イヤァァ……イ、イクぅ……イッちゃうッ!! だめえっっ!! イクっ!! うぅあぁあぉっ!!』
希は、いままで見たこともないくらい激しく叫びながら、僕にしがみついてガクガクッと体を痙攣させた。

僕は、グッタリする希の目隠しをそっと外した。すると、潤んだ目で僕を見つめながら、
『バカ……』
と、すねたように言った。

そして、その後はビチャビチャになってしまったシーツを取替えて、一緒にお風呂に入った。

『あんな事ばっかり言ってたら、本当にしちゃうよ! いいの?』
希は、すねたように言う。いつものがさつで少し男っぽい感じはなく、可愛らしい感じだ。こんな希が見れるようになっただけでも、カップル喫茶に行った甲斐があったと思う。

あの日以来、毎日のようにこんなプレイをしているが、まったく飽きる気配がない。カップル喫茶に行く前は、セックスレスの気配すら漂っていたのに、面白いモノだと思う。

あの時希が、京香さんみたいに、童貞くん達に回されるようにやられてしまうことを想像した。それだけではなく、みっちゃんさんのあの化け物じみたモノに突かれて、泣き叫びながら潮を吹き、失神する姿を想像した。
それは、あの場面では興奮につながらなかった。希が他の男に塗り替えられてしまう恐怖、他の男達とのプレイにはまってしまう恐怖に、興奮する余裕がなかったからだと思う。

でも、それは時間の経過とともに変わってきた。そして、アレから1ヶ月近く経った今では、ハッキリと興奮に変わっていた。そして、それを見たいと強く願う僕がいる。

自分以外の者達に、感じてしまう希……僕には見せたことのない顔を見せる希……どうしても見たいと思ってしまう。

「ねぇ、そろそろまた行ってみないかな?」
僕は、セックス後の楽しいバスタイムだったのに、思い切って言ってみた。怒られるかも知れないという恐怖はあったが、希もおそらく期待していると確信していた。
『え? どこに?』
わざとらしくとぼける希。でも、頬がすでに上気して赤らんでいる。

「この前行ったカップル喫茶だけど……」
『あぁ、アレね……そんなに行きたいの?』
興味なさそうに言う希。でも、目が少し泳いでいるのがわかる。
「うん……ダメかな?」
『う〜ん……マー君はなにもなしだよ。興奮もしちゃダメだからね! それでよければ別にいいよ』
気のない感じで言う希。でも、目がキラキラしている。女性はウソをつくのがうまいと言うが、希は凄く下手だと思う。でも、それがたまらなく愛おしくて可愛い。
「じゃあ、それで! いつ行く?」
『え? べ、別にいつでも……』
「じゃあ、明日は?」
『え? 急だね……別にいいよ、とくに予定もないし……』
そんな事を言う希。実は行きたいのが見え見えで、本当に可愛らしいと思う。

そして、次の日に行くのが確定した。
次の日、希は朝から変なテンションだった。機嫌がいいというのは間違いないが、空回りしているというか、一言で言えばはしゃいでしまっていた……。

「どうしたの?w 上機嫌じゃんw そんなに行くのが楽しみなの?」
僕がからかうように言うと、
『ち、違うって! バッカじゃないの! 行くのやめるよ! そんな事言ってると!』
顔を真っ赤にして慌てる希。いつもはちょっとおっかない感じなのに、妙に可愛いw
ゴメンゴメンと謝りながら、僕も浮かれ気分で会社に向かった。

今日の夜、もしかしたら嫁が他の男に抱かれるかも知れないという状況なのに、スキップでもしそうなくらい浮かれている僕は、もしかしたらおかしいのかも知れない。
でも、京香さんの姿が頭から離れない。旦那さんの前で、あんなに大勢に回され、中に出され感じる京香さん……。
希に、そこまでして欲しいとは思っていない。それは僕自身が耐えられないし、希があそこまでやれるとも思っていない。

僕は浮かれる気持ちを押し殺して、頑張って仕事をした。でも、ちょくちょくあのカップル喫茶のサイトを確認していた。今日は、みっちゃんさん夫妻は来る予定はないらしい。でも、ダメ元で”今日行くので、よかったら来て下さい”と書き込んでおいた。

そして仕事を終え、家に帰えり、希を見て吹き出しそうになった。希は、気合いを入れてメイクをして、可愛らしいミニスカートに、お気に入りのキャミソールっぽい服を着ていた。
あまりのやる気に吹き出しそうになったが、それ以上に本当に綺麗だなと思った。

こんなにも可愛く美しい女性が、僕と結婚してくれたなんて本当に奇跡みたいなものだなと思い、それを素直に口にした。
すると、希は顔を真っ赤にして、それどころか耳まで真っ赤にして、
『あ、ありがとう。私もマー君と結婚して、凄く幸せだよ……』
と言ってくれた。僕は感激して、その場で希を抱きしめた。相変わらずきゃしゃで折れてしまいそうなくせに、胸だけは大きくて、あらためてドキドキしてしまう。

「愛してるよ……」
僕はそう言って、キスをしようとした。
その僕の唇に指を当てながら、
『ダメぇw これからいっぱいマー君以外とするんだから、今はダメぇ〜w』
なんて言ってきた。僕は、言葉も出ずにうめくようになってしまった。
すると、希が僕のペニスをガシッとズボンごと掴みながら、
『あれれ? 興奮してるw ダメだよ、マー君は見るだけ〜w 興奮も禁止〜w』
と、無邪気な顔で笑いながら言った。

その言葉に、ドキドキが凄いことになってしまった。心臓が壊れるんじゃないかと心配するほどの興奮に、僕は酔いしれていた。

そして前回の時とは違い、足取りも軽く、楽しく会話をしながら部屋に向かった。

部屋のドアを開けると、あのおネエのマスターが、クネクネしながら出迎えてくれた。
「ひさしぶりぃ〜 もうみっちゃん達待ってるわよぉ〜」
おネエ口調で言いながら、奥に通してくれた。お金を払おうとすると、僕らは無料でいいそうだ。なぜかな? と思ったら、僕らが来ると掲示板に書いたら、単独さんがいっぱい来たからだそうだ。
20代の人妻が来るというのは、反響がけっこう大きいようだ。でも、おそらく希とやれると期待して来ているはずなので、その期待の裏返しが怖い。希は、他の男とするつもりはない……はずだ……。

「久しぶり〜 よかったよ、もう来ないのかと思ったw」
みっちゃんさんが笑顔で言う。
『マー君、今日はどう?w 私はいつでもいいわよw』
京香さんが、上品な顔からは想像もつかないくらい、下品でストレートな誘い方をする。

『ダ、ダメですっ! マー君はなにもしないです! 興奮するのも禁止ですから!』
希が、ムキになって言う。

『え? そうなのw でも、もう興奮してるみたいよw』
と、僕の股間を指さして言う。

それはそうだ……京香さんは、僕らに明るく話しかけながらも、すでに他の男とつながっている。

カップルや夫婦の待機場所であるリビングで、単独男性の若い男の子を椅子に座らせて、その上にまたがっている京香さん。
カップレスで、おっぱいが丸見えのブラと、大きく股割れしてアソコが丸見えのショーツだけを身につけた京香さんのアソコには、大学生くらいの若い男の子の大きなモノが突き刺さっている。

みっちゃんさんほどではないが、僕のよりは明らかに大きなモノが、京香さんのアソコに突き刺さっている。
京香さんは、僕らににこやかに話しかけながらも、腰を妖しく動かしている。そして、みっちゃんさんは、それを見て嬉しそうに笑っている。
当然のように生で突き刺さっているペニス。現実感が消えていく……。

希は挨拶だけはなんとか済ませたが、魅入られたように京香さんのアソコを見続ける。

「ダメですっ! イキそうです! 止めて下さいっ!」
若い男の子が、苦悶の表情で叫ぶ。
「いいよ、いつでもイってごらんw でも、今日は京香は危険日だよw 人妻妊娠させちゃう?w」
みっちゃんさんが笑いながら言う。男の子は焦った顔で、
「ダメです! ホントに出そうです! ダメ! どいて下さい!」
と言いながら、京香さんを押しのけようとする。でも、今時の男の子らしく、女の子より細い腕なので、全然京香さんをどかすことが出来ない。

『いいわよw ん、あっ! そのまま! あぁん♡ 中でイッてw 人妻マンコに中出しして! 赤ちゃん孕ませてぇ♡』
と、男の子の耳元でささやく。その言葉に、男の子は一瞬で顔を真っ赤にした。
それを見て、京香さんは男の子にキスをした。舌で男の子の口の中をメチャメチャにしながら、腰を勢いよく動かし続ける。
「ダメぇ、ダメですっ! もうダメっ!」
男の子は、必死で叫ぶ。泣きそうな顔だ。

『アン♡ アン♡ 凄いっ! カチカチになってきたぁ♡ もっと! もう少し……もう少しで私も……あぁっ♡ ンあっ♡』
さらに腰を強く振る希さん。

「うあぁっ! ダメっ! イクっ! 出るッ! あぁっ! ごめんなさいっ!! ごめんなさいっ!! うぅぅぁぁっっ!!」
『ひっ、ぐぅぁっ!! 出てるぅッ!! 熱い……あぁ、受精してるぅ♡』
京香さんは、男の子の耳たぶを噛みながら、そうささやいた……。

「よかったねぇ〜 童貞卒業と同時に、パパになったなw」
みっちゃんさんが、ニヤけながら言った。

「ゴ、ゴメンなさい……本当にゴメンなさい……」
意気消沈して、泣きそうな男の子。

『ふふw 大丈夫w 出来ても私とみっちゃんの子供として育てるからw 気持ち良かったわよ♡ 自信持ってw』
そう言って、男の子にまたキスをした。そして、京香さんは立ち上がった。男の子のモノが抜けるときに、だらぁっと白い液体が流れ出たが、京香さんは気にもしない。
それどころか、みっちゃんさんの前に移動して、立ったまま股を開き、自分でクパァと広げた。
『こんなに出してもらったよw 本当に受精したかもw』
京香さんは、イタズラっぽく笑う。
みっちゃんさんは、
「凄いねw 名前考えとこうか?」
と、笑いながら言った。でも、その声は微妙に震えていて、興奮しているのがわかる。何よりも、バスローブを突き破りそうになっているペニスが、みっちゃんさんの興奮を物語っている……。

そして、いったん京香さんは男の子とシャワーに向かった。シャワールームからは、キャッキャッと言う楽しそうな笑い声が聞こえてくる。
みっちゃんさんは、京香さんが自分の見えないところで、他の男と楽しそうにしていて、平気なんだろうか?

色々と聞いてみたいことがあるが、先を越された……。
『京香さん、本当に危険日なんですか?』
好奇心で目をキラキラさせながら、希が聞いた。
「あぁ、そうだよ。それだけじゃなくて、誘発剤も飲んでいるよw」
『えぇっ!! ホントですか!? もし出来たら、どうするんですか!?』
「もし? あぁ、そうか……出来たらじゃなくて、作るつもりなんだよw 他の男の種で妊娠するなんて、究極のネトラレでしょw」
みっちゃんさんは、笑いながら言ったが、目が本気だ。

『そ、そうなんですね……なんか、すごい……』
希は、明らかに戸惑っているし、驚いている。でも、興奮している感じも多少あるように見える。

「今日はどうするの? 男の子達いっぱいいるみたいだけど、見せてあげたら? 二人のセックスw」
ストレートに言うみっちゃんさん。
「見せちゃいなさいよぉ〜 みんな、ノンちゃんの見たくて来たんだからw 期待には応えないとぉ」
マスターも、おネエ言葉であおる。

『えぇ〜? でも恥ずかしいし……』
恥ずかしがる希。
「大丈夫だって、見せるだけでしょ? それくらいしないと! せっかくただにしてくれたんだし!」
僕は、一気に押し切ろうとまくし立てた。

『うぅ……そうだね……じゃあ、最初からはちょっと怖いから、途中から入ってもらって下さい……』
と、希が折れた。僕は、やったと思うと同時に、ちょっと不安な気持ちになった。

そして、二人でシャワーを浴びて、タオルを巻いた状態でプレイルームに入った。この時点では、襖もドアも閉っていて、完全に二人だけの空間だ。でも、ドアや襖の向こうには、大勢人がいる……そう思っているのは僕だけではないようで、希も不安げな顔をしている。

前回は、セックスしているのを近くで見られたが、顔以外は布団でスッポリ覆っていた。希の感じている顔を見られたというのは、とてもドキドキしたし、焦燥感というか、嫉妬心が凄かった。僕だけしか見ちゃダメなモノ、僕だけが見られるモノだったはずなのに、大勢に見られてしまった……でも、たしかに興奮した僕もいる。

寝取られたわけでもなんでもないのに、希の感じている顔を見られただけで興奮した僕は、みっちゃんさんのようには、とてもなれないと思った。

そんな気持ちを振り払いながら、希に優しくキスをした。希は、不安そうな顔で僕を見つめながら、受け身のキスをする。

そして、希のタオルを外し始めると、
『ダメ……恥ずかしいよぉ……』
と、胸を腕で隠す。僕はその腕にキスをして、そのまま胸の方までゆっくりと舐め進める。希は口ではそう言いながらも、ほとんど抵抗しないので、そのまま腕を外し、露わになった乳首を舐め始めた。
『あっ! ク、う…… んっ! あ、あぁ』
希は体を硬くしながらも、吐息が漏れてしまうのを止められない感じだ。そして、希の薄い桃色の乳首は驚くほど固くなっていた。射精するときに、ペニスがより硬くなってガチガチになるけど、あんな感じだ。

「ほら、固くなってるよ……このカチカチなの、みんなに見てもらう?」
『イヤぁぁっっ!! ダメっ! ダメぇっ! ヒィあっ! く、ぅぅぁっ!』
希は不安そうに目を見開き、首を左右に振りながらそう言った。
すると、タイミングをはかったように襖が開いた。そこには、5人の男の子達の好奇心でキラキラ光る目があった。その中の一人は、何となく見覚えがあったので、前回の3人がいるのかも知れない。見覚えのある一人は、前回正座したまま、なにもしていないのにこらえきれずにうめいてイッてしまった子だw

「ほら、あんな大勢いるよw」
僕は、僕自身も緊張で喉がカラカラなのに、強がるようにそう言った。
『ダメっ!! み、見ないでッ! 見ちゃダメェェ! お願い! あぁっ!!』
必死で胸を腕で隠しながら叫ぶ希。こうなってくると、優越感とか、加虐心がムクムクと頭をもたげる。

希の腕を押さえ込みながら、その大きな胸を揉み、乳首を舐め続ける。男の子達に、希の生乳を見られている状況……それは、想像していたよりもはるかに興奮した。

そして、中途半端にはだけていたタオルを、一気に取り去った。すると、かろうじて隠れていた秘部が丸見えになる。同時に、男の子達からどよめきも起きた。

『ダメ……ダメだよぉ……ああっ! ゴメンなさいぃ……マー君、見られちゃったよォ……』
半泣きで希が言う。僕は、興奮しすぎて何も言えないまま、希のアソコを触り始めた。希は、内股気味にしてアソコを見えないようにしているが、指を強引に滑り込ませてクリを触った。
「なにこれw 濡れすぎだよw ローション塗ったっけ?w」
僕は、からかうような口調で言った。でも、内心はドキドキだった。男の子達に見られている状況と、希がキレないかという恐怖……でも、希は潤んだ目で僕を見つめながら、小さく首を左右に振っている。

ふと気がつくと、ドアも開いてみっちゃん夫妻とマスターものぞいていた。
「ほら、みっちゃんも見てるよ。見てごらん、凄く勃起してる。希に入れたいみたいだよw」
僕は、そう言いながらドキドキしすぎて倒れそうだった。本当に乱入してきたらどうしよう……そんな風にビビっていた。

『ダメ、ダメだよ……ダメ、あ、ふぅ……ダメなの……あっ! あぁっ! 見られてるのにぃ、あっ! 声、我慢できないよぉっ! ふあぁぁっ!! ハァ! ハァン♡ ハッ♡ ハァ♡』
希は、とうとうあえぎ始めてしまった。そして足の力も抜けてきたので、思い切って開脚させた。
慌てて足を閉じようとするが、僕が押さえるとすぐにあきらめた。

とうとう、アソコまでさらしてしまった……愛する嫁のアソコ……僕しか見ることが出来ない場所……僕だけのもの……僕専用のはずだったのに……。

僕は、もう我慢できずにタオルを外すと、そのまま生で挿入した。希のアソコは、今までにないくらいキツキツで、熱くうねっていた。
『ひグゥッッ!! イクっ! イクぅっ!! ンアあぁぁん♡』
希は、入れただけでイッてくれた……もちろん、そんなのは初めてのことだ。この異常な状況で興奮していたからだとはわかっているが、それでも嬉しいと思った。

僕は、がむしゃらで腰を振った。
『あっ♡ あっ♡ マー君、ダメぇっ! 見られてるよぉっ! あぁっ! 声、止まんないよぉっ! ダメっ! 見ちゃダメっ! ひぃあっ♡ アン♡ あん♡ くあぁっっ!!』
希は、僕を見つめたままあえぎ続ける。左右を見るのが怖いみたいだ。

ふと横を見ると、5人ともオナニーをしながら希を見ていた。
「ほら、ノンちゃん見てオナってるよw 見てごらんw」
そう言って、希の顔を横に向けさせると、
『ヤァァァ……あぁっ! ダメェェ……また、イッちゃうッ! イッちゃぅよおっ!! クッ! イクっ!! イィクゥッ!!』
希は、羞恥と興奮でグチャグチャの顔で叫んだ。

「あぁ、ヤバい、出そう……」
男の子の一人が、そううめいた。僕は、急にイタズラ心というか、変な神が降りてきたようで、
「ほら、かけてあげなよw おっぱいにかけてあげなw」
と、目を泳がせながら言った。

すると、マジですか! とか言いながら希の近くに来て、ペニスをしごき始めた。
すぐ横で鬼しごきをする男の子を見て、
『そんなのダメぇ、ダメっ! かけちゃダメぇ! うぅううああぁうっ!!』
と、震える声で拒否した。男の子は、不安そうな顔で僕を見たけど、僕は黙ってうなずいた。

「イ、イクっ! イクっ!」
男の子は限界だったみたいで、希の真っ白な胸に、うめきながら驚くほどたくさんの量の精液を、ミサイルみたいな勢いで射出した。

その精液がおっぱいや腹にぶつかると、希はビックリするくらい激しく体を震わせながら、
『ダメぇぇぇぇっっ!! んんんっっ!! くっふぅあぁぁぁぁっっ!!』
と、絶叫した。どう見ても、精液をぶっかけられてイッたようだ……。

僕は、それを見て怒りや嫌悪感もなにもなく、その鼻をくすぐる栗の花の匂いに刺激されたのか、狂ったように腰を振った。

希は、口をだらしなく半開きにしたまま、言葉にならないあえぎ声を上げ続ける。そして、それが合図だったように、他の4人も希に近づき、取り囲むようにオナニーをする。

「イ、イクっ」
「出る!」
「ご、ごめんなさいっ!」
「ウゥッ!!」
口々に言いながら、4人がほとんど同時にぶちまけた。
精液が体にかかるたびに、体をガクガクと痙攣させながら、
『おぉおおあぁっ!! 熱いのかかってるぅッ! ヒィあぁっ…… ダメぇっ! ぅウゥあぁっ!! 熱いぃぃ……ンあぁ……』
と、激しく反応した。

おっぱいやお腹、首筋まで白く染めて、物凄いことになっている。そして、そんな男達の精液でドロドロの嫁を見ながら、僕は思いきり中に射精した……。
でも、すでにイキすぎてグッタリしていた希は、ほぼ無反応だった……。

5人とも、経験が浅いわりには上手く射精して、シーツに少し飛びだした程度で、ほとんどが希の胸やお腹に収まっていた。

しかし、凄い臭いだ……何となく、おかしくなりそうな臭いだ……。
すると、本当におかしくなった京香さんが、エロい下着のまま乱入してきた。希の胸や首筋の精液に口を付けると、ずるずるっと大きな音をさせながら吸い取り始めた。
あんなに大量にあった精液が、全て京香さんの口の中に消えた。京香さんは、いったんみっちゃんさんの所に行くと、口の中を大きく開けて見せた。

「いいよ、飲んでごらん」
みっちゃんさんは、微妙に震える声でそう言った。興奮が伝わってくる……。
すると、京香さんはすぐにそれを飲み干して、なぜか僕の方を見て口の中を開けて見せた。あれだけ大量にあった精液が、全てなくなっているのを見て、驚き、興奮するのと同時に、ちょっとだけ気持ち悪くなった。

希が5人もの男達にぶっかけられたのは、衝撃という言葉では足りないくらいのショックだった。
精液でドロドロになった希……僕は、嫉妬や怒りも覚えたが、その姿を美しいと思ったし、興奮した。一番大切な物を汚されて、興奮する自分に驚いたが、とうとう扉が開いていったと思った。

『ゴ、ゴメンなさい、なんか、すみません……そのぉ、ぬぐってもらって……』
希は、京香さんに恐縮した感じで言った。
『まだ付いてるよw ふふw』
京香さんは、優しい笑顔を浮かべながら、希の胸やお腹に薄く残った精液をペロペロという感じで舐め始めた。
『あっ! ダメです……自分で拭きます!』
慌てる希だったが、京香さんは無視して舐め続ける。そして、いきなり乳首にも舌を這わせ始めた。
『ンあっ♡ ダ、ダメです! そんなとこ……あぁっ! ダメぇ、ダメっ! ンあっ♡』
京香さんに乳首を舐められて、やめさせようとしながらも、甘い声も漏らしてしまう希。

いきなり始まった、予想もしていなかったレズプレイに、僕は固まってしまった。

男の子達は、口々にスゲぇとかエロいとか言いながら、またオナニーを始めた。

京香さんに乳首を舐められながら、周りをグルッと男の子達に囲まれている希。愛する嫁が、他の人間に乳首を舐められている姿……いくら相手が女性とは言え、激しく嫉妬してしまう。
ネトラレとは少し違うのかも知れないが、想像もしていなかっただけに、衝撃は凄い。

男とは違う、優しくまとわりつくような舐め方で、希の乳首を舐め続ける京香さん。指でもう片方の乳首を触りながら、とにかく舐め続ける。
僕の方にお尻を向けながら舐めているので、パックリ開いた穴あきショーツから、白い液体を流し続けるアソコが丸見えだ。

『良いなぁ、おっぱい大きいね。羨ましいなぁ〜』
京香さんが、希にそんな事を言う。
『そ、そんな事ないです! 京香さんの胸、凄く綺麗です!』
希は、顔を赤くしながらそう言った。
『ホントに? ふふw 嬉しいなぁw 褒めてもらっちゃったw ありがとう』
京香さんは、嬉しそうにお礼を言った後、いきなり希にキスをした。

これも、予測もしていなかったので衝撃が大きかった。他の人とキスをする希……まさか、本当に見ることになるとは……。
希は、目をまん丸く開けて、驚いた顔で固まっている。京香さんは、そのまま希を抱きしめて、舌を差し込んでキスをする。濃厚で、それでいて優しく、粘着質なキスをする京香さん。

ドキドキしてたまらなくなってきた。それと同時に、さっき京香さんは男の子達の精液をたっぷりと口に含んで飲んでいたのを思い出す。うがいしていないので、わずかだとは思うが、それでも他の男の精液が、希の口の中に入ったということになると思う……。

そう思った瞬間、僕の中で何かが爆発した感じだった。息が苦しくなるほどの興奮と、はち切れそうなほどの勃起が待っていた。

『ほら、マー君あんなになってるよw いいの? 興奮してるみたいだよw』
京香さんにそう言われて、希が僕を見た。そして、ギンギンになっているペニスを見て、
『京香さん見て興奮してるぅ〜!』
と、頬を膨らませるようにして言った。そして、僕に見せつけるように、希から京香さんにキスをした。

すぐに激しく絡み合う舌と舌。恐ろしいほどにエロい。男の子達も、口々にエロいとかたまらないとか言いながら、しごき続ける。

これは、浮気になるのかな? 寝取られになるのかな? と、判断がつきかねたが、エロいことには間違いがないと思う。

「ウゥッ! イクっ!」
男の子の一人が、うめきながら京香さんにぶっかけた。
『ふふw いっぱいだw』
そう言いながら、太ももに飛び散った精液を指ですくい取る。そして、それを自分の口の中に入れる……。

僕は、もうこの時点で胸が張り裂けそうだった。絶望と期待……二つがグチャグチャになっていた。

京香さんは、顔を希に近づける……そして、唇を希の唇に押し当てた……抵抗しない希を見て、京香さんはそのまま舌を絡め始めた……。

真っ白の精液が舌と舌のあいだで踊る……クチョクチョと、激しい音を立てながら、精液まみれになる二人の舌と唇……。

僕は、他の男の精液を口にした希を見て、もう我慢できずに、自分でしごき始めてしまった。

クチョクチョと精液をかき混ぜながらキスを続ける二人……見ていられないのに、目が離せない……。

すると、京香さんが希のあごを手で持ち、上を向かせる。そして、指で希の口を開けさせると、少し離れた空中から、希の口の中めがけて精液を垂らしていった……希は、とろけた顔で、少し体を震わせるようにしてそれを口内に受けていく……。

僕は、卒倒しそうだった。でも、自分のペニスをしごく手を止めることが出来ない……。

希は僕の方を向き、口を大きく開けた……白い物で満たされた希の口の中……それは、絶望と待ち望んだ夢の、両方だった……。

「い、いいよ、飲み込んで……」
僕は死にそうな気持ちで、声を振り絞った。
すると希は口を閉じ、コクンと喉を鳴らして飲み込んだ……ふたたび口を開けると、すっかりと空っぽだった。

それを見た瞬間、僕は激しく射精していた。希の太ももや腹などに驚くほどの量が飛んでいく……。

『イッちゃったんだ……変態w』
希は、僕を見てニヤッと笑った。もう、震えるほどの快感だった。

すると、京香さんが僕の精液を舐め取り始めた。そして、そのまま希のアソコにも舌を這わせ始めた。

『あぁっ!! ンあっ♡ それダメぇ、気持ち良い! あ、あぁっ! それ凄いぃっ!! ンあっ! はぁン♡ ハン♡ ひあぁぁあぁっ!』
京香さんにクンニをされて、すぐにあえぎ始める希。もう、恥ずかしいとかはないようだ。

京香さんは、希をクンニしながら、自分でアソコをクパァと開いた。そして、お尻を振って男の子達を誘惑する。

すぐに争うように京香さんの後ろに殺到し、我先にと挿入しようとする男の子達……。
一人がバックで挿入に成功すると、他の男の子達はオナニーを始めた。
京香さんはバックで入れられて、うめき声をあげながらも、希のアソコを舐め続ける。男の子は、狂ったように腰を振る。

もう、他の男の子達に、希もしてもらいたい……そう言いたい気持ちだったが、どうしてもそこまで踏み切れない……。
そうこうしているうちに、
「イクっ!」「でるっ!」
などと言いながら、男の子達が射精をする。京香さんの体や、希の体に向けて射精しまくる男の子達……。

希は京香さんに舐められながら、体にぶっかけられて体を震わせている。そして、京香さんに入れている男の子も、体を震わせて京香さんの中にぶちまけた……。

やっと終わった……そう思っていたら、いつの間にか近づいていたみっちゃんさんが、そのまがまがしいペニスを、二人の間に持っていった……。

すぐにそれを舐め始める京香さん。それを、すぐ間近で見ている希……。
京香さんが目一杯口を大きく開けても、ギチギチな感じで、出入りするたびに唇が変な風にまくれている……ドンだけ太いんだ……ドンだけボール入れてれるんだ……そう思いながらも、ドキドキして死にそうだった。

男の子達は、そのまがまがしいオーラを放つペニスに、ビビったように壁際に退き、ただ見ているだけになった。

僕は、それを望んでいたのだと思う。それを、本気でして欲しいと思っていたのだと思う……希は僕の心を見透かしたように、一瞬僕を見て微笑んだ後、みっちゃんさんのペニスを舐め始めた……。

夢中で他の男のペニスを舐め続ける希……夢に見た光景だ。寝取られ系のブログや掲示板を見て、何度も妄想したシーンだ。

そして、目一杯小さなお口を大きく開けた希は、みっちゃんさんのペニスを口に含んだ……。そして、頭を振り始めた。

「オォぅ……気持ちいよ……ヤバい……」
みっちゃんさんは、本当に気持ちよさそうに言う。京香さんはそれを見て滑らかに動き、みっちゃんさんにキスをしながら、みっちゃんさんの乳首を指で責め始めた……。

すると、すぐに限界が来たようで、
「イクよ、イクっ!」
とうめきながら、希の口の中にぶちまけた……とうとうここまでしてしまった……でも、後悔はない。ただただ興奮が僕を包んでいた。

『飲ませてぇ〜』
今度は、京香さんが上向きで口を開ける。そこに、希が精液を垂らしていく……それをすぐに飲み込みながら、京香さんは希にキスをした。

また精液にまみれてキスをする二人を、美しいと思いながら、ただ見ていた……。

嫁とカップル喫茶に見学に行ったら3

嫁の希とは、結婚する前からの長い付き合いで、セックスレスになりそうになっていた。ネットでオナネタを探すウチに、”NTR使える寝取られサイト”や”禁断の体験エッチな告白集”などのサイトでオナる事が多くなっていた。
そしてそれもエスカレートして、実際にリアルで出会える寝取られ掲示板などを見るようになって行った。

そんな中、思い切って嫁の希にカップル喫茶に行きたいと持ちかけ、予想外にトントン拍子に話が決まった。

1回目の訪問で、常連のみっちゃん夫妻と仲良くなり、すぐに2回目の訪問をすることになった。

そして今目の前では、みっちゃんの極太イボペニスをくわえる希と、みっちゃんの乳首を責める京香さんがいた。
京香さんは、ヒモだけのブラに、パックリ穴の空いたショーツを身にまとっている。そして、そのパックリと開いた穴からは、毛のないツルツルのアソコが丸見えで、そこから流れ出てくる白い精液がよく見えている。

希は、全裸で異形のペニスに口での奉仕を続けている。こうやって見比べると、全裸よりもエロいランジェリーを身にまとっている方が、数倍エロく見える。

「オォぅ……気持ちいよ……ヤバい……」
みっちゃんが、早くも限界を訴える。京香さんとのセックスでは、余裕たっぷりなみっちゃんなのに、今は早漏気味だ。
ペニスと乳首をダブルで責められているという事もあるのだろうが、旦那の目の前で、その若妻にフェラをされているというのが、背徳的で興奮につながっているのかも知れない。

僕も、みっちゃんの前で京香さんとしたら、すぐにイッてしまう自信がある。

そして、
「イクよ、イクっ!」
と、みっちゃんが短く吠えて、体をブルッと震わせた。

『んっ〜!』
口内に射精をされて、希はうめいた。でも、嫌そうな気配はないし、慌ててペニスを口から出そうともしない。そのまま、全てを口内で受けきったようだ。

目の前で、希が他の男のモノをフェラする光景。普通ならば、一生見ることなく人生を終えることが出来たはずだ。愛する妻が他の男の精液を口で受け止める姿は、オナニーの時に妄想する以上の、物凄い興奮だった。

そして、僕は異様なほどドキドキしていた。口の中のモノをどうするつもりだろ? 僕のモノですら、ほとんど飲んでくれたことはない。いや、思い出せないので、一度もないかも知れない……。
それなのに希は、さっき、初対面の大学生の男の子の精液を飲んでしまっている。その時は、僕は興奮で手も触れずにイッてしまった快感で、そんな事を思う余裕もなかった。

そして今、目の前で再び、口の中に精液をたっぷり溜めている希。どうするつもりだろう……と思っていると、
『飲ませてぇ〜』
と、陽気な口調で京香さんが言った。そして、希の胸のあたりに顔をもっていき、上を向いて口を開けた。
僕は、ホッとした。希が、みっちゃんの精液を飲まないですむと思ったからだ……でも、同時に残念だと思う僕もいた。

そんな僕の心の動きとは関係なく、希は京香さんの口の中めがけて、みっちゃんの精子を垂れ流していく。洋物のエロ動画だと、異様な巨根の男優が、驚くほどの量の精液を女優さんにぶっかけたりするが、巨根だと精液の量も多くなるのかも知れない。実際、希の口の中から垂れ流される精液は、まだあるの? と思うくらいの量だった。

そして、口の中に入れられるそばから、それをゴクゴクと飲み干していく京香さん。そして飲み干すと、そのまま希にキスをした。希の口の中にも、京香さんの口の中にも、多少の精液が残っていたらしく、二人とも口の周りを白く染めて、グチョグチョにかき混ぜるようなキスをしている。

希は、精液が好きというわけではないと思う。このシチュエーションにおかしくなってしまっているのだと思う。頬を朱に染め、夢中で舌を絡める希。女同士のキスは、エロさよりも、絵画的な美しさが先に立つ気がする。
京香さんは、希の口の端の精液を、舌で綺麗に舐め取っていく。そして、お返しに希も、京香さんの胸のあたりの精液を口ですすり取る。その精液は、さっき大学生達が京香さんにぶっかけたモノだ。

今日だけで、3人……混ざっているかも知れないので、下手したら6人の精液を口に含んだ希。
信じられなかった。ここまで弾けてしまうとは、夢にも思っていなかった。多分、元ヤンの希は、それほど貞操観念が高いわけではなかったのかも知れない。それでも、僕と付き合い始めてからは、浮気はしていないはずだ。僕のことを凄く束縛するし、自身も、僕に束縛されるのを望むような子だった。

それが今、目の前でとんでもないことになっている希は、貞操観念というモノが消えてしまったようにすら見える。これが希の、本当の姿なのかも知れない……。
元ヤンの希は、僕の前には3人と付き合っただけだと言っていた。でも、付き合ってはいなくても、セックスはもっと大勢としていたのかも知れない。
大勢に回されるヤンキーの希……いやにリアルに想像できてしまう……。

そして希は、口にすすり取った大学生達の精子を、京香さんの口に垂らし始めた。京香さんは、それを嬉しそうに口に含む。でも京香さんは、今回は飲み込まなかった。逆に希を低い位置に置き、上からその精液を垂らし始める。

希は、小さな可愛い口を目一杯大きく拡げて、その精液を一滴もこぼさず口内に収めた。希は、ここでやっと僕を見た。さっきから、僕の存在など消えてしまったように振る舞っていた希が、急に僕を見たので、僕はドギマギして目をそらしてしまった。

そして、目をそらした僕の耳に聞こえてくる、クチョ、クチャ、という水っぽい音。視線を戻すと、濃厚にキスをする京香さんと希。口の中の精液を、お互いの口の中に行ったり来たりさせながら、ひたすらキスをする二人。

僕は、興奮が高まりすぎて立ちくらみがしそうだった。自分の嫁が、女性とはいえ他人とキスをして、そのうえ赤の他人達の精液を口移しに交換している光景に、なぜここまで興奮できるのか、自分でも不思議だ。
普通の神経ならば、とても見ていられない光景だと思う。でも、僕は一瞬も目をそらすことが出来ない。

すると、何かみっちゃんに耳打ちされた男の子が、全裸でペニスを破裂させそうなくらい勃起させながら、希と京香さんに近づく。二人は、それに気がつかない様子で無心でキスを続ける。

そして、二人の真横に立つ男の子。その男の子は、多分前回いた3人の内の一人だ。男の子のビンビンになったペニスは、みっちゃんの化け物レベルと比べると凄く小さく見えるが、冷静に観察すると、僕のモノよりは大きいと思う。

男の子は、キスする二人の顔のすぐ横に、そのペニスをもってきた。すると、それに気がついた京香さんが、希とのキスをやめて男の子のペニスを口に含んだ。希は、その様子をしばらく見ていたが、急に僕を見た。何も言わずに僕を見つめる希。その横では、エロい下着を精液でドロドロに汚した京香さんが、熱っぽい目でフェラを続ける。

見つめる希……僕は、気合い負けしたように、目を伏せてしまった。

「おっ! マジか」
みっちゃんが楽しそうに声を出す。僕は、慌てて顔を上げた。

希は、男の子の乳首を舐めていた。そして、反対の乳首も指で触っていた。男の子は、京香さんにフェラされながら、希に乳首責めまでされて、本当に気持ち良さそうな顔をしている。

それにしても、本当に男の子が羨ましいと思った。こんな風に二人の女性に責めてもらえるなんて、一生経験しないのが普通だと思う。
すると、京香さんが男の子の後ろに回り、アナルを舐め始めた。そして、がら空きになったペニスを、希が握る。希の、乳首を舐めながらの手コキが始まる。

希の手つきは、妙に慣れている感じがした。やっぱり僕が妄想したみたいに、昔の希は乱れたセックスをしていたのだろうか?

すると、希はしゃがみ始めた。そのまま男の子のペニスのところまで顔をもっていき、さっきみたいに急に僕を見た。
そして僕を見つめたまま、口を開けた。希の目は、今まで見たこともないくらい、発情したようなエロい目だった。

ゴクッと生唾を飲み込む僕を見て、希はそのまま男の子のペニスを口に含んだ。希は、僕を見つめたまま頭を振り始める。僕に見せつけるように、男の子をフェラをする希。

希が、何を考えているのかわからない……。

僕を見たままフェラを続ける希。京香さんは男の子のアナルを舐めながら、後ろから手を回して乳首を責めている。
男の子は、
「あぁ、ヤバいっす、出そうです!」
と、余裕がない口調で言った。

それが聞こえないように、希も京香さんも責め続ける。

「イ、イクっ! ウゥッ!」
男の子がうめきながら、体をビクッとさせた。

『んん〜っ!』
希は口の中に射精されて、うめき声を上げた。

そして、男の子がイッたのに、二人とも責めるのをやめない。それどころか、希はさらに頭の動きを速くする。
「あぁっ! ダ、ダメですっ! うぅっ! 止めてくださいぃっ! ああっ!」
イッたのにさらに責め続けられて、男の子は悲鳴に近い声をあげる。
『あらあらw どうしたの? 女の子みたいな声出しちゃってw』
京香さんが、エロビデオの痴女ものの女優さんみたいに言う。
希は、腰が引けて悲鳴を上げている男の子の腰を掴んで、逃がさないようにしてフェラを続ける。
「あああっっーー!! やめてくださいぃっ!!」
泣きそうな声で叫ぶ男の子。
自分の嫁が、こんな風に他の男を責める姿は、目の当たりにしても信じられない。希にこんな一面があるなんて、夢にも思っていなかった。

二人にいいようにオモチャにされて、男の子は立っていられなくなったみたいで、床にへたり込んだ。

『あらあら、情けないw 希ちゃん、舐めてもらったら?』
京香さんは、痴女モードのままそんな事を言う。希は、一瞬戸惑った表情になったが、また無言で僕を見つめた。僕は、一瞬また目を伏せようとしてしまったが、なんとか思い直した。そして、瞳の視線を受け止めたまま、うなずいてしまった。

希は一瞬唇の端が上がり、笑ったように見えたが、すぐにへたり込んでいる男の子の顔の所に股間を持っていった。
そして、希のアソコに目が釘付けになっている男の子の顔に、自分のアソコを押しつけていった。
男の子は、嬉しそうに希のアソコを舐め始める。少しの躊躇もなく、一生懸命に舐め続ける男の子は、テクニックも何もない感じで、犬みたいに夢中で舐めている。

舐めている男の子は、若く見える。おそらく大学生だと思う。たぶん前回の時にもいた子なので、その時童貞を卒業したのだと思う。なので、経験もなく、下手くそなのだと思う。

かなり年下の男の子に、立ったままアソコを舐められ続け、希の口からも甘い吐息が漏れ始める。でも、その状況でも希は、僕を見つめたままだった。口がだらしなく半開きになり、目も細められ、眉間にも少ししわが寄っている。
感じているのはもう間違いない感じだ。でも、少し不安そうな感じにも見える目で、僕を見つめ続ける希は何を思っているのだろう?

そして今さらながら、希の口の中が空っぽなのに気がついた。他人の精液を飲み込む嫁……僕は、それを夢見ていたはずだ。実際に、異常に興奮もしている。でも、この焦燥感はなんだろう?

『あらあらw 夢中で舐めちゃってw おばちゃんには、何して欲しい?』
京香さんが、自分のことをおばちゃんなんて言いながら、また痴女のように迫る。
男の子は、必死で舐めていた希のアソコから口を離し、
「キ、キス、して欲しいです!」
と、必死の口調で言った。その口の周りは、妙にテラテラと光っていて、希のアソコがいかに濡れていたのかを物語っていた。

『それは、どっちに? 私に? それとも、ノンちゃんに?』
京香さんが、男の子をわざと困らせるように聞く。
「そ、それは……ノンちゃんさんです……」
申し訳なさそうに言う男の子。僕は、ドキンと心臓が痛いくらいに脈打った気がした。男の子達にぶっかけられたり、アソコを舐められたりしてしまったが、キスはしていない。京香さんとはしているが、まだ相手が女性ということもあり、僕もそれほどショックは受けなかった。
でも、希が男の子とキスをしてしまうかも知れない……そう思うと、いても立ってもいられなくなる。

『おばちゃんとじゃ、イヤかw どうする? ノンちゃん、してあげる?』
京香さんが、チラッと僕の方を見たあと、希に聞いた。
『どうしよっかなぁ〜? どうして私がいいの?』
希もノリノリな感じで、そんな事を聞く。僕の知らなかった希の一面が、どんどん出てくる。でも、そんな”僕の知らない妻の顔”を見て、僕は無性に興奮していた。

「だって、ノンちゃんさんすっごく美人だし、メチャメチャ好みのタイプですから……」
男の子が、照れて顔を真っ赤にしながら言った。イケメンでもなんでもない、どちらかというとモテなさそうな彼だが、その言い方や照れた感じが、妙に可愛いと思ってしまった。
希も同じだったようで、言い終わった男の子に、すぐにキスをした。
目の前で、希が主導で他の男とキスをしている……僕は、自分の中で何かが弾けたのがわかった。

舌を差し込み、男みたいに男の子の口の中を犯す希を見ながら、僕は京香さんに抱きついた。
『嫉妬してるの? でも、嬉しい♡ キスしよっか?』
京香さんが、無邪気な笑顔で僕を迎えてくれた。京香さんはエロいランジェリー姿で、色々なところに精液が付着していて、普通ならば抱きしめるのにもためらいが出るような状態だ。でも、嫉妬でおかしくなっている僕は、そんな事も気にせず、京香さんのプルンとした肉厚の唇に、唇を押し当てた。

それと同時に、京香さんの舌がニュルンと滑り込んできて、僕の歯ぐきとか舌を舐めまくる。一瞬、精液の味がしたような気がして、ウッとなったが、すぐに京香さんの舌の感触で気持ち良くなり、気にならなくなった。

僕は京香さんと舌を絡めてキスをしながら、希を見た。正直、ビビっていた。何もしちゃダメと釘を刺されていたのに、こんな事をしてしまい、殺される……とビビっていた。

希を見ると、希も僕を見ていた。感情の読み取れない目……無表情に近い目で僕を見ながら、男の子とキスを続ける希。ゾクッとした……。

希は、男の子から口を離すと、
『どう? キスの味は?』
「最高です! ホント、ノンちゃんさんみたいな美人とキスできて、人生で一番ラッキーな日です!」
大げさと思うくらいに喜ぶ男の子。
『ふふw 可愛いね♡ じゃあ、ご褒美あげる』
希はそう言うと、男の子の口を指で開けさせ、少し上を向ける。そして、少し離れた場所から、男の子の口の中に唾液を垂らしていく。その全てを、僕を見つめたまま行う希。京香さんとキスした僕に、怒りとか嫉妬の感情を持っているようだ。

でも、それが無性に嬉しかった。嫉妬してくれるということは、それだけ愛が深いということだ。好きでもなんでもなければ、誰とキスしようが気にもならないはずだ。

男の子は、希の口の中から垂らされた唾液を、喉を大きく動かしながら飲み干すと、
「美味しいです! そ、そのぉ……もっと下さい……」
男の子が、恥ずかしそうに言う。
『じゃあ、おねだりしてごらんw』
希が、京香さんばりに痴女の顔を見せる。
「ノ、ノンさんの、おしっこ飲ませて下さいっ!」
男の子は、いきなりとんでもないことを言った。
『えっ!? お、おしっこ? よだれじゃなくて!?』
さすがに希も驚いたようだ。
「はいっ! ダメですか? お願いします……」
男の子が、泣きそうな顔で言う。

戸惑いの顔を見せていた希だが、また僕を見ながら、
『じゃあ、お口開けてごらん……』
と、少し震える声で言った。

まさか、自分の嫁が……僕は、止めて欲しいという気持ちと、もっとやれという気持ちで、グラグラと揺れていた……。

希は、結局そのまま男の子の顔にアソコを押し当てた。そして、力を入れ始めた。だけど、やっぱりこんなシチュエーションなので、なかなか出ないみたいだ。

『君達も、おいで……』
京香さんが、4人の男の子達に声をかける。すると、犬みたいに嬉しそうに京香さんの元に集まった。僕は、はじき飛ばされるように隅に追いやられながら、男の子達に囲まれる京香さんを見つめた。
そして京香さんは仰向けで寝転がると、足を大きく広げて、自分でアソコをクパァと広げた。その途端、流れ出てくる白い精液……。
『もう、回復したでしょ? いいわ、い・れ・て♡』
と、色っぽい口調で誘う。
もう、エロいという言葉以外思い浮かばないような光景だ。そして、そんな淫乱すぎる京香さんの事を、みっちゃんは椅子に座ってニコニコしながら見ている。

すると、男の子のウチの一人が、京香さんに覆いかぶさる。必死でペニスを入れようとするも、なかなか上手く入らない。モタモタしている男の子のペニスを、京香さんが指で握って自分のアソコに導いた。
『あんっ♡ カチカチのおチンポ、入っちゃったねw』
京香さんはそう言うと、自分に覆いかぶさっている男の子にキスをした。こんな風に痴女のように男の子の若いペニスを迎え入れ、見せつけるようなキスをする京香さんを見て、みっちゃんは見てわかるくらい興奮している。

その気持ちが、今の僕にはよくわかる。繰り返し繰り返し、何度も男の子に唾液を飲ませながら、何度もキスをする希……それを見て、僕は今までの人生で感じたことがないほどの、とてつもなく大きな快感の渦の中にいたからだ。

京香さんの周りには、他にも3人いる。その子達のペニスを、京香さんは両手で握った。
『じゃあ、君はお口で♡』
そして、残った男の子のモノは、口に含んだ。上下の口と、左右の手……それぞれに若いペニスを受け持ち、同時に相手をする京香さん。みっちゃんはその光景を見て、もう我慢できないようで、自分でしごき始めた。
ここで僕は、人生を大きく変えるような決断をした。
僕は、男の子とキスを繰り返す希に向かって、
「みっちゃんが、寂しそうだよ……」
と、震える声で言ってしまった。

希はまず僕を見て、少し間があった後、みっちゃんの方を向いた。
『こっちに来ませんか?』
希は、少し緊張したような声でそんな事を言った。すると、みっちゃんは意外な行動を取った。みっちゃんは、返事をする前に京香さんの方を見た。そして、京香さんがニコッと笑ってうなずくと、
「じゃあ、お邪魔させてもらおうかなw」
と、いつもの余裕に満ちた感じで言った。

みっちゃんは、亭主関白で、セックスにおいても京香さんを狂わせていて、言いなりにさせていると思っていた。それが、みっちゃんは京香さんの許可を取るような行動を取った。実際は、京香さんが主導権を握っているのかも知れないと思った。

そしてみっちゃんは、その巨根を隠すことなく、誇らしげにそそり立たせたまま希の横に来た。
『ちょっと待ってて下さいね……もう、出そう……』
希は男の子の口に、アソコを押しつけたままそう言う。
そして、ブルブルッと体を震わせた。男の子は、必死で喉を鳴らしながら飲み干していく。希は、僕の顔を見つめたまま男の子におしっこを飲ませていく。希がこんな事をするなんて、本当にウソみたいだ。

男の子は、順調に飲み干していたが、急にむせた。そして、希のアソコから口を離してしまう。
希は、慌てて止めようとするが、それでも男の子の頭から黄金シャワーを浴びさせてしまった。でも、量も少なく、マットレスもほとんど汚さなかった。

それでも、希のアソコからおしっこが飛び散り、男の子にかかっていく全てを見てしまった。希は、頬を赤くして恥ずかしそうだが、凄く興奮しているのも伝わってくる。
男の子はむせながらも、嬉しそうに希にお礼を言った。

だけど、希は男の子を見ずに、みっちゃんのそそり立ったモノを見つめている。さっき希は、みっちゃんのペニスをフェラしているし、口の中に出されてもいる。
それなのに、みっちゃんのその異形のペニスから目が離せないようだ。
確かにそのペニスは、僕でも見入ってしまう。変なオーラが出ているような感じすらする。

前回の時、僕はあの化け物じみたモノが、京香さんを狂わせるところを見て、希が入れられてしまったらどうなるだろう? そんな妄想をした。
それが今、目の前で現実になりそうになり、嫉妬や恐れよりも、興奮がどんどん高まってきた。

もう、希は完全にやられてしまう……僕は、覚悟した。そして、息を飲んでその光景を見守っていると、みっちゃんは希の横に寝転がった。

その後ろでは、みっちゃんの奧さんの京香さんが、4人の男を一人で相手をしている。恐ろしく現実離れした状況だと思う。

「入れてみる?」
みっちゃんが、余裕たっぷりの口調で希に言った。その言い方は凄く上から目線の感じで、正直ちょっとムッときた。
でも、希はそうは思わなかったようで、コクンと無言で頷いた。僕の方を見て許可を求めるでもなく、即答に近い格好でうなずいた希。

みっちゃんの異形のペニスに、本気で魅入られてしまったようだ。
希は、すぐにみっちゃんの上にまたがるような格好になる。そして、その異形のペニスに向けて腰を降ろしていく。
和式便器でするみたいに、かがみ込んでいく希。すると、想像以上に早く希のアソコがみっちゃんのペニスに触れた。

形の異様さに忘れがちになるが、みっちゃんのペニスは長さも太さもかなりのモノだと思う。大げさかも知れないが、全てのサイズが僕の倍はある気がする。

そして、そこで一瞬止まるとか、僕の方を見るとか、そんなためらいはまったくなく、そのまま腰を落とし続ける希。

前回は、エッチするのをただ見られるだけだった。そして今回も、基本は見られるだけで終わるつもりだった。
それが、僕の変な虚栄心で、男の子達に希にぶっかけさせて流れが変わった。男の子達に精液で汚されて、希も発情してしまったし、僕の寝取られ性癖も火がついてしまった。

『ん、ンッ、あ、あぁっ! これ、あ、アッ! 大っきすぎる……んンッ!!』
ズブズブと、みっちゃんの亀頭が少しずつ埋まっていくと、希が驚いたような声で言う。でも、希の表情は、不安というよりは、期待という感じに変わっている気がした。

そして、さらに体重をかけていく希。亀頭部分が完全に希の膣内に消えた……。
『ンアッ、あぁっ! これぇ、あぁっ! 大きいぃ……』
希は、いったん動きを止めて震える声で言う。大きくて、痛い……そんな感じはまったくない。それどころか、この後やってくるはずの大きな快感を期待して、顔がほころんでいるようにも見える。

そして、今さら気がついた。みっちゃんがコンドームをしていないことに……希と僕は、成り行きで出来たら産もうという考えなので、セックスで避妊はしていない。なので、基礎体温とかもつけていないし、排卵日などは把握していない。今日が安全日という保証は何もない。
それどころか、僕のうろ覚えの知識では、希の生理が終わったタイミングから考えると、今日はむしろ危ないタイミングのような気がする……。

京香さんは、みっちゃんの希望で避妊どころか、排卵誘発剤まで飲んで他人の精子を受け入れている。他人の種で妊娠することが、みっちゃんの一番の希望なんだそうだ。

僕にはそんな覚悟もないし、そんなのは耐えられない……今すぐ中断させて、ゴムをつけてもらおう! そう思った瞬間、
『んンッうあぁっっ!! ヒ、ぐぅ……ダ、メ……う、ウゥうあぁ、当たって、るぅ……』
と、希が叫んだ。あんなにも長いみっちゃんのペニスが、希の根元まで突き刺さっていた。
生の他人棒が、愛する妻の子宮にキスをしている……僕は、叫ぶ寸前だった。
僕のモノではどんなに頑張っても届かないところに……僕が知らないところに、他人の肉棒が刺さっている光景……。
叫びたいくらいの地獄の光景なのに、僕は自分が興奮していることもわかっていた。そして、ほとんど無意識のような感じで、自分のモノをしごき始めていた。

「ほら、マー君も興奮してるみたいだよ。ノンちゃんも、もっと楽しまないとw 動けるかい?」
みっちゃんが、楽しそうに聞く。その後ろでは、京香さんが男の子達に顔や胸にぶっかけられ、代わる代わる膣を犯し抜かれている。それでも、貪欲に口や手で男の子達を責める京香さん。
上品な京香さんが、体中に精液を浴びながら、上下の口と両手を駆使して男の子4人を相手にする姿は、ギャップが凄すぎる。そして、ついつい希と重ね合わせてしまう。希が、こんな風に輪姦みたいにされたら……想像するだけで、胸が苦しくなるが、しごいているペニスがより固くなるのを感じる。

『ム、ムリ、です……余裕、ゼロ、ですぅ……あ、あぁ……奥、ヒィぎぃ……ダメ……だ、よぉ……』
言葉も切れ切れになるくらい、余裕がないようだ。
「ははw じゃあ、よいしょっと」
みっちゃんは、のぞみとつながったまま、体を起こした。自然と座位になる二人。
『ひぃぃんっ!! んんアアッッ!!』
みっちゃんのそんな急な動きに、希が激しく反応する。多分、体を起こす動きをしたことで、膣中でゴリゴリとみっちゃんのイボチンが動いたのだと思う。

「アレ? 軽くイッたねw」
みっちゃんが、ニヤッとしながら言う。
『は、はひぃ、だってぇ、えぐるからぁ……イボ、ダメぇ……こんな、知らない……』
この時の希の顔は、いまだに夢に見る。トロトロにとろけきった顔……僕が見たことのない顔だった。

「じゃあ、軽く行くよw」
みっちゃんは、そんな風に軽く言うと、突き上げるようなピストンではなく、希のお尻を抱えるようにして、揺さぶるような動きを始めた。それはピストンではなく、前後に揺らすような感じで、長瀬愛の騎乗位みたいな感じだ。

激しくない動きなのに、希の反応はまったく違った。
『ンふあぁおぉっっ! な、何、あぁっ!これ、ウゥぅっぁっっ! アッ! あぁっ!! あっーーっっ!! イィックぅっ!! イクっ! イクっ!! ヒィィグゥッッ!!』
希は、見たこともない絶叫に近い叫び声を上げながら、みっちゃんにしがみついた。そして、見た目でわかるくらい強くみっちゃんにしがみつき、腰回りをガクガクッと震わせた。

「ノンちゃんは敏感だねぇw どうする? 続けるかい?」
希を揺さぶるのをやめたみっちゃんが、また余裕の言い方で聞く。僕は、見たかったものが見られた喜びと、予想を超える希の反応……そして、避妊をしていないという現実に、いても立ってもいられなくなる。

でも、そんな僕を置き去りにして、希が動いた……希は、みっちゃんの質問に答えることもなく、いきなりみっちゃんにキスをした。さっき大学生にしたようなキスではなく、むさぼるようなキスをする希。

あんなに僕にべったりで、僕に一途なオーラを出しまくっている希……一皮剥くと、こんなモノなんだろうか?
この日も、カップル喫茶に来る前は、僕は何もしちゃダメとか、興奮するのもダメとか、可愛いことを言っていた。

それなのに、希は僕の目の前で、本気のキスをしている。僕の倍はあるペニスを、生で膣内に受け入れ、子宮でキスをしながら、僕にするように……いや、僕にするよりも激しくキスをする希。

それが僕の限界だった。あまりの快感に声が漏れそうになりながら、なんとか声をこらえて射精をした。まさか、希の寝取られセックスを見ながらオナニーをして、射精までするとは、夢にも思っていなかった。

すると、イキなり京香さんにフェラをされた。
『へへw イッちゃったんだw ノンちゃんの恋人キス見て、イッちゃったんだねw』
こんな事を言いながら、イッたばかりの僕のペニスを舌で責め続ける京香さん。

希は、みっちゃんとキスをしながら、腰を振り始めた。上下にするのではなく、さっきみっちゃんにされたみたいに、前後に揺さぶるような動きだ。
『あぁぁ……ダメぇ……ダメ……ヒィあっ! アッ♡ アッ♡ とまらないぃ……ンアッ! こんな、こすれてぇ……イボ、ダメぇ、ダメっ! ダメぇっ!! もうイクよ……イッちゃうのぉッ! こんな、ダメ……ダメなのにぃっ! イヤァァ……ダメっ! イクっ! イクっ! イクっ♡ イクぅぅぅ♡』
希は、叫びながらスパートをかける。腰の動きが早くなり、希の顔がとろけきっていく。そして、みっちゃんに思いきりキスをしながら、全力で腰を振る。希は、キスをしたまま全身を硬直させるように震わせると、動きを止めた。
完全にイッた……希は、他の男とのセックスで、完全にイッてしまった。それも、普通ではないくらいの乱れ方をしながら……。

すると、いきなり僕のペニスが熱い肉に包まれた。希とみっちゃんがしているように、僕に座位でつながる京香さん。その顔中は精液でドロドロだったが、僕は思わずキスをしてしまった。頬や鼻に精液がくっつくのを感じながらも、僕は興奮で思いきり腰を振り始めた。
『アン♡ 激しいよぉ……アナル壊れちゃう♡』
その声に驚いて下を見ると、僕のペニスは京香さんのアナルに突き刺さっていた。ダンナさんの目の前で、そのアナルを犯している背徳感に、僕は狂ったように腰を突き上げ始めた。
『あぁっ! そう、もっとぉっ! お尻壊してぇっ! ンアッ! んひぃぃんっ! おぉオアッ! ケツマンコ、気持ちイイぃっ!!』
上品な顔の京香さんが、下品なことを言いながら高まっていく……。

ふと見ると、グッタリしている希を抱えるようにしたみっちゃんが、僕と同じように突き上げ始めた。

隣同士で、妻を交換して突き上げピストンをする僕とみっちゃん……でも、嫁達の反応は同じではない。

『んオッ! ンオッ! んんおぉっ! ダメぇぇ……気持ち良いっ! 気持ち良くて怖いぃっ! こんなぁっ! こんなのダメぇっ! ヒィッ! ヒッ! ッ! ンッ! アン♡ アン♡ ウゥあっ♡』
希は、みっちゃんに必死でしがみつき、夢中で口走っている感じだ。それに引き替え、京香さんは、
『アン♡ マー君、キスしてぇ♡』
と、余裕の表情で僕にキスをねだる。でも、その顔は精液でドロドロだ。僕はもう気にせず、再びキスをした。すると、僕の突き上げる動きに合わせて、京香さんも絶妙に腰を振る。一気に快感が倍加して、もうイキそうになってきた。でも、同じように突き上げているみっちゃんはまだイク気配がなく、僕は変に対抗心を燃やしてイクのをこらえようとしていた。

すると、
『ふふw マー君のカチカチになってるw イキそうなの? マー君イッたら、あの人もノンちゃんの中でイッちゃうよw 子宮に直接注がれると、狂いそうなくらい気持ち良いんだよ♡ もう、戻れなくなるかもねw』
と、京香さんが耳元でささやいた。
僕は、泣きそうな気持ちで希を見る。希は、力強く下からガンガンと突き上げられて、見ていられないほどとろけた顔で、泣くようにあえぎ続けている。

京香さんは戻れなくなるかもと言っているが、もうすでに戻れない体にされてしまったように見えて、絶望感でいっぱいになった。そして、絶望感の高まりと比例するように、僕の快感も大きくなり、
「イクっ! 出ますっ! あぁっ!」
と、うめきながら京香さんのアナルの中に射精した。
『ウゥあぁ……出てる♡ 熱いの出てる♡』
気持ちよさそうな顔で、京香さんがささやく。希の感じ方と比べると、どうしても敗北感が強くなる。僕が全力で頑張っても、京香さんを今の希みたいに感じさせることは出来なかった。
でも僕は、今までの人生で一番気持ち良い射精だったと思う。頭の中で白いモノが爆発したような感じだった。

僕は爆発的な快感が去ると、すぐに希を見た。希は、とろけた顔であえぎながら、僕を見ていた。その目が、とても悲しそうに見えた気がしたが、希はすぐにみっちゃんとキスを始めてしまった……。
座位で、濃厚にキスをしながら激しく動く2人。いつの間にか、希の腰も動いている。京香さんほど巧みではないが、みっちゃんの腰の動きにあわせて腰を振っているのがわかる。

京香さんに対抗心を燃やしてやっているのかも知れないが、その動きは初めての動きではないと思う。
僕と知り合う前、こんなセックスをしていたのかも知れない。ドロドロに溶け合うようなセックスをしていたのかも知れない。
僕とは、そこまで行けない……そういうことなのだと思う。

「子宮、降りてきてるのわかる?」
みっちゃんが、突き上げる動きを緩めて聞いた。
『あぁ、あ、わかんない、よぉ……でも、ダメぇっ! 気持ち良くて死んじゃいそうだよぉっ! もうダメ、もうイキたくないぃっ! ンアッ! うふぅっ! イクっ! イックぅっ!』
「じゃあ、腰止めたら?」
みっちゃんが、少しイジワルな感じで言う。確かに希は、あんなことを口走りながらも、腰を動かし続けている。
『だって、とまら、ないぃ……ダメぇ、こんな、あぁっ! 知らないぃっ! こんなの初めてぇっ! イクイクイクぅっ!! オおぉアッ! このイボダメぇっ! ヒィィンッ!!』
希は、快感よりも恐怖感が強くなってしまったみたいで、目の端にはうっすらと涙が見える。それなのに、まだ腰を振る希。体と心が離ればなれになっているようだ。

泣くまで追い詰められる希。でも、逆に言えば泣くほどの快感を与えられてしまったということだ。
すると、急にペニスを握られた。
『カチカチw ノンちゃんがあんななのに、興奮してるのね♡ じゃあ、私もおかわりw』
そう言って、京香さんはまた座位で繋がった。でも、今度はアナルではなく、膣の方だった。さっきまでアナルに入れていたのに、気にもせずに膣に入れる京香さん。上品な顔からは想像も付かないほど、淫乱な女性だと思う。

ウネウネと絡みつくような京香さんの膣。初めて経験する不思議な感覚だった。多分、訓練で動かせるようになったのだと思うが、凄い名器だと思った。

『あぁん♡ マー君の生チンポ入っちゃった♡ いっぱい出して、受精させてね♡』
と、ボリューム設定を間違えたのかと思うくらいの大きな声で言った。それは僕に言ったのではなく、みっちゃんや希に聞かせるためのものだったのだと思う。

慌てて希を見ると、またとろけた顔で僕を見ていた。さっき目の端にあふれそうになっていた涙が、ツゥーっとこぼれ落ちた。
大きすぎる快感に怖くて泣いたのか、僕が生で京香さんとつながったことがイヤで泣いたのかはわからない……。
希はすぐにみっちゃんに向き直ると、座位で繋がりながら、みっちゃんの両乳首を指で責め始めた。
「おぉぅ、それヤバい」
みっちゃんが、気持ちよさそうにうめく。そして、希はそれだけではなく、腰の動きをハードにした。
『ウゥあぁぁ、アッ! こすれるぅッ! イボチンあたってるぅッ! Gスポットもぉ……ひアッ♡ 子宮にもぉ、キスしてるぅッ! こんな、あぁっ! 奥、すごぃぃ……もっとぉ! 奥、ガンガンしてッ! オおぉっ! おぉんっ! イクぅイクぅっ! イィグゥッ!!』
希は、腰を全力で振り続け、叫び続ける。僕に見せつけるため? 京香さんへの嫉妬? とにかく希は、激しく腰を振る。
もう、何回イッたのかわからないくらいイキまくる希。もう、敗北感もなくなってきた。そもそも、同じ土俵に上がっていないことに気がついた。
僕が亀田だとすると、みっちゃんはマイクタイソンみたいなモノだ。ジャブ一発で失神する……そんな差だ……。

「あぁ、もう出る、イクよ、口に、いい?」
みっちゃんがあえぎながら聞く。
僕は、その言葉に安心した。もう手遅れかもしれないが、この上中出しされてしまったら、さっきの京香さんの言葉どおり、もう完全にみっちゃんの虜になってしまうと思ったからだ。

そんな事を言った京香さんは、僕の上で腰を振りながら、余裕の顔で僕の乳首をもてあそんでいる。激しく腰を振ったりしないのに、ウネウネとした膣の動きで、僕はもうイキそうになっていた。男の子達が、あっという間にイカされた秘密がわかる。

そしてみっちゃんは少し動きを早めて、スパートをかけた。すると希が、みっちゃんに抱きついて、後ろに倒れ込む。自然に正常位に移行した2人。

希は、
『ンオおぉオッ! これ、ヒィィあっ! こすれるぅッ! これダメっ! ホントにぃぃッ! ウゥあっ!! 死ぬぅっ! ンヒィッ!! おおぉおおぉあぁぁっ!!』
希は、正常位になったことで、さらに大きくあえぎ始めた。
「あぁ、ダメだ……」
みっちゃんは、イキそうなのか体を起こそうとする。すると、希の腕がみっちゃんに絡みつく。そして、その両足までもがみっちゃんの身体に回り込み、足首と足首がくっつくように絡みついた。
好き好きホールドとか、だいしゅきホールドとかいうらしいが、相手に中出ししてもらいたいという気持ちがそうさせるらしい。

それを見て、僕は京香さんの中にイキなり射精してしまった。
『あぁんっ♡ マー君のせーし、いっぱい出てるぅ♡ 受精しちゃうぅ♡』
京香さんが、大げさな声で言う。ハッと思い希を見ると、みっちゃんに両手両足を絡めながら、キスをしていた。

そして、みっちゃんはそのまま体を震わせた……。
『んーーっ! んんっーーっ! んーー♡』
希はキスをしたまま、うめいていた……。

コアラが木にしがみつくような格好で、みっちゃんにくっついたまま、一番深いところに中出しされた希。ビクッ! ビクッ! と、強く何度か震えたあと、グッタリと両手両足をみっちゃんから外した。外したというより、脱力して抜けてしまった感じだ。

「寝ちゃったw」
みっちゃんが言う。希は気でも失ったように、グッタリと動かなくなっている。そして、希から離れるみっちゃん。そのまま京香さんに近づいてくる。京香さんは僕から離れると、みっちゃんの前で床に座り、M字開脚をする。そして、アソコをクパァと広げて、
『こんなにいっぱいもらったよ♡』
と、流れ出る精液を見せながら報告した。
「あぁ、京香……」
みっちゃんは、泣きそうな顔で京香さんに覆いかぶさり、そのまま正常位で繋がった。
『んンッヒィグゥッ!! おおっぉお゛お゛お゛ぉっ!! イ゛グぅっ!!』
一突きで、あっけなくイク京香さん。圧倒的な差を見せつけられて、僕は打ちのめされた……。

逃げるように希の元に行くと、気を失った希のアソコから、ドロッとした精液が流れ出てきた……。
今さら後悔しても仕方ないかもしれないが、もう後戻りできないと思った。後ろから聞こえる京香さんの獣のあえぎ声に後押しされるように、僕は5人の男の子達に、
「まだ出来る? 好きにしていいよ」
と、震える声で言った。

あっという間に、ゾンビ映画みたいに5人に取り囲まれた希を見て、僕はすでに勃起していた……。

嫁とカップル喫茶に見学に行ったら4

嫁の希と、軽い気持ちで行ったカップル喫茶。でも、みっちゃん夫妻との出会いもあり、運命を変えるほどの衝撃的な体験をしてしまった。

何度目かの軽いプレイの後、とうとう僕の目の前で、みっちゃんの異形の極太ペニスを生で受け入れた希。
僕は、その姿を見て信じられないくらいの興奮を覚えていた。そして、希も見たことがないくらい乱れに乱れ、失神してしまった……。

そして今、目の前で失神している希。足がだらしなく開いていて、その付け根のアソコからは、白い精液があふれ出ていた。
そして希の顔は、満ち足りた感じで幸せそうで、みっちゃんとのセックスが本当に良かったというのを物語っているようだった。

希は、見た目はちょっとヤンキーっぽいし、言葉づかいとかも含めて、清楚とか上品という感じではない。
でも、過去はどうだったのかわからないが、今は僕に一途で、浮気なんかもしていないと思う。

カップル喫茶に始めて行くことになった時も、僕には何もしちゃダメとか、他の女性を見て興奮するのもダメだとか言っていた。そんな風に嫉妬する希が、たまらなく可愛いと思っていた。

アソコから他人の精液を流す愛妻を見て、そんな事を考えていた。でも、さっきからずっと聞こえてくる、京香さんの狂ったようなあえぎ声を聞き、僕はすっかり回復して興奮していた。

ふと気がつくと、希のすぐ近くまで5人の男の子達が近づいていた。中には、あられもない希の姿を見て、オナニーをしている子もいる。京香さんとみっちゃんのセックスを見ている子もいるが、やっぱり若い希の裸体は気になるようだ。

その中の一人が、僕を見ていた。迷子の子犬のような目で僕を見つめる男の子。
僕は、
「まだ出来る? 好きにしていいよ」
と、男の子達に言ってしまった。すると、僕を見つめていた男の子は、パァッと笑顔になり、すぐに希に覆いかぶさった。そして、失神している希にキスをした。希は、目が覚めないままに、ダッチワイフのような状態だ。それなのに、夢中でキスをする男の子。他の4人も、ワンテンポ遅れて希に群がる。

僕は、自分で言った言葉ながら、後悔していた。若い大学生くらいの男の子に、唇を奪われ、両胸を舐められ、精子が流れ出ているアソコですら舐められている。
それだけではなく、脇の下も舐められているし、足の指まで舐められている。

失神したまま、5人の男の子達にダッチワイフのように扱われている希。
僕は激しく後悔したが、それは一瞬だった。失神している希をオモチャにする男の子達を見て、激しい後悔が激しい興奮に変わっていった……。

すると、希のみっちゃんの精子だらけのアソコを舐めていた男の子が、ガマンの限界が来たようで、希に覆いかぶさった。自分でペニスを持ち、希のアソコに押し当てて挿入しようとする。でも、童貞なのか上手く入れることが出来ない。そうこうしているうちに、
「あぁっ!」
とうめき、射精してしまった。
勢いよく飛んでいく男の子の精液は、失神したままの希のお腹、胸、首筋と汚していき、希とキスをしていた男の子にまでかかってしまった。

「うわっ」
「マジか!」
「きたねーって」
男の子達の非難の声が響く。

【続きは、こちらからです】

会員様ログインはこちらから
【会員様ログインページ】

・メンエス好きな友人と、好奇心旺盛な僕の妻7
・全て先輩の中古だった彼女(kindle)
・後輩に男の娘動画を見ていることがバレて2
・ヨメカリの因習が続く漁村の跡取りの僕は11
・タイで妻に内緒で性感マッサージを受けさせてみたら7
・意地っ張りな嫁は、他人棒では感じないと言った5
・妻は元彼と、僕とは出来ない体位でしていた
【リクエスト作7後編】ついにあの子が他人に抱かれイキまくる!嫉妬したサマスカが興奮してあの子を突きまくる超NTR
【本日の人妻体験、寝取られ体験ランキング】