カテゴリー別アーカイブ: ・子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました

子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました2(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

私は、久美子の膣の感触がいつもとまるで違うことに戸惑いました。でも、すぐにそれが悠斗君のペニスのせいだと気がつき、強い嫉妬を感じました。そして私は、すぐに腰を振りました。
『あなた、すごく固くなってる。気持ち良い……あなた、気持ち良いっ』
久美子は、私にしがみついてきます。どんな理由があるとはいえ、他の男とセックスをしてしまった事に罪悪感を感じているような感じです。

私は、いつも以上に激しく腰を振りました。雄の本能的なものかも知れません。寝取られないようにとか、自分の所有物だと確認をする為だとか、そんな本能だと思います。

続きを読む 子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました2(姉妹ブログより 転載禁止)

子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました(姉妹ブログより 転載禁止)

結婚して10年経ち、私達はどうしても子供が授かれませんでした。子作りを始めて3年目に、夫婦そろって検査したところ、不妊の理由は私でした。精液の中の精子の量が少なく、ギリギリ自然に受精出来るかどうかという境界にいるようでした。

ただ、まだ若かった事もあり、そのうち授かれると思い、不妊治療はせずに基礎体温を取ってセックスをするというようなやり方で子作りをしました。

続きを読む 子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました(姉妹ブログより 転載禁止)