【オリジナルコンテンツ一覧・ログイン】
【パスワードやIDがわからなくなった時はココ】
【会員ページのご説明。入会・退会フォーム】

出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた(オリジナル 転載不可)

妻が綺麗になったワケ ダウンロード販売

3ヶ月の海外出張から帰ってくると、嫁が変わっていた。もともと優しい女性だったが、過剰なほど優しくなっていた。マッサージをしてくれたり、晩酌をしてくれたり、こちらが申し訳なく思うほど尽くしてくれる。
もともと、仲が悪かったというわけでもないが、最近の嫁は少しやり過ぎなくらいに私にサービスしてくれる。

風呂に入っていても、いきなり全裸で入ってくる。帰国した当日もいきなり入ってきて、
『身体洗ってあげるね』
と、そんな風に言う嫁。私は、息子のことを気にして平気かと聞く。すると、ゲームをやってるから大丈夫だと答えた。嫁の身体は、本当にイヤらしい身体をしていると思う。むっちりしているというか、少しポチャッとした感じだ。でも、デブというわけではなく、抱き心地の良さそうな身体という感じだ。
身長157cm、体重は多分50kg前後。胸が大きく、少し垂れ気味だ。それなりに加齢を感じる部分だが、肌の色は抜けるように白い。

『パパ、寂しかった? お疲れ様でした』
そんな事を言いながら、スポンジで私の身体を洗ってくれる。こんな事は、今まで一度も無かった。と言うか、一緒に風呂に入るなんて、子供が生まれてからは初めてだったと思う。

一通り身体を洗うと、今度は手の平にボディソープをつけて股間を洗ってくる。さすがにそこはいいよと言ったが、
『これくらい、させてください。本当にお疲れ様でした』
と、言って洗ってくれる。
『じゃあ、そこに座ってくださいね』
嫁は私を風呂の縁に座らせる。どうして? と、思っていると、嫁は私のペニスをおっぱいで挟んでしまった。そして、パイズリみたいにしながら、
『スポンジの代わりにこれで洗いますね』
と、言う。私は、3ヶ月の禁欲生活だったこともあり、抵抗することもなく、興奮状態でそれを受け入れた。
『あなた、溜まってるでしょ? いつでも出してくださいね』
嫁は、そんな事まで言う。今までに、こんな事は一度も無い。私は、3ヶ月も家を留守にして、嫁も寂しかったんだろうなと思った。

嫁は、ぎこちないながらもパイズリを続けてくれる。でも、正直それほど気持ち良くはない。多分、私のペニスが短めなので、ちゃんと包み込まれていないからだと思う。

すると、嫁は私のペニスをくわえてくれた。すぐに舌もカリ首に絡みついてくる。私は、あまりの気持ちよさに声が漏れてしまった。
『気持ちいいですか? いつでも出してくださいね』
そんな事を言いながら、嫁はフェラチオを続けてくれる。舌がカリ首に巻き付き、本当に気持ちいい。嫁は、そのまま竿を甘噛みしてくれたり、睾丸を口に含んだりしてくる。今まで、ここまでされたことはない。
私は、軽い疑念を感じながらも、我慢しきれずに嫁の口の中に射精をしてしまった。

嫁は、それをすぐに飲み干し、
『いっぱい出ましたね。ごちそうさまでした』
と、笑顔で言う。精液を飲み干した上に、ごちそうさまとまで言う……。私は、嫁の身に何か起きたのではないかと不安が大きくなった。でも、その後も嫁はサービス満点で、夜もベッドの中で私にちょっかいを出してきた。帰国したばかりで正直クタクタだったけど、久しぶりで嬉しいという気持ちが大きかった。
『あなた、疲れてるのに申し訳ないですけど、お願い出来ますか?』
嫁は、恥ずかしそうに言う。私が、喜んでOKすると、嫁はすぐに私の服を脱がせ始めた。私は、嫁がいままで一度も無いくらいに積極的で驚いてしまった。そして同時に、寂しい思いをさせていたんだなと反省もした。

嫁は、すぐに私の乳首を舐めてくる。そして、同時にペニスも手でしごいてくる。嫁の乳首の舐め方は本当に一生懸命で、必死な感じがする。そこまで一生懸命にしなくても、とっくに私のペニスは勃起している。私は、攻守交代と思い、彼女の胸を触り始めた。そして、甘い声をあげ始めた嫁を仰向けに寝かせ、上になって乳首を舐め始めた。
『あなた、気持ちいいです。もっと舐めて下さい』
荒い息遣いでそんな言葉を言う嫁……。以前のセックスでは、そんな言葉を口にしたことはない。声を押し殺しながら、吐息のようなあえぎ声を出すだけだった。私は、いくら何でも変わりすぎなのではないか? そんな風に疑念を感じてしまった。

私は、嫁の固くなった乳首を舐め続ける。そして、指でも触り続ける。嫁は、時折身体を震わせたりしながら、甘い声をあげ続ける。久しぶりだからか、やたらに敏感な気がする。

私は、疑念と興奮を感じながら、彼女のアソコに手を伸ばした。すると、嫁は私の手を振りほどこうとする。
『恥ずかしいです』
そんな言葉を口にする嫁。私は、なぜかその仕草に強く興奮し、強引に嫁のアソコに指を這わせた。
『あっっん、うぅ、パパ、気持ちいいです』
嫁は、さらにとろけた声をあげる。私は、すごく濡れているなと思いながら、彼女のクリトリスの辺りを触り続けた。息遣いもあえぎ声もどんどん大きくなる嫁、でも、私は気がついた。彼女のアソコの周りに毛がないことに……。と言っても、パイパンになっているわけではない。恥丘のあたりにはちゃんとヘアがある。でも、陰唇周りやお尻の方には、1本もヘアがない感触だ。
嫁は、毛深いという事はないが、それでも普通にヘアは生えていた。陰唇周りやアナル周りにも、多少はあった記憶だ。

私は、どうしたのか聞こうと思ったが、疲れているせいもあってか何も聞けなかった。そして、コンドームをつけて挿入し、いつも以上に甲高い声で鳴く嫁に興奮しながら腰を振った。
ただ、すぐに限界が来てしまった。おそらく、2分も持たなかったと思う。私は、うめきながら射精した。

『あなた、気持ち良かったです。本当にお疲れ様でした。愛してます』
嫁は、熱のこもった声で言ってくれた。私は、嫁のその表情と言葉に、疑念が消えていくのを感じた。考えてみれば、久しぶりで張りきっただけだと思う。ヘアにしても、身だしなみでそうしただけだと思う。最近は、ブラジリアンワックスだって流行っているそうだ。

『あなた、綺麗にしますね』
嫁はそう言うと、慣れた動きでコンドームを外し、私のペニスをくわえてきた。そして、舌で舐め回すようにして清め始めてくれた。こんな風に、セックスが終わった後にフェラチオしてもらうなんて、初めての経験だ。私は、くすぐったいなと思いながらも、雄としての満足感を感じた。

気がつくと私は寝てしまっていた。時差ボケや疲れのせいもあると思う。ふと気がつくと、部屋は真っ暗だった。起き上がろうと思ったが、嫁の荒い息遣いに気がついた。暗闇の中、嫁の方を見ると、
『んっ、んぅ、うぅ、あっ』
と、嫁の吐息と荒い息遣いがする。私は、驚きながら目をこらした。すると、嫁が股間の辺りをまさぐっていた。オナニーをしている? 私は、心底驚いていた。女性もするとは知っているが、嫁がそういう事をする女性だとは思っていなかった。私は、ドキドキしながらも、さっき私があまりに早くイッてしまったので、嫁は満足出来なかったんだなと思った。そして、申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

でも、気がつくとまた寝てしまっていた。よほど疲れていたのだと思う。次の日は休みだったので、午前中から息子と遊んだ。嫁が買い物に行った後、私がいなかった間、どうだった? と、質問すると、ばあちゃんと沢山遊べて嬉しかったと言った。
私は、よかったねと言いながらさらに話を聞くと、ちょくちょく泊まりに行っていたみたいだ。ママは? と、聞くと、お家で留守番してたという。私が出張に行く前は、嫁の実家に泊まりに行く事は年に2~3回程度だったし、嫁も一緒に泊まっていた。

私は、嫁は何をしていたのだろう? と、一気に疑念が大きくなってしまった。そして、息子が遊び疲れて昼寝を始めたタイミングで、家の様子を確認した。とくに何か変わったところはなかったが、気のせいか嫁の化粧品が増えた気がする。でも、確証は持てない。
そして、少し気が引けたが、嫁のクローゼットの中を探った。すると、衣装ケースの奥に、巾着袋に入ったバイブが見つかった。それも、一本ではなく三本も……。

私は、凄く驚いたが、ちょっとだけホッとしていた。浮気の証拠でも出てきたらどうしようと思っていたが、オナニー道具だったことで安心した。同時に、寂しかったんだなと申し訳ない気持ちになった。
それにしても、三本もあるのには驚いた。一本はクネクネと動くような感じの、一般的にイメージするような形の電動バイブだ。そして、後の二本は電動部分のないタイプのディルドとか張り型と言われるようなタイプの物で、底の部分に吸盤がついている。
一本はかなり大きなタイプの物で、ぱっと見の感じが500mlのペットボトルのような印象だ。実際はさすがにそこまでの大きさはないが、普通の日本人ではあり得ないようなサイズ感だ。
もう一本の方は、それよりはかなり小さな感じだが、不自然なくらいに反っているフォルムだ。三本を使い分けているのかな? と、色々と想像してしまった。そして、嫁がこんなものでオナニーをしていると思うと、妙に興奮してしまう。
私は、袋にしまって戻そうとした。でも、巾着袋の奥に、ガラケーが入っているのに気がついた。嫁は、スマホを使っている。前に使っていたヤツかな? と、思ったが、見覚えがない。私は、急にまた嫌なイメージが膨らんでしまった。
スリープを解除すると、懐かしい感じのガラケーのトップ画面だ。ロックもなにもかかっていない。電話帳や履歴、メールなどを確認したが、何もない。と言うよりも、初期設定のままという感じだ。試しに天気予報に電話をかけてみると、普通にかかる。と言う事は、契約の生きているSIMカードが刺さっていると言うことだ。私は、どう判断して良いのかわからなくなってしまった。

私がいない間、息子を一人で実家に泊まりに行かせていた。そして、大人のおもちゃとガラケーを隠している。状況としては、かなり黒い気がしてしまう。ただ、嫁はこの後も過剰なほど私に尽くしてくれるし、優しかった。

一度疑念を抱いてしまうと、もう悪いイメージしか湧かなくなってしまう。そのまま2週間ほど過ごしたが、嫁の事を調べることに決めた。こっそりと嫁のスマホをいじり、マップのタイムラインの設定を変えた。そして、私のスマホでも嫁のアカウントを追加して、私のスマホでもタイムラインを確認出来るようにした。

次の日、朝から確認していると、息子を送り出した後、嫁がすぐに出かけるのがわかった。そして、1時間以上も同じ場所にいる。それは、近所の一軒家だ。でも、覚えがない。誰の家なのか、まったく心当たりがない。タイムラインで見る限り、すでに1時間30分経過している。

私は、悪いイメージを持っていただけに、たまらずに行動に移った。適当な理由をつけて会社を出ると、その一軒家を目指す。そこは、自宅から5分もかからない位置にあるが、やっぱり見覚えがない。
家は古い感じだがかなり大きく、安価な建て売りと言う感じではない。車庫にはBMWの7シリーズが停まっているので、それなりに余裕のある家なんだと思う。

私は、訪ねようかどうか迷った。そもそも、このタイムラインの位置情報は、どの程度の精度なのだろう? でも、周りを見ても嫁が立ち入りそうな場所はない。私は、意を決してインターホンを鳴らした。なんと言おうか迷っていると、意に反していきなりドアが開いた。
おそらく50歳前後の白髪交じりの男性が、
「はい、どちら様?」
と、穏やかな顔で話しかけてくる。男性は、落ち着いた感じの温和そうな見た目だ。学校の先生とか、町のクリニックの内科医という印象だ。私は、いきなり対面したことで、泡を食ってしまった。でも、チラッと見えた玄関に、見覚えのある女性ものの靴があることで我に返った。
「私の妻がお邪魔しているみたいですが」
私がそう言うと、男性は一瞬目を見開いた。でも、すぐに元の表情に戻り、
「何かの間違いではないですか? いきなり失礼だと思いますよ」
と、落ち着いた口調で言う。私は、一瞬躊躇したが、どう見ても嫁の靴だと思い、強引にドアを開けて中に入った。そして、嫁の名前を呼びながら家に上がり込む。しかし、不思議なほど男性は落ち着いていて、私を止めようとしない。
そして、リビングのドアを開けると、ソファの上に嫁が座っていた。嫁は、見たことがないブラウスとスカートを穿いていて、清楚な若妻という雰囲気だ。とくに着飾ったという感じではないが、いつもよりも綺麗に見える。

「桃子! なんでこんなところにいるんだ!」
私は、声を荒げていた。たぶん、こんな風に強い口調で嫁に話しかけるのは初めてだと思う。
『あ、あなた、違うの。こちらは、松井さんです。この前、奥さんがお亡くなりになった……』
嫁は、そんな風に説明を始めた。息子の小学校のママ友で、優子さんという人がいた。その人は、私が出張に出る少し前に乳がんでお亡くなりになった。そして、この男性はその夫で、自宅で仕事をしている自営業者だそうだ。
嫁いわく、故人を偲びながらお茶をしていただけだという。

「ご主人、申し訳ありません。誤解を招くような行動をしてしまいました。私も、つい寂しくて奥様に話し相手になってもらっていました」
男性は、大げさに見えるような言い方で謝ってくる。私は、躊躇してしまった。確かに、嫁は服を着ている。そして、リビングのテーブルには、お茶とお茶菓子がある。セックスをしていたようには見えない。

私は、それでも怒りが収まらない状態で、嫁の手を引っ張って無理矢理歩き出した。
「桃子、帰るぞ!」
そう言って、私は強引に嫁を連れ出した。嫁は、青白い顔をしているが、何も言ってこない。私は、そのまま自宅まで嫁を連れ帰った。

「圭太が泊まりに言っている時も、会っていたんだろ!」
私が問い詰めると、夕ご飯を作りに行っていたと認めた。
『でも、それだけです。本当に、いかがわしいことはしていません』
嫁は、青白い顔で言う。きっぱりと言い切っているが、声が震えている。昔から、嘘のつけない性格だ。私は、そんなのはウソだと問い詰めた。

すると、うつむいてボロボロと涙をこぼす嫁。本当に何もないんですと言い続ける。でも、私は気がついた。嫁のブラウスに、クッキリと乳首が浮いている。
「なんでブラジャーをつけてないんだ!」
私は、また声を荒げてしまった。正直、ただお茶をしていただけという言葉を信じかけていた。ママ友の話も知っていたし、嫁が裏切るようなことをするとはとても信じられないからだ。でもノーブラでお茶なんてしないはずだ。嫁は、口ごもりながら付け忘れただけだという。でも、嫁は貧乳と言うよりは、巨乳寄りだと思う。ブラをつけ忘れるなんてあり得ないと思う。

私は、ウソをつけと叫びながら、嫁のブラウスを引き剥がすように脱がしていく。ボタンが飛ぶ音がして、嫁が小さな悲鳴を上げたが、かまわずに脱がせていく。

すると、見慣れた嫁の胸が姿を見せる。20代の頃と比べると、多少垂れてきたと思うが、それでもとてもセクシーな胸だと思う。別に、脱がせたところで何かわかるわけでもないが、冷静さを失った私は一気に脱がせた。
「そんな格好で男と二人きりで、何もないはずないだろ!」
『ほ、本当です。やましいことはしてないです』
嫁はあくまでそんな風に言う。私は、怒りのままに嫁のスカートをまくり上げようとした。すると、嫁は激しく抵抗する。
『い、いや、ダメ、あなた、許して』
嫁は、スカートの裾を掴んでまくり上げられるのを防ごうとする。でも、男の力には勝てず、結局スカートはまくり上げられた。
「なんだこれは! こんなの穿いてたのか!」
私は、スカートの中を見て絶望的な気持ちになった。それは、下着と言うよりは、ボンデージの衣装のようなショーツだ。黒の革で出来ていて、股間の部分が不自然に膨らんでいる。
『ち、違うの、これはその……私の趣味なの』
嫁は、顔を真っ赤にし手ながら言う。私は、その革のショーツを引きずり下ろし始めた。嫁は、観念したのかほぼ抵抗がない。でも、すぐに手応えがおかしいことに気がついた。すんなりと脱がせることが出来ない。なにか、抵抗感がある。すると、ズルンという感じでショーツが脱げた。
『うぅ、あぁ』
嫁がうめき声を上げる。ショーツには、内側にディルドのようなものがついていた。それは、驚くほど大きく、確実に私のペニスよりも大きい。こんなものが入っていたのに普通に歩いていたのかと思うと、心底驚いた。
「な、なんだこれは……どういうことだ……」
私は、理解が追いつかない。
『それは……。私のイヤらしい趣味です……』
嫁は、説明を始めた。私がいなくなり、欲求不満になっていた。そして、大人のおもちゃでオナニーをしていたそうだ。そんな時、たまたま松井さんに会い、お線香を上げさせてもらうために家に行ったそうだ。それがきっかけだそうだ。
そして、最初は同情心からお昼を作ってあげたりしてそうだが、そうこうしているうちに、スリルを味わうためにこんなハレンチな下着を身につけて松井さんの家に行くようになったそうだ。
ただお茶をしているだけなのに、服の下はこんなハレンチな格好をしている……。そんなスリルに酔ってしまったそうだ。私は、一瞬信じかけた。あの隠していたバイブ達とも整合性の取れる話だと思った。

でも、私は嫁を押し倒した。
「ウソをつけ! そんなヘンタイみたいなこと、桃子がするとは思えない! 本当に抱かれていないのか確かめてやる!」
私はそんな事を言いながらズボンとパンツを一気に脱ぎ、嫁に覆いかぶさって挿入した。嫁は、観念したように無抵抗だった。さっきまで太いものが入っていただけに、あっさりと根元まで入ってしまった。でも、強烈な違和感を感じてすぐに抜いた。

「な、なにが入ってるんだ?」

【続きはこちらの会員ページから】

会員様ログインはこちらから
【会員様ログインページ】

・2017年 寝取られ作品ランキング
・完全オリジナル体験談一覧表
・意地っ張りな俺は、嫁が昔のバイト仲間と会うのを許してしまった
・妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました完
・親友が、新婚の若妻を抱いてくれと言ってきた2
・個室ビデオで見たAVに、若い頃の妻が出演していた
・妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした4
【本日の人妻体験、寝取られ体験ランキング】


不倫相手に貸し出しされて輪姦される人妻さん



独り暮らしの義父が


僕の妻を、お歳暮として送ります


浮気するあなたにもう一度振り向いて欲しいから 今日私は他人に抱かれます


アイツが知らない彼女の××× ~冴えない僕がリア充の彼女を寝取って中出し~