カテゴリー別アーカイブ: ・Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた

Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた5(オリジナル 転載禁止)

前回の話

杏奈は、僕のペニスに舌を絡ませながら、夢中でフェラチオを続けている。研二の精液にまみれたペニスを、愛おしそうにくわえている。

僕は、杏奈の幸せそうな顔を見て、複雑な気持ちになっていた。この顔は、僕のペニスをフェラチオしているからなのか、研二の精液を口に含んでいるからか判断がつかない。

『あっ君の、すごく固くなってるね。どうしたの? いつもより興奮してるね』
杏奈は、そんな風に言いながら僕のペニスを舐めたり手でしごいたりしてくれている。僕は、研二とのセックスの動画を見たからだよと言ったら、どんなリアクションをするのだろう? そんな想像をしてしまっていた。

続きを読む Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた5(オリジナル 転載禁止)

Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた4(オリジナル 転載禁止)

前回の話

『あっ、あんっ、ダメぇ、もうイッちゃうっ! 本当に全然違うっ!』
杏奈は、腰を狂ったように動かしながらあえぎ続ける。バックで繋がっているのに、杏奈はお尻をぶつけるような勢いで動かし続けている。
「良いね。腰の動き、上手になってきたよ」
研二は、撮影を続けながら言う。杏奈が、コンドームなしでのセックスを許したことや、こんなハメ撮りまで許したことが本当に信じられない。

僕は、ここまでのことは想像もしていなかった。こんなに研二とのセックスにハマるなんて、この目で見ても信じられない気持ちだ。

続きを読む Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた4(オリジナル 転載禁止)

Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた3(オリジナル 転載禁止)

前回の話

公園のベンチで、周りに大勢の人がいるにもかかわらず、僕はパンツの中に射精をしてしまった。必死で声を抑えながらも、あまりの快感にパニックになってしまいそうだ。

イヤホンからは、うめくような声が聞こえてくる。杏奈が、研二とキスをしながらセックスをしている……。僕は、こんな状況になっていても、まだ信じられない気持ちだ。あの杏奈が、浮気をしている。しかも、かなり感情も入ってしまっているような感じだ。

杏奈は、見た目こそ派手な感じだが、すごく一途で焼きもちやきな女の子だ。そんな彼女が、自分からキスをせがんで他の男とセックスをしている……。僕は、望んでいた状況に近い状況なのに、強い絶望感を感じてしまう。

続きを読む Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた3(オリジナル 転載禁止)

Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた2(オリジナル 転載禁止)

前回の話

僕は、はっきりと聞いてしまった。確かに杏奈は、研二の名前を呼びながらオナニーをしていた。僕とセックスをした直後なのに、こっそりとそんなことをしていた杏奈……。僕は、想像以上に状況が悪くなってきているんだなと感じた。

次の日の夕方、そろそろ仕事も終わりかけの頃、研二からメッセージが来た。今日も、いつものモールで食事をしたらしい。そして今回は、写真が添付されていた。それは、プリクラの写真だった。

続きを読む Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた2(オリジナル 転載禁止)

Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた(オリジナル 転載禁止)

「悪い! もう少し待ってくれないか? 絶対に返すからさ!」
研二は、僕に会うなり土下座でもする勢いで謝ってきた。僕は、お金のことじゃないよと告げる。
「え? 違うの? 久しぶりに連絡来たから、絶対借金のことかと思ったよ。て言うか、金のこと以外でなんかあったっけ? なんか、借りてた?」
研二は、急にクールな感じに戻って言う。さっきの、土下座でもしそうな感じは演技なんだなと、妙なところに感心してしまった。

続きを読む Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた(オリジナル 転載禁止)