【オリジナルコンテンツ一覧・ログイン】
【パスワードやIDがわからなくなった時はココ】
【会員ページのご説明。入会・退会フォーム】

・【私が書いた電子書籍一覧です】

家庭教師先のママさんは、同級生よりも可愛くてエッチだった3(オリジナル 転載禁止)


前回の話

 美緒さんとの関係は、一気に変わってしまった。ただの家庭教師先のお母さん……それが、今では訪問する度に、キスしたり口でしてもらうようになってしまった。
 旦那さんや悠真君に対して、罪悪感を感じる。やってはいけないことだったなという、反省もある。でも、一度経験してしまった事に対して、今さら止めることも出来ずにいる。

 今日も、悠真君を教えている。でも、やっぱり出来が良いのでほとんど教えることはない。課題を与え、それを彼が解き、僕が採点して補足をする程度だ。
 今も、悠真君は現国の長文を読み込んでいる。僕は、トイレに行くと言って彼の部屋を出た。そして、すぐにリビングに行くと、すでに美緒さんが待っていてくれた。

 僕がリビングに入ってきても、美緒さんはニコニコしながら僕を見つめるだけだ。僕は、すぐに美緒さんに近づいてキスをした。美緒さんは、待っていたという感じですぐに舌を差し込んでくる。僕も、すぐに夢中で舌を絡めていく。
 美緒さんは、僕に腕を回して抱きつきながら舌を使ってくれる。舌が絡み、強い興奮を感じながら美桜さんの事を抱きしめる。胸が身体に触れる感触が、とてもなまめかしい。そして、押しつけられている胸の感触から、ノーブラなのもわかる。

 僕は、キスをしながら胸をまさぐる。柔らかくて、お餅みたいな感じだ。そして、乳首の固い感触も手の平に伝わってくる。美緒さんは、さらに激しく舌を動かしながら、僕のペニスをまさぐってくれる。ズボンの上からの刺激でも、気持ちよくてうめいてしまいそうになる。

「フフ、カチカチ。もう、出ちゃいそうだね。まだダメよ。パンツ汚しちゃうわよ」
 美緒さんは、そんな風に言いながらファスナーを降ろしていく。もう、何回もしているので慣れてしまったみたいだ。僕は、ズボンもパンツのはいたままなのに、ファスナーを降ろした状態でペニスを出してしまっている。
「元気ね。フフ。嬉しいわ」
 美緒さんは、本当に嬉しそうだ。僕は、美緒さんとこんな事をするようになって気がついたが、美緒さんはたいして男性経験があるわけではない。
 それなのに、僕に対して思い切ったことをする。童貞で女性経験が皆無なので、コントロールしやすいと思われたのだろうか? でも、理由はどうあれ嬉しいと思う。

「じゃあ、我慢しなくて良いからね。遅くなると、ゆう君に怪しいって思われちゃうから」
 美緒さんは、そんな風に言いながらあっさりと僕のペニスをくわえてくれた。くわえた瞬間に舌が絡みつき、美緒さんの頬がキュッとすぼまる。強烈なバキュームをされると、一気に射精しそうな感覚になってしまう。

 人妻に、リビングでフェラチオをされている……。異常すぎる状況だ。美緒さんは、いつもの上品で優しい母親の顔ではなく、アダルトビデオの痴女ものの女優さんみたいな顔になっている。
 大きく口を開け、ペニスをくわえながら上目遣いで僕を見つめる姿は、本当に妖艶だ。そして、割とルーズな胸元のニットなので、胸の谷間どころか乳首まで見えてしまっている。

 ムッチリした体型から考えると、胸は少し小さいのかも知れない。でも、とにかく形が良いし、乳首も人妻とは思えないほどピンク色をしている。
 美緒さんは、色白で童顔だ。30半ばなのに、本当に若く見える。僕と一緒に歩いていたら、大学生のカップルに見えると思う。

 僕は、美緒さんのニットの中に手を突っ込んだ。そして、すぐに乳首を摘まんで転がし始めると、
「んっ、ふぅ、んぅっ」
と、美緒さんは甘い吐息を漏らし始める。美緒さんが感じてくれていると言う事に、強い興奮と喜びを感じる。そして、夢中でまさぐり続けると、どんどん乳首も固くなってきた。
「本当に、おっぱい好きね」
 美緒さんは、嬉しそうだ。僕は、美緒さんの嬉しそうな笑顔を見て、好きという気持ちがさらに大きくなっていくのを感じる。そして、自分でも情けないと思いながらも、あっけなく射精を始めてしまった。美緒さんは、うめきながら口に受け止めてくれる。すべて出し尽くすと、そっとペニスを引き抜いた。美緒さんは、すぐに口を開けて中を見せてくる。
 僕の精液は、自分でも笑ってしまいそうになるほどの量が出ている。美緒さんは、すぐに喉をコクンと鳴らして飲み干してくれた。
「フフ。今日も、いっぱいだったね。ごちそうさま」
 美緒さんは、笑顔でそう言ってくれた。僕は、ありがとうございますと言って、慌てて悠真君の部屋に戻った。

 悠真君は、まだ問題を解いていた。集中していて、僕の事はあまり気にしていないみたいだ。僕は、美緒さんの事ばかりを考えながらこれ以上の進展はないのかな? と、期待もしていた。
 ここまで来たら、もっと進みたい……。美緒さんに、挿入してみたいという気持ちが大きくなる。でも、今のところ口でしてくれる以上の展開はなさそうだ。僕は、思い切った行動に出るべきか迷いながらも、その勇気が持てずにいた。

「お疲れ様。先生、今日もありがとうございました」
 そう言いながら、美緒さんが紅茶とケーキを運んできた。今日も、美緒さんの分もある。悠真君は嫌がるが、美緒さんはとても楽しそうだ。
 でも、今日はまだ彼は問題を解いている。机に向かって問題を解いている彼。美緒さんは、すぐに僕の方を妖しい顔で見つめる。僕は、その瞳の力にドキドキさせられっぱなしだ。
 すると、ベッドに座っている美緒さんが、ゆっくりと脚を拡げていく。スカートの奥が見えてしまい、薄いピンクの可愛いショーツも丸見えだ。
 悠真君がいるのにこんな事をしてしまう美緒さんに、ドキドキしっぱなしだ。
 もしかして、美緒さんは僕がおどおどするのを楽しんでいるのかな? と、思った。でも、この状況でおどおどしない方が無理だと思う……。

 そして、悠真君の課題も終わってケーキを食べ始めた。でも、メチャクチャ急いでいる。どうしたのかと聞くと、
「うん、友達とサイゼリヤに行くんだ!」
 と、元気に答える。今日は、友達と夕ご飯を食べるそうだ。僕の小学生の頃には、友達同士でファミレスで夕食なんて考えられなかった。たった数年で、時代は変わっていくんだなと思った。

 すると、彼はあっという間に出て行ってしまった。
「ゆっくり食べてくださいね」
 美緒さんは、急に母親の顔を脱ぎ捨てたようになる。その表情は、見ているだけで勃起しそうなほど妖艶だ。でも、美緒さんは落ち着いてケーキを食べている。何を考えているのか読みづらい……。
 でも、ふと胸を見ると、シャツに乳首がメチャクチャ浮いていることに気がついた。勃起している……。僕は、勇気を出してケーキを口に挟むようにして、美緒さんに顔を近づけた。すると、美緒さんも吸い寄せられるように顔を近づけてきて、流れるようにキスを始めた。
 ケーキが口で潰されて、僕と美緒さんの間でグチャグチャに潰れる。そのまま、ケーキにまみれながらのキスをする。
 お互いに、激しく舌を絡め、口移しでお互いに食べさせるようなキス……。美緒さんは、自分でもケーキをフォークで口に運んでくる。こうやって、口移しで食べさせながらのキスは、本当に興奮する。食欲と性欲は、意外に近いものなんだろうか?
 僕は、美緒さんの口の中にあるケーキを吸い取るように、舌で絡め取るようにしながら食べる。美緒さんも、同じ事をしてくる。

 お互いに荒い息遣いでキスを続け、美緒さんは僕の股間をまさぐってきた。美緒さんは、そのまま僕のファスナーを降ろし、ペニスを剥き出しにする。
 美緒さんは、ケーキのクリームを僕のペニスに塗りつけていく。
「フフ。デコレーションだね」
 美緒さんは、無邪気に笑っている。本当に楽しそうだ。僕は、教え子の部屋の中でこんな事をしていることに、罪悪感を感じてしまう。でも、罪悪感以上に興奮も感じている……。
 美緒さんは、僕のクリームつきのペニスを楽しそうに舐め始めた。フェラチオと言うよりは、飴でも舐めるような舐め方だ。でも、もの凄く気持ち良い。心理的な物が、快感に強く作用するんだなと気がつかされた。

 そして、美緒さんは大きく口を開けてくわえてくれる。舌が絡みつき、バキュームも始まる。まくれ上がったスカート……アソコがチラチラ見えている。僕は、まだ触れたことのない膣周りに、ドキドキしっぱなしだ。
 勇気を出して手を伸ばした。スカートの中に手を差し込んでいくと、
「ダ、ダメよ、それはダメ」
 と、美緒さんは慌ててスカートを戻す。すぐに、ごめんなさいと謝った。
「太ももが好きなのよね? 挟んであげようか?」
 美緒さんは、笑顔でそんな事を言ってきた。太ももに挟むの意味がよくわからないまま、お願いしますと答えた。

 美緒さんは、ベッドの上に横になる。仰向けでもうつ伏せでもなく、横向きで寝ている。美緒さんに指示されるままに、美緒さんの太ももに顔を突っ込んだ。美緒さんは、太ももを閉じてグイグイ締めてくる。
 顔を柔らかい太ももに挟まれて、メチャクチャ興奮してしまった。気持ちいいし、視覚的な興奮もすごい。目の前に、美緒さんのお尻がある……。ショーツ越しにも、お尻の形がはっきりわかる。そして、ショーツの大事な部分には、はっきりとシミが浮き出ていた。

「気持ちいい?」
 美緒さんは、太ももでグイグイ顔を締め付けながら聞いてくる。気持ちいいと答えながら、美緒さんのお尻やアソコを凝視する。鼻もお尻のあたりに押しつけられているので、良い匂いもする。柔軟剤とか、ボディソープの臭いなんだろうか? 上手く言えないが、性欲を直撃するような匂いだ。

 美緒さんの顔の前には、いきり立ったペニスがある。横向きでのシックスナインみたいな体勢だ。顔を太ももに挟まれるだけで、こんなに気持ちいいことにあらためて驚いてしまう。
 ムッチリと太目の太もも……柔らかい中にも、筋肉の固さも感じる。そして、真っ白できめの細かい肌。すべすべなのがわかる。美緒さんは、僕の願望を凝縮したような女性だなと思う。色白で童顔、無邪気だけどエッチ。
 そんな事を考えていると、美緒さんがペニスをくわえてきた。ますます、シックスナインみたいな体勢になってしまった。美緒さんは、興奮した顔でバキュームしてくる。少し痛みを感じるほど、激しく吸われている。

【続きは、会員ページからです】
会員ページのご説明はこちらです。
【会員ページのご説明】

会員様ログインはこちらから
【会員様ログインページ】

・妻がこっそりと裏垢サイトを見ていた5
・妻のバイオリン教室は、秘密のご褒美のおかげで評判が良い5
・友人に借金の相談をしたら、嫁を貸し出すことになってしまった3
・可愛らしい若妻がナンパされたことをきっかけに夫の寝取られ性癖を目覚めさせたー完ー
・強気で勝ち気な嫁が、しつけられて従順な牝になった
・童顔で可愛いらしい嫁が、カップル喫茶で囲まれて(kindle)
・パートに出て綺麗になった妻と、お客さんの裏垢男6

新作の本です
【本日の人妻体験、寝取られ体験ランキング】