カテゴリー別アーカイブ: オリジナル(姉妹ブログより)

子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました4(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

『あっ、あっ、凄く当ってるぅ。あなた、奥まで来てるのッ、気持ち良いっ、悠斗君の凄いのっ』
久美子は、後部座席で腰を激しく降りながらあえぎ続けます。
「ダ、ダメですって、見られますって!」
悠斗君は、ビビった顔で言います。確かに、車は大きく揺れている感じですし、下手したら声も漏れていると思います。私は、それを見ながらズボン越しにペニスをしごき続けていました。

続きを読む 子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました4(姉妹ブログより 転載禁止)

子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました3(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

悠斗君は、キッチンで久美子に中出しをすると、少し照れ臭そうな顔で戻ってきました。
「叔父さん、すみません。あんな場所でしちゃいました」
悠斗君は、顔を赤くしながら言います。イッたことで、気持ちも落ち着いたのだと思います。

私は、遠慮なくどこでもしてくれていいからと言いました。それは、半分本心で、半分は虚勢でした。すると、久美子がケーキと紅茶を持って来ます。

続きを読む 子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました3(姉妹ブログより 転載禁止)

子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました2(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

私は、久美子の膣の感触がいつもとまるで違うことに戸惑いました。でも、すぐにそれが悠斗君のペニスのせいだと気がつき、強い嫉妬を感じました。そして私は、すぐに腰を振りました。
『あなた、すごく固くなってる。気持ち良い……あなた、気持ち良いっ』
久美子は、私にしがみついてきます。どんな理由があるとはいえ、他の男とセックスをしてしまった事に罪悪感を感じているような感じです。

私は、いつも以上に激しく腰を振りました。雄の本能的なものかも知れません。寝取られないようにとか、自分の所有物だと確認をする為だとか、そんな本能だと思います。

続きを読む 子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました2(姉妹ブログより 転載禁止)

子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました(姉妹ブログより 転載禁止)

結婚して10年経ち、私達はどうしても子供が授かれませんでした。子作りを始めて3年目に、夫婦そろって検査したところ、不妊の理由は私でした。精液の中の精子の量が少なく、ギリギリ自然に受精出来るかどうかという境界にいるようでした。

ただ、まだ若かった事もあり、そのうち授かれると思い、不妊治療はせずに基礎体温を取ってセックスをするというようなやり方で子作りをしました。

続きを読む 子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました(姉妹ブログより 転載禁止)

姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果 完(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

妻は、雅治の上で腰を動かし続けている。全裸になっている雅治に対して、妻はまだ着衣のままだ。スカートはまくれ上がり、穴あきのはしたないショーツも丸見えだ。

『イッて。全部中に出して。雅治に孕ませてもらいたいの』
妻は、感極まったような口調で言う。僕は、妻の心がすっかりと雅治に奪われてしまったんだなと実感した。

「あぁ、気持ちいいよ。すごく締めつけてくるよ。でも、服脱ごうよ。それに、ちゃんとベッドに行こう」
雅治は、冷静に言う。確かに、玄関でこんなに激しいセックスをするのは、あまりにも常軌を逸していると思う。

続きを読む 姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果 完(姉妹ブログより 転載禁止)

姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果5(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

僕は、射精しながら妻と雅治のキスを見つめていた。妻は、雅治に中に出されながら、絡みつくような濃厚なキスをしている。彼女の舌がイヤらしくうごめき、雅治の舌と絡み合っているのがわかる。

2人は、何度も好きと言い続け、愛してると言いながら中出しをしていた。僕は、妻が身体だけではなく、心まで堕とされてしまったんだなと感じた。

「貴子、愛してる。ずっと好きだったよ」
雅治は、優しい口調で妻に言う。

続きを読む 姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果5(姉妹ブログより 転載禁止)

姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果4(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

妻は、雅治にキスをしている。自分から顔を近づけ、濃厚なキスをしてしまっている。
雅治も、嬉しそうに舌を絡め、積極的にキスをしている。そして、彼はゆっくりと腰を動かし始めた。コンドームも何もつけていない、生のままのペニス……。雅治が無理矢理入れたのではなく、妻がそれをせがんでいた……。

僕は、ついさっき射精したばかりなのに、信じられないくらいに固くなったペニスをしごき始めた。この前、妻が僕の目の前で雅治とセックスをした時、妻は感じていないと言っていた。声も、あまり出していなかった。それが今は、声も思いきり出ているし、ハッキリと気持ち良いと言ってしまっている。

続きを読む 姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果4(姉妹ブログより 転載禁止)

姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果3(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

僕は、妻の太ももをティッシュで拭きながら、自分でも信じられないほど興奮していた。雅治の家に行った妻が、どんなことをしてきたのかはわからない。でも、ショーツも穿かずにアソコからザーメンを溢れさせていることが、何をしてきたのか物語っていると思う。

コンドームなしでセックスをして、中に出されてきた……。それは、以前に妄想はしていたことだ。そんなシチュエーションを想像して、何度もオナニーをしていた。
でも、実際にそんな事をしてきたと思うと、激しい嫉妬で息が詰まりそうになる。

続きを読む 姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果3(姉妹ブログより 転載禁止)

姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果2(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

僕は、しごき始めてすぐに射精しそうになってしまった。妻が、雅治のザーメンを飲んでしまった……。そして、さっきはクリトリスを舐められて、指まで挿入されていた。
妻を他人に抱かせたいというおかしな願望は、もうすぐ叶いそうだ。でも、僕はすでに満足というか、キャパオーバーしかけている。これ以上はやめてくれ……。そんな気持ちがどんどん大きくなる。でも、そんな気持ちなのに、僕は狂ったようにペニスをしごき続けている。

「うがいしてくる?」
雅治が、申し訳なさそうに言う。

続きを読む 姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果2(姉妹ブログより 転載禁止)

姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果(姉妹ブログより 転載禁止)

僕には年上の妻がいる。5歳年上の貴子は、見た目は美人だとかおしとやかそうだとか言われるが、けっこうがさつでサバサバした姉さん女房という感じだ。
僕が30歳、妻は35歳、子供は小学1年の息子と年中の娘がいる。4人家族でさほど余裕があるわけではないが、それでも楽しい毎日を送っている。

『いつまで寝てんの。アンタが一番寝ぼすけって、どういうこと?』
布団をまくり上げ、寝ぼけた僕に妻が言う。僕は、慌ててベッドから起き出し、おはようと言った。
『おはようって、もう10時だよ? ホント、のび太くんかよ』
妻は、あきれたように言う。僕は、眼鏡をかけていて少しドジなところがあるので、のび太くんのような印象を持たれることが多い。

続きを読む 姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果(姉妹ブログより 転載禁止)

後輩と自宅で飲んで酔いつぶれた結果、嫁の秘密を聞くハメに完(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

前回の話

『あれ? もしかして、出ちゃったの? まだ動いてもないのに……』
驚いた声で言う嫁。それは、私も同じだ。まさか、こんな形で射精してしまうとは思ってもいなかった。
私は、イッてしまったことを謝りながら、スマホの中の嫁の姿を見つめていた。3人に立て続けに顔射され、ザーメンまみれの嫁……。でも、私の目には、それが信じられないほど美しく見える。

「飲んだんですか?」
「マジでエロいな」
「痴女ってヤツですか?」
3人の男の子達は、口々に言う。大学生の男の子にとっては、嫁のこの行動は卑猥すぎると思う。トラウマみたいにならなければいいなと思うが、3人ともすごくハイテンションだ。

続きを読む 後輩と自宅で飲んで酔いつぶれた結果、嫁の秘密を聞くハメに完(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

後輩と自宅で飲んで酔いつぶれた結果、嫁の秘密を聞くハメに6(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

前回の話

嫁は、初対面の男の子に膣内射精をされてしまった。孝一にも同じ事をされてしまっているので今さらかもしれないが、こうやって目の前でハッキリと見てしまった衝撃はかなり大きい。

『あ~あ、中出しされちゃったね。奥さん、大丈夫な日なの?』
女の子は、イタズラっぽく言う。でも、私も同じように、女の子の膣中に射精してしまっている。大丈夫なのかと聞くと、
『うん。多分平気。それより、知ってる? 女って、中に出されると好きになっちゃうんだよ。私も、パパさんのこと好きになっちゃった』
と、言いながらキスをしてきた。女の子の可愛らしい舌が私の口の中に飛び込んできて、グチャグチャにかき混ぜ始めた。女の子は、私に抱きつくようになりながらキスを続ける。本当に感情がこもっているような、熱烈なキスだ。

続きを読む 後輩と自宅で飲んで酔いつぶれた結果、嫁の秘密を聞くハメに6(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

後輩と自宅で飲んで酔いつぶれた結果、嫁の秘密を聞くハメに5(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

前回の話

『ドロドロだね~。出し過ぎだよ』
女の子は、そんなことを言いながら自分の顔のザーメンを指で集めて口に持って行く。そして、なんの躊躇もなく飲み込んでしまった。
『ホントに溜めてたんだね。凄く濃いよ。美味しい』
女の子は、ザーメンを飲み干すと発情したような顔になった。私は、女の子がこんな状況で知り合った男のザーメンを飲み干してしまった事に驚いていた。病気とかは怖くないのだろうか?

すると、女の子は嫁の顔に唇をつけ、ザーメンをすすり取り始めてしまった。嫁の鼻や頬、髪の毛に至るまですすり取り飲み干していく。嫁は、少し驚いた顔でそれを見つめている。

続きを読む 後輩と自宅で飲んで酔いつぶれた結果、嫁の秘密を聞くハメに5(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

後輩と自宅で飲んで酔いつぶれた結果、嫁の秘密を聞くハメに4(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

前回の話

嫁は、ソファのクッションに顔を押しつけたままバックで犯され続けている。
『うぅ~っ! うぅっ! んうぅ~っ!』
クッションでは消音しきれない声が漏れ続ける。孝一は、嫁が必死で声を押し殺しているのに、パンッパンッと、肉がぶつかる小気味いい音を立てて腰を振り続けている。

『ダ、メ……イク、イクっ、イッちゃうぅ、うぅ~っ!』
嫁はクッションから顔を上げると、声を抑えるのも忘れたように声をあげる。
「俺も出るっす、このまま良いですか?」

続きを読む 後輩と自宅で飲んで酔いつぶれた結果、嫁の秘密を聞くハメに4(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

後輩と自宅で飲んで酔いつぶれた結果、嫁の秘密を聞くハメに3(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

前回の話

嫁が、突然友人と日帰り温泉旅行に行くと言ってきた。前にも何回かそんなことはあったが、こんなに急に言ってきたことはない。いつも、何ヶ月も前から予定して、色々と準備をしてから出かけていた。
私は、まずそこに違和感を感じた。以前の私なら、違和感も感じずにそのままスルーしていたかもしれない。でも、孝一とあんなことをした嫁に、少なからず疑念を持ってしまっていた。

私は、その話を聞いた夜、無性に嫁を抱きたくなり彼女のベッドに忍び込んだ。

続きを読む 後輩と自宅で飲んで酔いつぶれた結果、嫁の秘密を聞くハメに3(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

後輩と自宅で飲んで酔いつぶれた結果、嫁の秘密を聞くハメに2(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

前回の話

「ホントですか!? 千里さんがナンパしてって事です?」
孝一は、かなり驚いている。
『ちょっ、ちょっと、声大きいわよ。起きちゃうでしょ』
嫁は、少し慌てた声を出す。
「平気ですよ。先輩、ああなったら起きないですから」
孝一は、落ち着いた口調で言う。
『それはそうだけど……。そろそろ帰ったら?』
嫁は、少し落ち着かない感じで言う。

続きを読む 後輩と自宅で飲んで酔いつぶれた結果、嫁の秘密を聞くハメに2(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

後輩と自宅で飲んで酔いつぶれた結果、嫁の秘密を聞くハメに(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

最近、息子が大阪の大学に行ってしまい、また嫁と二人の生活が戻ってきた。18年ぶりの二人の生活で、正直、何を話せば良いのか戸惑うことも多い。なによりも、寂しくなった。同僚なんかに話を聞くと、同じような境遇になり、昔みたいにセックスする回数が増えたという話をも聞くが、今さら嫁とセックスするのもどうなのかな? と、思ってしまう。

嫁の千里はまだ40歳で、私は45歳だ。社会人1年生だった嫁を妊娠させて、いわゆる出来ちゃった婚だった。嫁は、タイプで言えばサバサバした感じの女性だ。女らしさが足りないと言えるかもしれないが、ルックスは美人な方だと思う。なかなかおばさんにならない歌手に似ていると言われる。

続きを読む 後輩と自宅で飲んで酔いつぶれた結果、嫁の秘密を聞くハメに(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

意地っ張りな俺は、嫁が昔のバイト仲間と会うのを許してしまった完(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

あやみは、突然射精した俺を見て、本当に驚いた顔になった。そして、笑い始めた。爆笑に近いような笑い方だ。スパートをかけてあやみに種付けしようとしていた彼も、動きを止めてなんとも言えない顔で俺を見ている。

『どうしてまさくんがイッちゃうの? 触ってもないのに出ちゃうなんて、おかしすぎるよ〜』
あやみは、目に涙を浮かべる勢いで笑っている。俺は、情けない気持ちと恥ずかしい気持ちで、消えてしまいたいと思っていた。

続きを読む 意地っ張りな俺は、嫁が昔のバイト仲間と会うのを許してしまった完(姉妹ブログより 転載禁止)