カテゴリー別アーカイブ: ・EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩

EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩3【オリジナル】

前回の話

孝一が次に遊びに来るまで、10日ほど間が空いた。不安と期待で落ち着かない気持ちになっている私を、里美は挑発するようにしてイタズラをしてくるようになった。

夜にベッドに入ると、子供達を気にしながら小声で、
『あと5日だね。あなたはどうするの? 新田さんと私がエッチするの、見てるの?』
と言いながら、私のペニスをさすってきた。もう、里美はすっかりと孝一とセックスをするつもりのようだ。手や口だけではなく、本当に入れられてしまうつもりになっているみたいだ。

続きを読む EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩3【オリジナル】

EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩2【オリジナル】

前回の話

「了解です!」
孝一は元気よく返事をすると、おもむろに立ち上がってズボンを脱ぎ始めた。あっという間にパンツ姿になった孝一を、私は止めなかった。

『これで7割なの? もう、完全に大きくなってるみたいだけど』
里美は、まだ信用していないみたいな口調で言う。
「まだまだですって。ほら、見て下さい」
そう言って、一気にパンツを降ろす孝一。すると、確かにまだ柔らかそうなペニスが姿を見せた。

続きを読む EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩2【オリジナル】

EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩【オリジナル】

『あなた、今晩久しぶりにどうですか? 今日は2人ともいないでしょ?』
夕食後、妻の里美が恥ずかしそうに言ってきた。今日は、息子達二人はテニススクールの合宿でいない。里美は、顔を赤くしてモジモジと誘ってくる。恥ずかしがり屋な里美は、まるで少女のようにはにかんでいた。

子供2人を産んで、もう30代半ばになったのに、童顔と肌の美しさのおかげか、まだ20代に見える。もちろん、夫のひいき目もあると思うが、子供が2人いると言うとまず間違いなく驚かれる。

私は、1か月ぶりくらいの夜のお誘いに、胸が躍っていた。子供も高学年になると、なかなか自宅でセックスするのは難しくなってくる。私は、我慢出来ずにそのまま彼女を抱きしめてキスをした。

続きを読む EDになった私を、NTRで治療する会社の後輩【オリジナル】