【オリジナルコンテンツ一覧・ログインはここから】
【パスワードやIDがわからなくなった時はココ】
【会員ページのご説明。入会・退会フォーム】
【会員登録後メールが届かない方】

【私が書いた電子書籍一覧です】

嫁が出産のために入院中、お義母さんが性欲の処理をしてくれました(オリジナル 転載禁止)


嫁のみゆきが二人目を出産するために、少し早めに入院することになり、義母のかおるさんがウチに来てくれることになった。俺は、webの代筆屋みたいなことと、官能小説的なものを自宅で書いているので、別に義母さんにウチに来て頂かなくても、2歳の長男の世話ぐらいは問題ないのだが、
”みゆきが入院したのは、私の貧血が遺伝したからだから、気にしないで”
と言って来てくれた。

もっとも、2歳の長男と一緒にいたいという気持ちが大きいのだと思うが、正直俺は少し緊張してしまうなと思っていた。かおるさんは凄くいい人なので、別に緊張する必要もないのだけど、やっぱり嫁の母親と一緒に生活するのは何かと気疲れする。

『まさるさん、朝ご飯出来たわよ〜』
いつもは10時近くまで寝てしまう俺だけど、義母さんが来てからはきっちり8時半に朝食で起こされる。
俺が寝癖頭のままダイニングに行くと、旅館みたいな和朝食が並んでいる。
「お義母さん、もっと簡単でいいですよ。朝からこんなに、大変じゃないですか?」
『良いのよ。まさるさんには頑張ってもらわないとね! 背負う家族が増えるんだから!』
そう言って、味噌汁を俺の前においてくれるお義母さん。長男はまだ寝ているので、お義母さんと二人きりだ。さすがに5日目となると、もう慣れてぎこちなさもない。

お義母さんは、ヒヨコ柄のエプロン姿で妙に可愛らしい感じだ。嫁がいつも使っているエプロンだが、嫁がつけているときと違って、ヒヨコの絵柄が大きく歪んでしまっている。お義母さんは、細身でBカップの嫁とは違い、ムッチリとした肉付きで、FとかGカップくらいはありそうな爆乳をしている。
そして、短パンをはいているので、ムッチリした太ももが肉感的だ。俺は、書いている小説で義母ものも扱ったりするが、リアルでこんな状況になると、小説とは違い実際に手を出そうとは考えないものだなと思った。血のつながりはないが、やっぱり家族なので、そんな目で見ることはないのが普通なのだと思う。
でも、目の前にその爆乳が近づくと、ついつい見てしまうのはしかたないのかな? とも思う。

そして俺は、軽くシャワーを浴びて頭をスッキリさせると、仕事を始めた。昔から、文章を書くことだけは得意だった俺は、個人法人問わず、色々なサイト運営者と提携して、代筆というかライター業をしている。比較的大手サイトとも提携出来ているので、それだけでけっこうな収入だったが、アダルト系のサイトの記事も書くようになって収入が劇的に増え、これは美味しいなと思った俺は、自分でも官能小説を書くようになった。
今は、電子書籍で誰でもノーリスクで出版出来るようになったので、俺でも簡単にデビュー出来た。

そんな風に、一日中部屋にこもってキーボードを打ち続ける俺を、お義母さんは格好いいと思ってくれているようだ。不思議なものだが、ある程度以上の歳の人は、web系の仕事は格好いいと思うのかもしれない。

そして、ちょくちょく長男とも遊びながら仕事をし、夕方になり、お義母さんが作ってくれた夕食を食べた。手の込んだ料理を食べながら、嫁が戻ってきたら、嫁の料理では物足りなく感じてしまうかもな……と思っていた。それくらい、お義母さんの手料理は美味しいものだった。

そして長男を風呂に入れ、寝かしつけた後は、お義母さんとビールを飲むのが日課になっていた。風呂に入ってパジャマに着替えたお義母さんは、家族だと思っていてもドキドキしてしまうくらいに色っぽい。長袖長ズボンなので露出は減ったのだけど、パジャマというのが色っぽく見せているのだと思う。

『まさるさん、一日中ワープロ打ってて、肩こらない?』
お義母さんは、ワープロという言い方をしてくる。昭和を感じて懐かしいなと思いながらも、
「もう、肩こってるのが普通な感じです。慣れちゃいました」
『あらら。ちょっとほぐしてあげるわよ』
お義母さんはそう言って、椅子に座る俺の後ろに回り込んだ。遠慮をする俺に、遠慮しないのとか言いながら肩を揉み始めるお義母さん。

意外と指力が強く、マッサージ屋さんでしてもらうとき並に気持ちいい。
「すごく気持ち良いです」
『でしょ〜。主人も肩こりだから、よく揉んでるのよ。まさるさんも、本当にこってるわね』
そう言いながら、肩を揉み続けるお義母さん。

『あれ? まさるさん、ちょっと立ってみてくれる?』
不思議そうに言うお義母さん。俺は、言われるままに立ち上がる。
『ちょっと、傾いてるわね。床に正座して、バンザイしてみて』
お義母さんは俺に指示をする。俺は、言われるままにその体勢になる。すると、後ろからお義母さんが俺の身体に腕を回してきて、俺の身体の前で、右手で自分の左手首を握った。
『いいわよ。そのまま腕降ろしてみて』
俺は、死ぬほどドキドキしていた。お義母さんは、たぶん整体的なことをするつもりなのだと思うが、俺の背中におっぱいが密着してしまっている。
俺は、動揺を悟られないように、はいと返事をして腕を降ろす。すると、お義母さんは俺の脇を持ち上げるようにして立ち上がる。グッと背筋が伸ばされる感覚が心地良いが、おっぱいが背中から首筋に移動し、そのまま頭に移動した。デカくて柔らかい……。俺は、久しぶりのその感触に、一気に性的に興奮してしまった。嫁とは、嫁が入院するはるか前からセックスはしていない。もう、半年以上も禁欲生活だったので、一気に頭の中がセックス一色になってしまう。

そして、ムクムクと立ち上がってきてしまう俺のアレ。俺は、お義母さんに見つからないように必死で勃起を収めようとした。でも、お義母さんは何度も俺を持ち上げる動きを繰り返す。その度に、大きなおっぱいが俺の背中から頭まで移動していく。そこで今さら気がついたが、お義母さんはノーブラのようだ。寝るときはしないのが普通なのかもしれないが、それを意識してしまうと、もっと力強く勃起してしまった。

『たまにはストレッチしないとダメよ。ずっと座ってワープロ打ってると、腰にも悪いわよ』
お義母さんは、少し息を切らせながら言う。そんなに熱心に整体をしてくれているのに、俺はよこしまな気持ちで勃起している……。

「お義母さん、ありがとうございます。もう、スッキリしました!」
『なに遠慮してるのよ。水くさいわねぇ。ほら、今度は仰向けで寝てみて』
お義母さんは、そんなことを言ってくる。でも、そんなのは無理だ。勃起しているのに、仰向けで寝転がるなんて不可能だ……。
「い、いや、もう遅いんで、寝ますから」
『すぐ終わるわよ。歪みは早く取っておかないと、どんどん悪化しちゃうわよ』
そう言って、お義母さんは俺を寝転がらせようとする。俺は、それでも抵抗していたが、意外に強いお義母さんの腕力で、半ば強引に仰向けで寝かされてしまった……。

『あら? ふふ。まさるさんも若いのね。気にしなくて良いわよ。じゃあ、そのまま脚を交差してみて』
お義母さんは、サラッと俺の勃起の件を流すと、そのまま整体を続けた。今度は、交差した脚を押したりする施術になったので、おっぱいの感触がなくなり、俺の勃起もなんとか収まっていった……。

「すみません。なんか、変なことになっちゃって……」
『いいのよ。まさるさんも、かおるがあんなだからご無沙汰なんでしょ? だから、こんなおばちゃんのおっぱいでも、反応しちゃったのね』
お義母さんは、本当に普通の感じで言う。恥ずかしがっている様子も、ムッとしている様子もない。本当に、”しかたないわねぇ”という感じが伝わってくる。

「まさるさんは、どうやって処理してるの? 私がいて邪魔なら、少し散歩してきましょうか?」
と、気を使って言ってくれる。俺は、平然と話すお義母さんとは違い、耳まで赤くしていたと思う。嫁の母親とこんな会話をするなんて、夢にも思っていなかった。
「い、いえ、大丈夫です。ちゃんと自己処理してますから」
俺は、実際はほとんどオナニーもしていないのに、そんな風に答えた。日頃、官能小説のようなものを書いていると、どうしても性的なものに対しての興味が薄れるというか、反応が薄くなってしまう。なので、俺もオナニーをほとんどしなくなっていた。商業病みたいなものかもしれない。

でも、理由はどうあれ溜め込んでいるので、こんな風にちょっとしたきっかけで、もの凄く欲情してしまうのも事実だ。今の俺は、照れて恥ずかしいと思いながらも、内心お義母さんのおっぱいの感触をずっと考えていた。

『私でよければ、手伝うわよ?』
お義母さんは、本当に普通の感じでそう言った。まるで、肩を揉むわよという程度の気軽さで……。

「て、手伝うって? 何をですか?」
俺は、言葉の意味はわかっていながらも、耳を疑ってそう聞いた。
『何をって、性欲の処理よ。って言っても、こんなおばちゃんじゃ、役に立たないわね』
と、お義母さんは、ほがらかに笑いながら言った。とても、性的な話をしているとは思えない、ほんわかした空気で話を続けるお義母さん。
「そんなことないです……。けど、そんなのは……」
『そうよね。でも、いつでも言って下さいね。まさるさんには頑張ってもらいたいし、男の人って、たまってると仕事も手につかないんでしょ? 遠慮なくね』
お義母さんはそう言うと、ビールの空き缶やつまみの皿を片付けだした。そして、先に失礼しますねと言って、お義母さんは使ってもらっている和室に入っていった。和室には、長男が先に寝かしつけられている。お義母さんは、息子と一緒に寝たいそうだ。

俺は一人になると、すぐにオナニーを始めようとした。でも、さっきのお義母さんの提案は、本気だったのだろうか? と考え始めて、手を止めた。
お義母さんは、俺的には全然イケる女性だ。むしろ、お願いしたいくらいだ。若い女性にはない独特の色気があるし、よく見ると、色白で美人だと思う。そして何よりも、嫁にはない大きなおっぱいと、ムッチリした太ももがある。どちらも、俺の大好物だ。

しかし、お義父さんの顔がちらつく。お義母さんとお義父さんは、凄く仲が良い。ラブラブな感じに見える。二人で旅行に行ったり、映画に行ったり、デートもしょっちゅうしているそうだ。俺なんかが手を出していい相手ではない……。

背中に触れたおっぱいの感触は、柔らかくてつきたてのお餅のようだった。ノーブラの割には、胸の位置も高かった気がする。巨乳特有の、垂れたおっぱいもエロくて悪くないと思うが、お義母さんのおっぱいは、重力に逆らって張りがありそうだ。

俺は、オナニーしたくてたまらなかったが、やっぱりお義母さんをおかずになんかしてはいけないと思い、グッと我慢した。そして次の日も、同じような一日だった。昨日のあの話なんてなかったように、いつも通りのお義母さん……。俺だけが、少しぎこちなくなってしまった。

そして夜、
『今日もお疲れ様。肩揉みましょうか?』
と、お義母さんは優しい顔で言ってくる。俺は、パジャマ姿のお義母さんを見て、猛烈に発情していた。大きく盛り上がった胸に、濡れた髪と、ビールでほんのり赤くなった頬……。色白のせいで、実年齢よりかなり若く見える。

「その……。昨日のお話、お願いしてもいいですか?」
俺は、顔を真っ赤にしながら言った。すると、
『え? あぁ、昨日の話ね。いいわよ。コンドームはあるのかしら?』
と、あっけらかんと言うお義母さん。俺の方が慌ててしまって、
「い、いや、手で、手でいいんです!」
と言った。
『あらそうなの? じゃあ、始めましょうか? ソファの方に行く?』
と、淡々と話を進めていくお義母さん。俺は、生唾を飲み込み、うなずいた。

すると、お義母さんは立ち上がり、先にソファに移動する。俺はあっけなく事が運び、戸惑いながらソファに向かった。
さっき、お義母さんはコンドームのことを言った。お義母さんの手伝うというのは、そのものずばりセックスのことだったのだろうか? 思わず、手でいいと言ってしまったが、あのままコンドームを出せば、最後までやらせてもらえたのだろうか? そんな想像をすると、俺は興奮が高まりすぎて、近年経験がないほどの固さで勃起してしまった。

『じゃあ、ここに座って』
お義母さんは、緊張した感じもなく、いつも通りのしゃべり方で俺に指示をする。
俺は、言われるままにソファに座ると、お義母さんが俺のアレをズボンの上から弾いてきた。人差し指で軽く弾かれ、思わずうめいた俺に、
『本当に溜まってるのね。私がいるせいで、オナニーもできなくてごめんなさい』
お義母さんは、本当に申し訳なさそうに言う。俺は、もごもご口ごもるだけだった。

『じゃあ、脱いじゃって!』
お義母さんは、明るい口調のまま指示をしてくる。俺は、動揺しながらもすぐにパジャマのズボンとパンツをいっぺんに脱いだ。
むき出しになる俺の勃起したアレ。マジで出してしまった……。そんな気持ちになる。
『あら? 立派ねぇ』
お義母さんは、少し目を見開いて言う。
「ありがとうございます」
『こんなの初めて見たわ。みゆきは幸せねぇ』
お義母さんはそんな事を言うと、俺のアレを握った。
『固さも凄いのね。まさるさんは草食系かと思ってたら、ここは肉食系なのね』
お義母さんは感心したように言う。

「そ、そんなことないです」
照れてそう言う俺。そしてお義母さんに握られて、俺はドギマギしていた。

『じゃあ、動かすわね。痛かったら言って頂戴』
お義母さんは、そう言うと俺のアレをしごき始めた。お義母さんは、ウブというか、性的な匂いがしない女性なのに、手コキはやたらと上手かった。意外と経験が豊富なのかな? と思うと、より興奮してしまった。

『みゆきはこういう事もしてくれないのかしら?』
「あ、はい……」
『ダメねぇ。旦那の性欲の処理は、妻の務めなのに。男の人は、定期的にちゃんと出してあげないと浮気しちゃうのにね』
俺のものを手コキしながら、そんなことを言うお義母さん。
「いえ、俺は浮気なんて絶対しないですよ」
『ホントに? それなら良いけど、絶対にダメよ。みゆきを泣かすような事しちゃ。私でよければ、いつでも性欲の処理は手伝いますからね』
そんな会話をしながら手コキを続けるお義母さん。俺は、不思議な気持ちになってしまった。お義母さんと普通に会話をしているのに、俺は勃起したアレをしごいてもらっている。凄くシュールな光景だと思う。

俺は、お義母さんの言葉に乗っかるように、
「だ、だったら、その……。胸を見せてもらえませんか?」
と言ってみた。
『え? 私ので良いのかしら? エッチなビデオとか見ても良いのよ』
と、お義母さんは、真顔で言う。
「できれば、お義母さんのが見たいです」
『こんな弛んだおっぱいでよければ、いくらでもどうぞ』
お義母さんは、そう言うと俺のものをしごきながら、片手でパジャマのボタンを外し始めた。そしてすぐにパジャマの前がはだけて、おっぱいが丸見えになった。

お義母さんのおっぱいは、服の上からでもわかっていたが、実際凄い量感だった。そして、色が真っ白で柔らかそうな割には、垂れ下がることもなく、張りも感じられる若々しいおっぱいだった。
しかし、乳輪は色は薄いが大きめで、そこだけ美しいというよりはエロい感じだった。そのくせ、乳首は本当に小さくほぼピンク色で、乳輪とのギャップが俺を興奮させた。

「いや、凄く綺麗です。こんな張りがあって綺麗なおっぱい、初めて見ました。ありがとうございます!」
『もう〜。褒めすぎよ。でも、嬉しいわ。ありがとう』
お義母さんは、俺の言葉を100%真に受けて嬉しそうに笑顔で言う。実際、お世辞でもなんでもないのだけど、ここまで素直に受け取られると、可愛いなと思ってしまう。

『あら、本当にもっと固くなったわね。もう、出そうなのかしら?』
「は、はい。もう出そうです。お義母さん、胸を腕で挟んでみて下さい」
俺は、気を抜けばすぐに出そうだったので、イク前にもっと注文をつけてみた。
『え? こういう事?』
お義母さんは、俺のものをしごきながら、ぎこちなく自分の腕でおっぱいを挟むようにしてくれた。すると、胸の谷間がえげつないことになり、より俺を興奮させる。

「あぁ、いいです。お義母さん、最高です。我慢汁あふれてるのわかりますか?」
『そ、そうね。ダラダラ出てるわね』
「それを亀頭に塗り広げて、直接こすって下さい」
『え? これでいいのかしら?』
お義母さんは、少し戸惑いながらも、我慢汁を亀頭に塗り広げ、皮を使わずに直接亀頭を手の平でこすり始めた。

俺は、くすぐったい感じと戦いながらも、逃げずに責めてもらった。腰が引けるほどの快感に、もう限界寸前だ。

「お、お義母さん、もう出そうです。おっぱい触っても良いですか?」
『え? い、いいわよ。私のなんかでよければ』
お義母さんは、少し戸惑った感じがあった。さすがに抵抗を感じているのかもしれない。でも俺は、お義母さんの気が変わらないうちに、慌ててその豊かな胸を揉み始めた。それは、本当に柔らかくてたまらない感触だった。嫁のBカップでは、絶対に味わえない感触……。比べてはいけないと思いながらも、どうしても意識してしまう。

『あ、白いの漏れてきてるわよ。イッちゃう? いいわよ、いつでも出してね』
お義母さんは、そんなことを言うと、手コキの速度を速めた。俺は、イクのを我慢しすぎて、若干精液を漏らしながらも必死でイカないように頑張っていた。

「あぁ、もう出そう……」
『良いわよ。どこに出す?』
少し頬を赤くした感じで言うお義母さん。
「そ、その、顔に……」
『え? お顔に? ふふ。良いわよ。まさるさんって、意外にSなのね』
そう言って俺のものをしごき続けるお義母さん。同時に、俺のアレの目の前に顔を持って行く。俺は、もう本当に限界だった。それでも、イクのをこらえながら、必死でお義母さんのおっぱいを揉み続けた。手の平に、お義母さんの小さな乳首が触れる。それは、ガチガチに固くなっているようだった。それを知った瞬間、俺のアレが弾けた。

白いミサイルのように、俺の精液がお義母さんの顔にぶつかっていく。
『きゃっ、凄い!』
驚くお義母さん。俺は、2度3度4度と、白いミサイルを発射し続けた。一射目がお義母さんの頬にぶつかり、次はまぶた、その次は口のあたりに着弾していく。
「あぁ、お義母さん、すみません」
俺は、AVみたいに顔面中を精液まみれにしたお義母さんに謝った。
『いいのよ。スッキリした?』
お義母さんは、右まぶたに精液がたっぷりかかっているので、片目を閉じたまま俺に言った。

「す、すぐ拭きます!」
俺は、大慌てでティッシュを取りに行く。そして、ティッシュを箱ごと取って振り返ると、お義母さんは、指で顔中の精液を集めて、それを口に入れてしまっていた。お義母さんはそれをそのまま飲み込んだ。
『いいわよ。ティッシュ、もったいないでしょ』
お義母さんはそう言ってティッシュを受け取らなかった。そしてそのまま浴室の方に向かい、洗面で顔を洗い始めた。濡れた顔をタオルで拭くと、
『また、いつでも言って頂戴ね』
と言って、長男が寝ている和室に入っていった。

俺は、まさか飲んでもらえるとは思っていなかったので、無性に嬉しかった。でも、それと同時に、嫁とお義父さんへの罪悪感を感じていた。お義母さんは、昔の人だからかもしれないが、もったいないの気持ちが強い。そう言えば、ティッシュもあまり使わない。だからといって、あんな風に飲むのもどうかとは思うが、お義母さんらしいと言えばお義母さんらしい気がする。

俺はスッキリしたのに、余計にモヤモヤしながら部屋に戻った。そして、少し仕事をしてから寝た。夜中に、俺の部屋のドアが開いたような気がしたが、夢だったのかもしれない。

そして次の朝、お義母さんはまったく普通のお義母さんだった。
『あら、今日は早いわね。よく眠れたみたいね』
笑顔のお義母さん。
「はい。おかげさまで。昨日はありがとうございました」
『いいのよ。あれくらいだったら、いつでも言って頂戴ね』
穏やかな笑顔のお義母さん。俺は、朝立ちでギンギンになっている股間を見せながら、
「じゃあ、早速お願いしていいですか? これもあるんで」
と言って、手に持ったコンドームを見せた。
『まぁ、まさるさんは、まだまだ若いのねぇ。じゃあ、朝ご飯食べたら、まー君が起きる前にすませちゃいましょうね』
と言って、朝食を並べ始めた。俺は、こんなにエロい気持ちで朝食を食べたことはないなと思いながら、お義母さんの肉付きの良いお尻を見つめていた……。

2.

お義母さんは、俺とセックスをすることを了承したのに、とくに動揺することもなく、いつも通りに朝食を準備していく。細身の嫁とは違い、ムッチリとした肉付きのお義母さん。エプロンをしていても、その爆乳は隠せない。
そして、あまり色気のない短パンをはいていても、肉感的でセクシーなお尻と、ムチムチの太ももが色気を醸し出している。

『いっぱい食べてね。まさるさんには頑張ってもらわないと!』
にこやかに言うお義母さん。俺は、さっきの同意は俺の勘違いだったのかな? と思うほど、セクシャルな匂いがしないお義母さん。俺は、モリモリと朝食を食べていく。するとお義母さんは、俺の横に来た。そして、エプロンを外し始める。

『まさるさんはそのまま食べててね。食べ終わったらすぐに出来るように、準備するわね』
と言って、お義母さんは短パンを脱ぎ始めた。俺は、お義母さんが作ってくれた和朝食を食べながら、ショーツ姿になったお義母さんを見て、異様に興奮していた。朝食を食べるという日常の光景に、急に混ざったセクシャルな要素。ギャップでクラクラする。

お義母さんは、とくに恥ずかしがる様子もなく、ショーツまで脱いでしまった。すると、お義母さんにはヘアがなかった。大人の成熟した女性という感じなのに、そこだけ妙にロリっぽく、驚きながらも興奮してしまった。
「お、お義母さん、剃ってるんですか?」
俺が質問すると、
『え? あぁ、これね。ブラジリアンワックスよ。プール行くのに、楽なのよね〜』
と、なんの恥じらいもなく言う。俺は、かろうじて知識があったので、ブラジリアンワックスが何かは聞かなかった。でも、やっている人を初めて見た。

俺は、食べるペースを上げる。でも、お義母さんは旅館かよと思うくらいに品数も多く、そして美味しい朝食を作ってくれている。
『いいのよ、慌てなくても。私が準備するから』
お義母さんは、笑顔でそう言うと、俺のズボンを降ろし始めた。パンツ姿になると、
『やっぱり大きいわねぇ〜。朝立ちってヤツかしら?』
お義母さんはそう言いながら、俺のパンツも脱がせていく。起きてからずっとギンギンのアレが剥き出しになる。
『あらあら。お汁も出てるわね』
そう言って、我慢汁を亀頭に塗り広げるお義母さん。剥き出しの亀頭を手の平でこすられて、いきなりイキそうな感覚が来てしまった。

「お義母さん、もう我慢できないです。もう、したいです……」
俺は、食べるのを中断してそう言った。
『ダメよ。せっかく作ったんだから。ちゃんと食べてね』
お義母さんは、俺のものを手コキしながら言う。必死でかき込むように朝食を食べる俺。するとお義母さんは、
『もっと濡らさないとダメよね。失礼するわね』
と言って、食事を続ける俺のアレをくわえてしまった。

熱い感じに包まれ、俺は思わず声が漏れた。お義母さんは、俺のカリ首に舌を絡めてくる。上手い……。一瞬でわかるほど、お義母さんのフェラチオは上手だった。一見、そんなことはしそうにないお義母さんだけど、意外に経験豊富なのかもしれない。俺は、イキそうな感覚をなんとか逃がしながら、朝食を続けた。

茶碗を持ってご飯を食べているのに、その足元に下半身裸のお義母さんがいて、俺のモノをくわえているのは、背徳感がもの凄い。いつもは嫁と朝食を食べるダイニングで、嫁の母親とこんな事になってしまっているのは、出産のために入院している嫁に対して、本当に申し訳ない気持ちになる。でも、今さらやめることも無理なほど、俺は興奮して射精することだけで頭がいっぱいだった。

お義母さんは、俺のアレを丹念にねぶっていく。それは、俺のアレを濡らすためという大義名分を越えて、俺をイカせようとしているように感じた。
『本当に大きいのね。みゆきは良い旦那さんもらったわねぇ。羨ましいわ』
お義母さんは、とくに高ぶる様子もなく、普通の会話のようなテンションで言う。まるで、性格が良いとか、顔が良いとかそんなことを褒めているような普通のノリだ。

「お、お義父様は大きくないんですか?」
俺は、ついそんなことを聞いてしまった。
『そうなのよ。それに、糖尿でしょ? もう、全然役に立たないのよねぇ』
お義母さんは、俺のモノを手でしごきながら言う。そう言えば、お義母さんは何歳なんだろう? 嫁の母親の年齢など気にしたこともないが、計算上、たぶん40代前半だと思う。でも、ぱっと見、40過ぎには見えないほど若々しい感じはする。でも、よく見ると、目尻のシワや、首なんかに年齢が垣間見える。

お義父さんは、少し年上の感じはする。でも、50はいっていないように思える。それでも糖尿で勃起不全なんて、人生損してるなと思う。

「じゃあ、お義父さんとは全然なんですか?」
『そうよ。たま〜に、私がお口でしてあげて終わりって感じよ』
「えっ? 入れないんですか?」
『そうよ。入れてもすぐにフニャフニャになっちゃうから、お口と手で一気にイカせてあげるのよ』
「じゃあ、お義母さんは欲求不満ですよね」
『そうなのよ。ホント、男って勝手よね』
「じゃあ、どうしてるんですか? 自分でしたりするんですか?」
『そんなこと、聞くもんじゃないわよ。恥ずかしくて言えないわ』
そう言って、お義母さんは、照れ隠しのように俺のものをくわえた。でも、その言い方では、オナニーしていますと言っているようなものだ。

「じゃあ、お義母さんのも濡らさないといけませんから、オナニーしていいですよ。俺のくわえながら、いつもみたいにオナって下さいよ」
『えっ? ホント、まさるさんは見た目と違って、サディストなのね』
お義母さんは、少しあきれたように言う。
「でも、早くしないと起きちゃいますし」
と、俺はまだ寝ている息子のことを暗示する。
『ふふ。ホント、見た目と違うのね。全然草食系じゃないじゃない』
笑いながら言うお義母さん。そして、また俺のものをくわえて舌の攻撃を始める。それだけではなく、俺が指示したように、自分の股間もまさぐり始めた。俺は、興奮しすぎてもう朝食どころではなくなっていた。でも、お義母さんは、すぐに自分の股間をまさぐる手を止めた。

『濡らす必要なんてなかったわ。ほら』
そう言って、股間をまさぐっていた手を見せるお義母さん。その指先は、ぐっちょり濡れていた。

「た、食べ終わりました!」
俺は、まだ口の中にご飯がある状態でもごもごと言った。
『ふふ。まだお口の中にいっぱいじゃない。私、まだ朝ご飯食べてないから、手伝うわ』
お義母さんはそう言うと、ためらいもなく俺にキスをしてきた。そして、俺の口の中の食べかけのご飯を舌で自分の口の中に持っていく。そして、俺から唇を離すと、もぐもぐと咀嚼して飲み込んだ。こんな事は、嫁ともしたことがない。

『ごちそうさま。じゃあ、起きちゃう前にすませちゃいましょ』
お義母さんは、そう言ってテーブルに置いたコンドームを手に取る。そして、パッケージを破くと、俺のアレにはめてきた。人にコンドームをつけてもらうなんて初めての経験だが、ちょっともどかしい気持ちもする。でも、お義母さんにこんな事をしてもらっているという、現実離れした状況に、異様なほどドキドキしてしまう。

『よし、じゃあ、入れるわね』
お義母さんは、気軽な感じで言う。まるで、料理に調味料でも入れるような感じの気軽さだ。

お義母さんは、テーブルを少しずらして、椅子に座った俺の上にまたがってくる。そして、無造作に俺のアレを握ると、自分のあそこに導き体重をかけてきた。
ぐぐぐっと、肉に包み込まれる感覚がして、俺は思わずうめき声をあげた。俺は、あまりの締まりの良さに、正直驚いていた。比べてはいけないが、嫁よりも締まりが良いと思う。

『入ったわね。じゃあ、イキたくなったら我慢しないでイッちゃってね』
お義母さんはそう言うと、腰を上下に動かし始めた。俺の極太を根元までくわえ込んでいるのに、まったく乱れることもなく、涼しい顔で腰を動かし始めた。
『ホント凄いのね。奥に当ってるわよ。こんなの、初めてだわ』
お義母さんは、普通の会話のテンションで言う。とても、セックス中の女性の会話とは思えない。でも俺は、お義母さんの声が微妙にうわずっていることと、太もも周りが時折ビクッと震えるのを感じていた。

「お義母さん、凄く締まります。こんなの、初めてです。みゆきより締まってます」
『あら? そう? ヨガが効いてるのかしら。嬉しいわ』
お義母さんは、少し頬を赤くして言う。
「おっぱいも見せてくれませんか?」
『良いわよ。はい』
お義母さんは、まったくためらわず、シャツをまくり上げておっぱいをさらす。ノーブラなので、小ぶりでピンクの乳首と、大きめの乳輪が丸見えになる。俺は、対面座位で繋がりながら、お義母さんの胸を鷲づかみにした。そして、乳首も含めて揉み始める。お義母さんの乳首は、すでにカチカチになっていて、触れた途端に、
『ん、ふぅ、まさるさん、私は良いから、早くイッて頂戴ね』
と、少しうわずった声で言う。お義母さんは、あえぐこともなく、腰を上下に動かし続ける。

俺は、乳首を重点的に触り続け、お義母さんの巨乳を堪能する。普段、嫁のBカップしか揉んでいない俺は、夢中で揉み続ける。
『ん、いいから……まさるさん、集中して。早くイッて頂戴……んっ』
お義母さんは、やっと声に甘いものが混じり始めた。そして、膣がキュンキュンとうねるように動き始めていた。リアクションの薄いお義母さんに、もう少しで俺は自信喪失するところだったが、やっと本領発揮出来そうだ。

俺は、断りもなく腰を突き上げ始めた。
『あぁっ! ダ、ダメよ、私がするから、うぅっ、止めて、あぁっ!』
お義母さんは、一気にとろけた顔になり、あえぎ声に近い吐息も漏らし始めた。
俺は、たまらない気持ちになっていた。今まで、性の対象としては一切見ていなかった女性と繋がっている……。嫁やお義父さんへの申し訳ない気持ちや、背徳感、ヤバいなと思う気持ちがごちゃ混ぜになり、うめきそうなほどの快感が生まれていた。

「この方が、早くイケますから」
俺は、腰を突き上げながら言う。
『うぅっ! ダメ、あぁぁ、深い……こんな、あぁっ、まさるさん、ダメ、これじゃ、セックスみたいじゃない!』
お義母さんは、そんなことを言い始めた。
「え? セックスじゃないんですか?」
『そ、そうよ。ただの、うぅ……性欲処理じゃない……。あぁ、あっ! ダメ、こんなの、みゆきに悪い……あぁっ! あの人にも、うぅあっ! ダメ、ダメよ、うぅっ!』
お義母さんは、あえぎながらそんな説明をする。お義母さんは、ここまでしてもセックスとは思っていなかったのだろうか? 俺さえ動かなければ、性欲処理の手伝いということになるのだろうか? 少し天然なところはあると思っていたが、ここまで独特の思考回路を持っているとは思ってもいなかった。

俺は、なぜかそんなお義母さんがたまらなく可愛いと思ってしまい、キスをしてしまった。唇を強く押し当てて、舌を差し込む俺。すると、俺を押しのけようとしながら、
『んっーっ! んんっーーっ!』
と、うめく。俺は構わずに、腰を突き上げながらキスを続ける。それだけではなく、胸も揉みしだき、乳首も強めに摘まんでいく。

必死で押しのけようとしていたお義母さん。でも、徐々に力が抜けていく。俺はお義母さんの舌をグチャグチャにかき混ぜながら、腰をガンガン突き上げる。すると、お義母さんの腕が俺の身体に巻き付いてくる。そして、ギュッと俺に抱きつく形になっていく。俺は、お義母さんの変化に喜び、さらに腰を突き上げ続ける。

すると、今度は舌も絡みついてきた。お義母さんが、荒い息遣いをしながら舌を絡めてくる。お義母さんは、強烈にキスをしながら、腰も動かし始めた。俺の動きにあわせて、ぶつけるように腰をお義母さん。一気に快感が増していく。

「お義母さん、凄く気持ちいいです。こんなの初めてです!」
俺は、興奮で頭がバカになったような感じだ。
『イ、イッて! もうイッて頂戴! こんなの、ダメぇっ、うぅっ! 手伝いじゃなくなっちゃう、うぅあっ! 早くイッてぇっ!』
お義母さんは、腰を猛烈な勢いで振りながら叫ぶ。その顔は、すっかりと快感にとろけている。でも、性欲処理の手伝いなので、感じてはいけないという気持ちがあるみたいだ。

「お義母さん、感じて下さい! お義母さんがイッてくれないと、俺、イケませんから!」
腰を突き上げながらそんなことを言うが、実際は俺はもうイク寸前だった。
『も、もうイッてるの、私、さっきからイキっ放しなの! もうイッてぇっ! こんなのダメぇ、戻れなくなっちゃうわ……。うぅっ!』
お義母さんは、とろけた顔で叫ぶ。顔を真っ赤にして、恥ずかしそうに叫ぶお義母さんを見て、俺はもう限界だった。

「お義母さん、イクっ! イキますっ! イクっ!」
『うぅあああっ! イクっ! イクぅっ! イッグゥゥッ!!』
お義母さんは、俺にしがみついて身体をガクガクッと震わせた。そして、すぐにキスをして来る。俺は、驚くほどの快感に包まれながら、必死で舌を絡めていた。

そして、そのままたっぷりと2〜3分は舌を絡めていたと思う。
「あ、ありがとうございます。凄くスッキリしました」
『そ、そう、よかったわ。こんなおばちゃん相手で、ごめんなさいね』
そう言って、立ち上がるお義母さん。アレが抜ける時に、うぅん♡ と、可愛らしい声を出したお義母さん。
『イヤだわ。私ったら、いい歳して盛っちゃって……。もう、まー君起きたかしら?』
お義母さんは、照れたようにそう言うと、脱ぎ捨てたショーツと短パンをはき、息子が寝ている和室に向かった。俺は、コンドームを処分して、衣服を整えてから、朝食の茶碗や皿をキッチンに運んでいった。
それにしても、あまりにも強烈な体験だった。背徳感のせいもあるのか、信じられないほどの快感だった。
嫁に対して不満はないが、どうしても比べてしまう。BカップとFカップ? 細身の太ももとムッチリ太もも……。なによりも、膣の締まりの良さが圧倒的にお義母さんの方が凄かった。こんな身近に、こんな最高のセックス相手がいると知ってしまった俺は、今後自分を抑えきれるか自身がなかった……。

しばらくすると、息子を連れてお義母さんがやって来た。
『はいはい、座ってくだちゃいねぇ〜。今、まんま用意しまちゅからねぇ〜』
と、でれでれで言うお義母さん。とてもさっきまで、セックスでイキまくっていたとは思えない、優しげなおばあちゃんの顔になっている。息子も、大喜びだ。そして俺のムスコも、喜んでいた……。

そして、息子の食事の相手をしたり、片付けたりしていたお義母さん。やっと落ち着いて、息子もテレビを見始めると、
「まさるさん、コーヒーでもいかが?」
と、コーヒーを淹れてくれた。良い匂いに包まれ、気持ちがリラックスしていく。椅子に座ってコーヒーを飲みながら、テレビを見る息子を眺めていると、幸せだなぁと感じる。
そして、少しだけ胸が痛む。お義母さんは、どう思っているのだろう? 表面上、まったく何もなかったような感じだ。俺の向かい側に座り、コーヒーを飲みながら息子を眺めている。優しそうな笑みを浮かべているお義母さんは、どこから見ても、清楚で上品な女性という感じだ。とても、パイパンでフェラ上手のエッチな女性には見えない。すると、お義母さんが席を立ち、廊下に出て行った。俺は、トイレかな? と思いながら、コーヒーを飲み続けた。

しばらくして戻ってきたお義母さんは、なぜか衣装が替わっていた。上は同じTシャツなのに、下は短パンからミニスカートに替わっていた。太ももが半分ほども出てしまうくらいのミニスカート……。アレは、嫁のモノだ。
『ふふ。借りちゃった』
お義母さんは、そう言うと俺の横に腰掛けた。そして、チラッと息子の方を見て、テレビに夢中なのを確認すると、俺のズボンをいじり始めた。
驚いて、何か言おうとする俺に、人差し指を口の前に立てて、
『しぃーっ』
と言ったお義母さん。俺は、ドキドキし始めていた。何をするつもりだろう? と、思う間もなく、俺はズボンを膝まで降ろされ、パンツもずらされてしまった。
そして、お義母さんは半立ちの俺のアレを取りだし、指で亀頭をもてあそぶように触り始めた。お義母さんは、何とも言えない妖艶な顔をしている。さっきまでの優しおばあちゃんの顔ではなく、発情した痴女のような顔になっている。よく見ると、Tシャツに浮いた乳首も、凄くクッキリとしている。乳首をビンビンに勃起させながら、お義母さんは何をするつもりなんだろう?

『もう、カチカチ♡ ホント、若いのね』
お義母さんは、嬉しそうに言う。そして、椅子から立ち上がり、俺の方に来ると、さっきとは逆向きにまたがってきた。対面ではなく、背面の座位。嫁とはまだ試したことのない体位だ。そして俺は、根元まで入った後で、コンドームをつけていないことに気がついた。
「ダ、ダメです。ゴムしてないです」
慌てて言う俺に、
『あら? ちゃんと外に出してね。まさるさんの、奥まで届いちゃってるから、妊娠しちゃうわ』
と、おどけた顔で言うお義母さん。一見、余裕があっておどけているように見えるが、その言葉を言った途端、お義母さんの膣は痛いくらいに締め付けてきた。自分で言っていて、興奮してしまったように思える。

そして、ゆっくりと腰を動かし始めるお義母さん。すぐむこうに、息子がいるのにこんな事になってしまい、俺は動揺していた。息子はソファに座っているので、急に振り返ったところで、何をしているのか見えないとは思うが、それでも気が気じゃない。

『ん、凄いわ……。本当に、信じられない……。あっ、んっ、んんっ』
お義母さんは、腰を妖しくうごめかしながら、甘い吐息を漏らす。必死で声を抑えようとはしている感じだが、どうしても声が漏れてしまうようだ。

俺は、今さらミニスカートの中ノーパンだったんだなと理解した。そして、後ろから両手でお義母さんの胸を揉み始めた。さすがに服は脱がさず、Tシャツの上から揉みしだく。
『ん、うぅ……。んっ、ダメぇ♡』
可愛い声を上げるお義母さん。俺は、すでにお義母さんにハマってしまった事を自覚した。

俺は、すぐにでもメチャクチャに突き上げたい気持ちになる。でも、すぐむこうに息子がいるのでそれも出来ない。もどかしい気持ちになるが、お義母さんがゆっくりと腰の上下に動かし始めた。声を出してはいけないし、音も出してはいけない状況で、お義母さんはゆっくりと腰を上下に動かしてくれる。

さっきとは違い、生でハマっているので、カリ首に絡みついてくる肉の感触が生々しい。俺は、気持ちよさと興奮でおかしくなりそうだった。見える位置に息子がいるのに、止めることも出来ない。

『ん……ふぅ……。ん、んっ、あぁ……』
お義母さんは、必死で声を抑えている。歯を食いしばるようにしながら、ゆっくりと腰を動かし続けるお義母さん。驚くほどエロい顔になっている。

俺は、Tシャツ上から乳首を摘まんだ。痛いと思うくらい、思いきり摘まむと、
『ぅうっ、ふぅっ、あぁぁ……』
と、少し大きめの声をあげながら、俺の方に振り返って見つめてくるお義母さん。その顔は、すっかりととろけてしまっている。
『ダメよ、声……出ちゃう……』
切なそうな顔で言うお義母さん。さっきから、膣がキュンキュン締まっている。俺は、こらえきれずにキスをした。背面座位で振り返りながら、少し窮屈そうにキスをするお義母さん。舌が濃厚に絡みついてくる。俺は、もうメチャクチャに突きまくりたかった。

「のろ、かわいたぁ〜。おばあちゃん、ジューチュー」
と、可愛らしい息子の声がした。俺もお義母さんも、ビクッと身体震わせて、慌ててキスをやめた。

息子は、こっちを見て不思議そうな顔をしている。お義母さんは、慌てて、
『今もってくわよ〜。テレビ見ててね!』
と、うわずった声で言った。
「うん!」
息子はそう言うと、またテレビを見始めた。お義母さんは、慌てて立ち上がるとスカートを元に戻し、冷蔵庫を開けた。そして、アップルジュースをコップに注ぐと、すぐに息子のところに持って行った。

「おばあちゃん、ありがと〜。パパとだっこっこしてたのぉ〜?」
息子は、不思議そうに聞く。
『そ、そうよ。疲れたから、座らせてもらってたのよ』
お義母さんは、しどろもどろで、訳のわからないことを言う。
「へへ。あかちゃんみたいらね〜」
息子はそう言うと、ジュースを飲みながら夢中でテレビを見始めた。俺は、かなり動揺してしまった。でも、なんとかごまかせたと思う。

お義母さんも、少し青い顔で戻ってきた。俺は、無言でお義母さんの手を引き、トイレの方に引っ張っていく。
『まさるさん? どうしたの?』
お義母さんは、ドキドキしているような感じだ。さすがに肝が冷えたのだと思う。

俺は、強引にお義母さんをトイレに連れ込むと、鍵をかけた。そして、すぐにお義母さんを抱きしめ、キスをした。お義母さんは、一瞬目を見開いて驚いた顔になったが、すぐに舌を絡めてきた。そして、お互いに夢中で舌を動かして濃密なキスをする。こんなに激しいキスをするのは、初めてかもしれない。嫁ともしたことのないようなキスを、お義母さんとしてしまう……。それは、背徳感にあふれていて、禁断の蜜の味がした。

お義母さんは、キスをしながら俺のアレをまさぐり始めた。そして、しばらくズボンの上からまさぐった後、我慢しきれないように俺のズボンを降ろし始めた。パンツも一気に引きずり下ろすと、スカートをまくり上げて後ろを向いた。俺は、すぐにバックで挿入した。お義母さんのあそこは、トロトロになっていて、蜜でグチャグチャに濡れている。俺が腰を動かし始めると、グチョッ、グチョ、ヌチョッと、大きな水音が響く。

『んんっーっ! んっ! あっ! あぁっ! ダ、ダメぇ、もう、イ、イクっ! イクっ! うぅっクゥッ!!』
お義母さんは、すぐに身体を震わせて果てた。ガクッと腰が落ちるように脱力したお義母さん。でも、俺は腰をガシッとつかんで引き寄せ、腰をでたらめに振り続ける。

『んんっ! んぅっ! うふぅ、お、おぉぉおおっっ、す、凄いぃ、こんな、あぁっ! 奥、奥が凄いのぉ! ダメぇ、イクっ! イクっ! もっとしてぇっ!』
お義母さんは、必死で声のボリュームを抑えようとしているが、それでも結構な声が漏れている。俺は、少しヤバいなと思いながらも、もう止らなかった。
「お、お義母さん、凄いです。みゆきよりも良いっ!」
『うぅああぁあぁっ! 私も! あの人よりいいのぉッ! もっと、もっとしてぇっ! 突き殺してぇぇっ!』
お義母さんは、我を忘れてあえぎ続ける。声のボリュームも、どんどん上がっていく。俺は、さすがにヤバいと思い、お義母さんを振り向かせ、キスをした。

キスで口を塞ぎながら、セックスを続ける俺とお義母さん。もう、ケダモノのようだ。
「あぁ、もうダメ、イキそう……」
俺がうめくように言うと、
『イッてぇっ! お、奥にぃッ! 奥に出してぇっ!』
と、とろけきった顔でうめくように言うお義母さん。俺は、ヤバいという気持ちと、このまま出したいという気持ちで揺れた。
『イクっ! イクっ! すごいぃぃっ! 凄いの来るのぉッ! 一緒にぃッ! マサルさん、一緒にイッてぇっ! んおおおぉおおおぉおおぉっ!』
でも、お義母さんの狂ったようなあえぎ方に、俺はもう限界だった。思い切り腰を押し込みながら、お義母さんの一番深いところに射精してしまった。

『うぅぅっ! うぅぅうぅぅーっ! 死ぬぅぅ……おまんこ死んじゃうぅっ……』
お義母さんは、思い切り羽を食いしばりながら、うめくように言うと、そのまま床にストンと落ちてしまった。そして、ふたの閉った便器に身体をもたれさせながら、荒い呼吸をしている。乱れたスカートの中、肉付きのよいお尻が見える。そして、太ももに俺の精液が垂れ流れているのが見えた。

やってしまった……。まだ、お義母さんは妊娠可能のはずだ……。俺は、あふれ出る自分の精液を見ながら、ヤバいと思っていた。

すると、とろけた顔のお義母さんが、俺のモノをパクッとくわえてきた。そして、丁寧にお掃除フェラをしてくれる。俺は、うめき声をあげながら、快感に震えていた。

『ふふ。ホント、凄いのね。死んじゃうかと思ったわ』
とろけた顔でお義母さんが言う。俺は、なんと言っていいのかわからず、とりあえず謝った。
『良いのよ。まー君昼寝したら、続きしましょうね♡』
お義母さんは、少女のような無邪気な笑みを浮かべながら、俺にキスをした。俺は、嫁が出産したら、次はお義母さんが出産かな? と思いながら、すでに勃起していた……。

最終回

みゆきの出産は無事に終わり、エコーでわかっていたとおり、男の子が生まれた。長男よりも短時間で生まれ、嫁の身体の負担も少なかった。そして、4人+1人の生活が始まった。+1は、お義母さんだ。しばらく落ち着くまでは、同居してくれるということになった。長男のときも、3か月近く同居してくれて、本当に助かった。

ただ、長男の時と違うのが、俺がお義母さんと肉体関係を持っていることだ。さすがに、みゆきが戻ってきてからは、一度もそういうことはしていない。次男が生まれた喜びと、まだ2歳の長男と次男の世話で、バタバタの毎日だったからだ。

でも、2週間も経つとかなり落ち着いてくるし、お義母さんがそれとなくアイコンタクトのようなことをしてくるようになっていた。嫁に感づかれないだろうかとヒヤヒヤしながらも、そのスリルを楽しんでいる俺もいた。

家族が増えて賑やかになった食卓。夕ご飯はお義母さんが作ることが多い。嫁は、脇のベビーベッドで寝ている次男の顔を微笑みながら見ている。さっきおっぱいをあげて、今寝たところだ。嫁は、お義母さんが作ってくれた夕飯に箸をのばす。
『美味しい! いつもありがとうね』
お義母さんにお礼を言いながら、パクパクと食べる嫁。貧血も出なくなったし、もうすっかりと体調もよくなったみたいだ。

『いっぱい食べるのよ。純ちゃんに良いおっぱいをあげなくちゃね』
お義母さんは、次男の寝顔を見ながらいう。とても、あんな淫らな一面を持っているとは思えない、優しい顔だ。良いおばあちゃん……。と呼ぶにはまだ若すぎる気はする。

『パパもいっぱい食べないと! お母さんいなくなったら、こんな美味しい夕ご飯じゃなくなるからね』
嫁は、おどけたようにいう。家族も増えて、お義母さんもいることで、嫁は上機嫌だ。でも、そんな嫁を見ていると、罪悪感も感じてしまう。
『みゆきも頑張らないとね』
お義母さんが優しい顔で言う。娘に対する、優しい母親の顔だ。こういう感じのお義母さんを見ていると、あの淫らな姿は幻だったのかな? と、思ってしまう。

そして、食事が終わり、子供たちを風呂に入れる。大騒ぎでそれが終わると、寝室で嫁と次男が、私の部屋で長男と私が寝る。お義母さんには和室で寝てもらっている。

まだそれほど遅くない時間だが、長男を寝かしつけているうちに、俺も眠くなってしまい、そのまま寝てしまうことも多い。今日も、いつの間にか爆睡してしまった。

モゾモゾと、股間のあたりをまさぐられている感覚で目が覚めた。すると、俺のパジャマの下は脱がされていて、パンツまで剥ぎ取られていた。そして、むき出しになったアレをくわえられていた。

一瞬で覚醒し、確認すると、お義母さんがくわえ込んでいた。まだ、俺が起きたことに気がつかないお義母さんは、夢中で俺のモノを口で責めていた。ヌチョヌチョという水っぽい音を響かせながら、激しく頭を振るお義母さん。俺は、一気に快感がこみ上げてくる。寝ていても、こんな風に責められると、射精感は高まるようだ。

【続きは、こちらからです】

会員様ログインはこちらから
【会員様ログインページ】

・妻が不倫相手を嫉妬させるために廻されていたー完ー
・僕の出世のために、部長のセクハラに耐える妻(kindle)
・夜な夜な響く、お隣の元ヤン若妻のあの声8
・妻が不倫相手を嫉妬させるために廻されていた6
・後輩に男の娘動画を見ていることがバレて
・タイで妻に内緒で性感マッサージを受けさせてみたら6
・家賃の代わりに夜伽を求める大家さんー完ー
【リクエスト作7後編】ついにあの子が他人に抱かれイキまくる!嫉妬したサマスカが興奮してあの子を突きまくる超NTR
【本日の人妻体験、寝取られ体験ランキング】