【オリジナルコンテンツ一覧・ログイン】
【パスワードやIDがわからなくなった時はココ】
【会員ページのご説明。入会・退会フォーム】

セックスが出来なくなった嫁が、オナホで抜いてくれるようになった本当の理由(オリジナル 転載禁止)

『あなた、お疲れ様。今日はどうしますか?』
妻の涼子が、少し恥ずかしそうに聞いてくる。私は、毎週金曜日のお約束に、すでに興奮して勃起していた。私が、お願いするよと声をかけると、涼子は私に覆い被さるようにしてキスをしてきた。

小ぶりな舌が私の口をこじ開け、口内に侵入してくる。荒い息遣いでキスをしてくる涼子に、私は激しく興奮していた。私の方からも舌を絡め、彼女の小柄な身体を抱きしめる。
結婚して10年経ち、彼女も30半ばになる。子供も産んだし、仕事をしているわけでもない。それでも、彼女は20代の頃の体型を維持していて、スリムで若々しい身体をしている。

涼子は、私とキスをしながら股間に手を伸ばしてきた。細い指が、パジャマのズボンの上から私のペニスをまさぐってくる。すでに完全に勃起している私は、カリ首を刺激されて声を漏らしてしまう。
『フフ。もうカチカチ。あなた、興奮しすぎですよ』
優しい口調で言う涼子。私は、この時点で完全にコントロール下におかれているなと感じていた。
涼子は、私のパジャマの上着をまくり上げる。そして、むき出しになった私の乳首に舌を這わせる。焦らすように、そして強くこすりつけるように舌を使う彼女……。本当に、愛撫が上手くなったなと感じる。
『乳首もカチカチ。ホント、敏感ね』
涼子は、いたずらっぽく笑いながら言う。私は、なんとなく恥ずかしくなってしまう。そして、恥ずかしさをごまかすように、涼子の胸を揉み始めた。パジャマの上からでも、柔らかい胸の感触が伝わってくる。ブラジャーをつけていないので、多少垂れた感じはするが、それでも張りのあるみずみずしい胸だと思う。

息子を妊娠するまでは、貧乳と言った方が良い感じだった。でも、妊娠して出産し、母乳で息子を育てると、胸は大きくなったままで小さくならなかった。たぶん、DとかEカップくらいはあると思う。

どちらかというと可愛らしい系で、ロリっぽい印象のある涼子だけど、胸は成熟した大人の身体だ。そのギャップが、私はたまらないと思っている。

私は、パジャマの上から涼子の乳首を探り当てる。そして、つまむようにして愛撫を始めた。
『ン、ふぅ、あなた、気持ちいいです』
涼子は、本当に恥ずかしそうに言う。いまだに、涼子は恥ずかしがりなままだ。15年近い付き合いなのに、いまだに恥じらう涼子を見て、本当に可愛いなと思う。

すると、涼子が私のパジャマのズボンとパンツを脱がせ始めた。あっという間に下半身裸にされた私。ガチガチに勃起したペニスは、先走りで濡れて光っているのがわかる。

涼子は、
『すぐ爆発しちゃいそうだね』
と、恥ずかしそうに言いながら、舌を這わせ始めた。涼子の小さな舌が触れると、ゾクゾクッと快感が走る。涼子は、私のカリ首を重点的に舐め回しながら、睾丸にも舌を這わせたりする。涼子は、嬉しそうな顔で私のペニスを舐め回しながら、
『気持ちいい? まだ出しちゃダメだよ』
と、楽しそうに言ってくる。私は、正直、かなり射精感が高まっているが、必死で堪えた。涼子は、口を開けると私のペニスをくわえ込んでいく。そして、唇をすぼめ、引っかけるようにして愛撫を続けてくれた。

付き合い始めた頃の涼子は、フェラチオなんてした事もなく、当然のことながら下手くそだった。でも、今ではそれだけで射精させれてしまいそうになるほどのテクニックになっている。

「も、もう出そう」
私は、ギブアップという感じで声を漏らす。すると、涼子は嬉しそうに、
『ダメ~。まだ、お楽しみはこれからでしょ?』
と、言った。そして、ひな子は私のパジャマを全部脱がせ、自分も上半身裸になっていく。

大きな胸が、揺れながら姿を見せた。妊娠してから巨乳になったせいもあるのか、それほど垂れていない形の良い胸があらわになっている。少し大きめの乳輪と、授乳で大きくなった乳首が、イヤらしい感じに見える。

涼子は、いつものようにサイドテーブルの上のオナニーホールを手に取ると、ホールの中にローションを満たしていく。そして、私のペニスにかぶせるようにしてハメていった。

ニュルンとした感触と、絡みついてくる感覚……そして、本物の膣よりもきつい締め付けの感じ。私は、思わずうめき声をあげてしまう。

『気持ちいい? すぐイッちゃダメだよ』
涼子は、いたずらっぽく微笑むと、オナホを動かし始めた。気持ち良すぎてくすぐったいような感覚になりながらも、思わず声が漏れる私……。涼子は、微妙な速度で動かし続ける。焦らすような速度で動かされると、思わず腰が浮いてきてしまう。

私は、あえぎ声のようなものを漏らしながら、涼子の胸を揉み始めた。カチカチになった乳首……。涼子も、興奮しているのがわかる。私は、その乳首を指でつまむように触りながら、必死でイクのを堪え。続ける
『んっ、んぅ、気持ちいい。パパ、もっと強く』
涼子は、甘えたような声をあげながらオナホを動かし続けている。私は、涼子の甘い吐息を聞きながら、興奮が高まるばかりだ。すると、涼子が私の乳首を舐め始めた。

乳首を舐めながら、オナホの速度を速くする涼子……。私は、一気に射精感が高まり、我慢出来ない状態になる。
「ダ、ダメだ、出る」
私があえぐように言うと、涼子はオナホの動きをほとんど停止するくらいにゆっくりにしていく。私は、焦らされて切ない気持ちになりながら、動かして欲しいと涼子にお願いした。
『フフ。もうイッちゃうの? もっと我慢しないと』
涼子は、イヤらしい舌使いで私の乳首を舐めながら、ゆっくりとオナホを動かし続ける。私は、イク寸前の状態を維持されて、堪えきれなくなっていく。イカせて欲しいとお願いすると、
『良いよ。いっぱい出してね』
と、涼子は良い笑顔を見せ、オナホを早く動かし始めた。私は、涼子の腕を掴むようにして快感に身を任せる。すると、涼子が私にキスをしてくれた。
私は、必死で舌を絡ませながら、オナホの中に射精を始めてしまった……。

『いっぱい出たね。気持ち良かった?』
涼子は、オナホをかぶせたまま聞いてきた。私は、荒い息遣いのまま、気持ち良かったと答える。
『ゴメンね。私が出来ないばっかりに……』
涼子は、さっきまでの小悪魔っぽい雰囲気が嘘のように、申し訳なさそうに謝ってきた。

涼子とは、この数年セックスをしていない。正確には、こんな風にエッチな行為はしても、挿入はしていないと言う感じだ。
涼子の、原因不明の下腹部の痛み……それが理由だ。いろいろな検査をしても、病気は見つからなかった。医者の話では、更年期の初期症状やストレスなどが考えられると言う事のようだ。

私は、そんな状態の涼子と無理にセックスをするつもりはなかったし、オナニーで処理をすれば良いと思っていた。でも、涼子の提案で、オナニーを手伝ってくれるようになった。そして、それが徐々にエスカレートして、今ではオナホで抜いてくれるようになっていた。

挿入出来ない寂しさはあるが、圧倒的な快感に、私は満足していた。そして、射精が終わると、涼子は私に抱きついて甘えた仕草を見せてくる。私は、彼女の頭を撫でながら、強烈な眠気に勝てなくなっていった……。

こんな感じで、少しいびつな性生活を送っているが、夫婦仲は良好だった。それが、ある日の休日、ソファの隙間にライターが落ちている事に気がついてしまった。

私は、料理やアロマキャンドルなんかのために使うのかな? と、思った。でも、側面にタバコの銘柄が書いてあり、おそらくタバコを買うと貰えるライターのような感じだった。

私は、ママ友で吸う人がいるのかな? と、特に気にもとめなかった。そして、なんとなくそれを元の場所に戻した。

ただ、そのことがあって以来、私の中でモヤモヤしたものが生まれてしまった。もしかして、浮気? そんな疑念も浮かぶ。でも、浮気と言っても、涼子はセックスが出来ない。浮気のしようがない気もする。

私は、考えすぎだなと思いながら、日々を過ごしていった。そんなある日、なんとなく気になって、お風呂に入るときに洗濯機の中を探った。すると、ネットに入れられたランジェリーが見つかった。
普通の下着とは別にされ、奥の方に押し込まれていたそれは、黒のレースのセクシーなタイプだった。私は、妻がそれを身につけている姿を見た事がない。

私は、イヤな予感で胸がいっぱいになりながら、それを戻した。考えてみれば、私は昼間の妻の事を知らない。何をしているのか? どこに行っているのか? それに、涼子はどうやって性欲を処理しているのだろう? そんな事も気になり始めていた。

私をオナホで責めているとき、私も彼女の胸を触ったりはする。でも、私は射精しても、彼女はイッていないと思う。欲求不満の状態だと思う。私は、涼子が浮気しているとしか思えなくなっていた。

【続きはこちらの会員ページから】

会員様ログインはこちらから
【会員様ログインページ】