隣との壁が薄くて、若妻の嬌声が丸聞こえだった

俺はフリーのライターで、一度も結婚歴のない独身の中年男です。

最後に女性と交際したのは29歳のときですから、およそ16年間も恋人がいないことになります。

もともと俺は小説家志望だったのですが、現実はとても厳しいもので、懸賞に応募しても落選続き。

続きを読む 隣との壁が薄くて、若妻の嬌声が丸聞こえだった

妻を酔いつぶれた状況で公園のベンチで寝かせたら輪姦された

酒に酔った妻が、公園でエッチな事をされてから2週間が過ぎた。

『会社の同僚と飲んで帰る』と連絡が入ったのが、金曜日の夕方だった。

1人家で夕食を済ませ、ビールを飲みながらテレビを見て時間を潰していました。

続きを読む 妻を酔いつぶれた状況で公園のベンチで寝かせたら輪姦された

メル友を初めて家に上げてピピンアットマークじゃなくてドリキャスで遊んでいたら

オレとマキはただのメル友。

お互いに生活する時間帯が同じ事もあって、しょっちゅうメールをしてた。

だんだん意気投合して、気が付けばメル友から電話友達に変わっていった。

続きを読む メル友を初めて家に上げてピピンアットマークじゃなくてドリキャスで遊んでいたら

嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺5(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

「里帆ちゃん、どうしたの? 腰がイヤらしく動いてるよ」
拓は、嫁に乳首を舐められながらそんな事を言う。
『だ、だってぇ……。拓くんの、ずっと子宮にキスしてるから……。うずいちゃうよ』
嫁は、恥ずかしそうにモジモジしながら言う。もうすぐ30歳になるとは思えないくらいに、可愛らしい仕草だ。俺は、精液でドロドロになったペニスを激しくしごきながら、そんなやりとりを見ている。俺がバカなことさえ考えなければ、嫁は他の男とセックスをする事なんてなかったはずだ。
自分から幸せを壊すようなことをする……。俺は、おかしくなってしまったみたいだ。

続きを読む 嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺5(姉妹ブログより 転載禁止)

スナックの娘は環境のせいかフェラ上手だった

小さなスナックを営むマスターとママの娘、三姉妹の長女~愛ちゃん(仮名)

自分の仕事(OLさん)が終わってから、両親の店を手伝いながら飲むのが日課な彼女。
店で二度目に会った時連絡先交換。三度目は彼女の仕事帰り待ち合わせて両親の店まで歩いていく途中公園でおしゃべりした。
色々話してるうちに話しはHな方向へw

続きを読む スナックの娘は環境のせいかフェラ上手だった

妻をパイパンにしてプールで露出プレイをしていたら

ある日、私はネットサイトで岩○のケ○○ワ○○ドが今年で閉館する事を知った。
子供が出来て、何度か遊びに行った場所であり、妻が初めて痴漢された思い出の場所でした。
正直ショックが大きく、もう一度行きたいと言う気持ちが込み上げていたんです。
その事を妻に教えると”本当!結構良い所だったのに残念!”と私と同感でした。

続きを読む 妻をパイパンにしてプールで露出プレイをしていたら

彼氏に見られながら犯されているのに、潮を吹きながら中出しを求めてしまった私

昨日の夜、彼と一緒に食事をしてから映画を借りて彼の家に行きました。
彼のマンションのエレベーターを下りて部屋に向かう途中、若い女が前から歩いて来ると彼が急に変な動きをし始めて、あからさまに顔を隠そうとしていました。

女が近づいて来ると、「あれ?彼女いたんですね?あたし忘れ物しちゃったみたいで取り来ただけなんですけど、取って来てもらっていいですか?」と笑顔で言ってました。

続きを読む 彼氏に見られながら犯されているのに、潮を吹きながら中出しを求めてしまった私

清楚でお堅い妻を説得すること5年、やっと寝取られプレイに同意してくれました

この間、ついに・・・。
色々あったので、ちょっと話させてもらいます。

私たちは結婚17年目の夫婦です。
他の多くのご夫婦と同様、私たちも倦怠期気味でして、最近ではエッチの回数も減ってきてました。
1年ほど前から、妻が他の男に抱かれてるのを想像するようになりました。

続きを読む 清楚でお堅い妻を説得すること5年、やっと寝取られプレイに同意してくれました

ハーフのJKとカーセックスして、車が汚れるのがヤダから中に出したw

俺は27歳の男です。
こないだ飯を食べに行った先で、バイトしている女の子がやたらとこちらをチラ見してくるので気になって声を掛けてみた。
すると向こうも気になっていたみたいで、すんなり連絡先を交換した。
メールのやり取りで後日会うことに・・・。

続きを読む ハーフのJKとカーセックスして、車が汚れるのがヤダから中に出したw

酔って帰ってきた可愛い妹に、ベッドの下のエロ本のことを尋ねたら

泥酔して帰って来た俺の可愛い妹ちゃんw
妹の部屋に連れて行き、介抱するフリして、おっぱい揉み揉みしたりどんどん脱がしていったんですよ。

俺は、もう前から妹が好きで好きでしょうがないシスコン兄なんです。
前から抱きたかったんだけど、逆に意識しすぎて仲悪かったんだよね。
でも後で知ったんだけど、妹も同じ考えだったみたい。

続きを読む 酔って帰ってきた可愛い妹に、ベッドの下のエロ本のことを尋ねたら

友達夫婦の引っ越しを手伝ったら、露出狂の嫁が楽しませてくれた

3年前に、それまで2年間程付き合っていた友達のカップルが、籍だけ入れ同居を始めた頃の話です。

2人はアパートを探し、引越しをする事になったので、俺は実家が商売をしてるのでトラックがあるから、友達のS次とA美の、それぞれのアパートから新居への引越しの手伝いをしました。

引越し最終日に、荷物の片付けが終わったらお礼をしたいので遊びに来てくれと言われた。

俺はこの2人より一足先に結婚をし、子供が無いままスピード離婚をしていた。

続きを読む 友達夫婦の引っ越しを手伝ったら、露出狂の嫁が楽しませてくれた

同じ団地のお姉さんが、僕のアレに異常に興味を持って

子供の時、夏休みに年上の女の子に悪戯された。
年上っていっても、小6か中1ぐらいだったと思う。
当時団地に住んでいた俺は団地内の公園で一人で遊んでいた。
もう帰ろうと思っていた時、同じ団地に住む年上の女の子が声を掛けて来た。
その女の子とはよく二人で遊んだりしていたが名前は知らない。

続きを読む 同じ団地のお姉さんが、僕のアレに異常に興味を持って

子供の同級生のママは、危険日の中出しで狂う淫女だった

子供の同級生の美人な母親、美紀。

運動クラブ合宿の時に沈んだ顔をしていたので、「子供の前では笑顔で」という会話から関係が始まった。

バーベキューや親同士の飲み会で美紀のことがだんだん分かってきた。
旦那の評判や、仮面夫婦でDVもあり、セックスレスらしい。
母親同士の会話はかなり辛辣である。

続きを読む 子供の同級生のママは、危険日の中出しで狂う淫女だった

妻とのセックス中に地震が来た結果、妻公認で娘ともセックスすることに

私44歳、妻41歳、結婚18年の頃の話しです。

高校1年生の娘の奈緒子に、夫婦の営みを見られたことで、とんでもないことに・・・

ある夜、全裸の妻の布団を剥ぎ取り、正常位で性交を楽しんでいる最中でした。

続きを読む 妻とのセックス中に地震が来た結果、妻公認で娘ともセックスすることに

嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺4(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

俺は、嫁のアソコから流れ出てきたものが、少量とはいえ精液だと直感した。でも、俺はどうしてなのか、余計に興奮してムキになったように嫁のクリトリスを舐め続けた。微妙な生臭さを感じながらも、何かの間違いだと思いながら夢中で舐めた。それは、そうであって欲しいという願望だったのかもしれない。

『ダメ、ダメだって、恥ずかしい、うぅッ、あっ、ダメェ、あっ、はぁ、んっ』
嫁は、俺に舐められて恥ずかしがりながらもどんどん声が大きくなっていく。でも、さっきの動画の嫁の方が、もっとあえいでいた気がしてしまう。もっと、感じていたように見えてしまう……。俺は、嫉妬と対抗意識を燃やしながら、嫁のクリトリスを舐め続けた。すると、嫁が俺のペニスに手を伸ばしてきて、しごき始めてくれた。

続きを読む 嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺4(姉妹ブログより 転載禁止)

ダンナに抱かれる元カノの華奢な体と純朴顔を妄想して、切なくなった

結婚8年の34歳、妻は30歳です。
私は女性を見ると、色々妄想してしまいます。

あの女性は処女かな?とか、あの人は結婚指輪してるけど、どんなセックスするのかな?とか、清純そうな顔した若いお母さんを見ると、旦那さんに中出しされて、さぞかし喘いだんだろうなとか、妄想をめぐらしてしまいます。
そんな私が妻と知り合ったのは妻が短大の時で、当時の私の彼女の友人でした。

続きを読む ダンナに抱かれる元カノの華奢な体と純朴顔を妄想して、切なくなった

ツーリング中、パンクで困ってる女の子を助けた見返りに

これは隣の隣の県までKLX250に跨りツーリングに行った秋頃の話。
走りを楽しみ何カ所かの観光スポットも巡り、山の中の道の駅で休憩してた。
そしたら何かフラフラしながらオフ車がゆっくり入ってきた。セロー225だった。
視線が合った。そして俺のKLXの隣にセローが止まった。

よく見るとFタイヤにエアーが入ってない。と言うよりパンクしてた。
あ~ぁ。かわいそうになぁ。と思ってると、ライダーがオフメットを脱いだ。
ショートカットの女の子だった。

続きを読む ツーリング中、パンクで困ってる女の子を助けた見返りに

電車を待っていたら、見慣れない肉付きの良い田舎っぽいJKがいた

今日の朝は寝覚めも悪く、いっそのこと会社を休んでしまおうか?なんて考えていたのですが、どうしても行かなきゃマズい仕事があるので、重い体を押していつもより若干遅れ気味に家を出ました。
改札に着き、女子高生や一般の人達でごった返している中をすり抜けてホームへと降り立つと、そこにはあまり人はいませんでした。
いつもと違う時間、しかも遅い時間なので、学生はいないだろうなぁと思いつつ電車が来る前に周りを見渡してみると、見慣れない女子高生が一人。

続きを読む 電車を待っていたら、見慣れない肉付きの良い田舎っぽいJKがいた