カテゴリー別アーカイブ: オリジナルコンテンツ

酔って嫁とお義母さんを取り違えた結果、コスプレエッチをした4(オリジナル)

前回の話

お義母さんと繋がっている時に、嫁が部屋に入ってきたことで、破滅するかと思いきや、新しい扉が開いた。昔から、何回も嫁の彼氏をつまみ食いしてきたお義母さん。嫁も、半ばあきらめているようだ。

そしてお義母さんと嫁は、毎夜のように二人で俺に襲いかかってくるようになっていた。
息子を風呂に入れて寝かしつけた後、俺が先に寝室のベッドに潜り込んで待っている。どうせすぐに脱ぐので、もう全裸だ。

しばらくすると、二人が寝室に入ってくる。二人とも、とてもエロいランジェリーを身につけていて、すでに興奮しきった顔になっている。
お義母さんは、ジュニアアイドルでも着ないような、ヒモみたいなランジェリーを身につけている。ブラは、かろうじて乳首が隠れているが、乳輪ははみ出てしまっている。そして、下の方はヘアは丸見えで、たぶんアップで見るとビラビラもはみ出ているような感じだと思う。

続きを読む 酔って嫁とお義母さんを取り違えた結果、コスプレエッチをした4(オリジナル)

バスツアーで一緒になったロリママとの楽しい6日間3【オリジナル】

前回の話

俺は、中出しされたまま生で繋がっている雪恵さんが、
『私も愛してます。早く来てね♡』
と、電話でご主人に言っているのを見て、ビビり倒していた。イッて冷静になっていることもあるので、バレたらどうしよう? という気持ちしか湧かなかった。
雪恵さんは、俺の目を見つめたまま電話でご主人さんと話し続ける。雪恵さんとキスの途中だったので、電話のご主人の声もよく聞こえてしまう。

”明日は、夕食には間に合うと思うから、一緒に食べようね”
優しげな声の旦那さん。でも、EDで雪恵さんとはほぼセックスレスらしい。
『本当に? 嬉しいなぁ。じゃあ、お腹すかせて待ってるね。レストラン、予約しておく?』
”う〜ん。時間が読めないから、めどがついたら電話するよ。でも、夜の雪恵を予約しようかな?”
『え? 私? ふふ。してくれるの? 楽しみ♡』
雪恵さんは、ご主人からのセックスの誘いに、甘えた声を上げる。そして、同時にあそこが痛いくらいに締め付けてくる。

続きを読む バスツアーで一緒になったロリママとの楽しい6日間3【オリジナル】

年末、リゾートホテルの混浴温泉で知り合ったご夫婦と完【オリジナル】

前回の話

あの衝撃的な旅行以来、完全に私の性癖は変わってしまった。そして、それは妻の加奈子も同じだった。

今日は金曜日で、仕事終わりに飲みに誘われたが、それを断って足早に帰宅した。ドアを開けると、奥から美和さんがやって来た。
『あ、お帰りなさい。早かったのね。でも、もう始めてるわよ』
美和さんは、すでに出来上がった顔をしている。セクシーなランジェリー姿の美和さんは、髪はグチャグチャに乱れているし、ブラのカップの穴から見えてしまっている乳首は、見るからに固そうに勃起しているのがわかる。

何よりも、頬の辺りに白くてドロッとしたものが付着していて、独特の青臭い臭いを発している。どう見ても、セックスをした直後という感じだ。私は、美和さんのその姿を見て、一気に勃起してしまった。

最近週末ごとに、私と達也さんが交代で子供達の面倒を見るようになっていた。今日は、達也さんが自宅で子供4人の面倒を見て、美和さんがウチに廻されに来る……。そんなサイクルが出来ていた。

続きを読む 年末、リゾートホテルの混浴温泉で知り合ったご夫婦と完【オリジナル】

酔って嫁とお義母さんを取り違えた結果、コスプレエッチをした3(オリジナル)

前回の話

お義母さんと、酔っ払って取り違えセックスをしてしまって以来、お義母さんは何かにつけて家に遊びに来るようになった。表向きは、まだ乳幼児の息子のお世話をして、嫁の負担軽減をする為なのだが、実際には俺のペニスが目的だ。

『雄一さん、しっかり食べて下さいね。マサル君とミクの為に、頑張ってもらわないと!』
お義母さんは、優しくおしとやかな雰囲気でそんなことを言ってくる。
『お母さん、最近パパ太りすぎなんだから、あんまり食べさせないでよぉ』
嫁が、お義母さんにそんなことを言う。確かに、最近俺のお腹は出てくる一方だ。まだ30歳前なのに、ちょっと情けないと思うが、運動不足なので仕方ないのかも知れない。

続きを読む 酔って嫁とお義母さんを取り違えた結果、コスプレエッチをした3(オリジナル)

バスツアーで一緒になったロリママとの楽しい6日間2【オリジナル】

前回の話

バスのアナウンスに起こされた俺は、一瞬、この手は誰のだ? と、パニクりかけた。俺と恋人つなぎをする見知らぬ手……。でも、すぐにサービスエリアでの、ロリママ美雪さんとの出来事を思い出した。そして、同時に美雪さんも目を覚まし、俺と同じように握った手を不思議そうな顔で見た。でも、すぐに思い出したような顔になり、俺の顔を見る。目が合うと、少し照れたように笑った。
俺もなんとなく照れてしまった。そして、そっと手を離す俺達。俺は和宏に、美雪さんは子供達に話しかける。俺は、名残惜しさを感じながらも、同じスキー場なら、また会えるかな? と期待した。

「お兄ちゃん、ありがとー」
『本当に、ありがとうございました』
美雪さんと子供達にお礼を言われながら、俺達は自分達のホテルに向かった。

続きを読む バスツアーで一緒になったロリママとの楽しい6日間2【オリジナル】

年末、リゾートホテルの混浴温泉で知り合ったご夫婦と4【オリジナル】

前回の話

加奈子は、私の目の前で、まさる君の前にひざまずいた。まさる君はすでに下半身裸だ。3人の中では一番小柄なまさる君だったが、ペニスの大きさは一番だった。悠斗君のペニスも日本人離れしている大きさだったが、まさる君のは外国人のペニスそのもののようなサイズだった。

そして加奈子は、まだ着衣のままだ。でも、顔はトロンととろけた顔になっていて、すでに準備が出来てしまっているように見える。
「おねえさん、しっかり唾液で濡らしてよ。そうしないと、痛いよ」
と、まさる君はソフトな口調で言う。他の2人と比べて、まだ礼儀があるように感じる。

続きを読む 年末、リゾートホテルの混浴温泉で知り合ったご夫婦と4【オリジナル】

酔って嫁とお義母さんを取り違えた結果、コスプレエッチをした2(オリジナル)

前回の話

俺は、ゆっくりとお義母さんの膣中にペニスを入れていった。俺のペニスの長さをアピールするように、ゆっくりとズブズブと埋め込んでいくと、
『う、うぅ、まだ入るの? こんなに長いなんて……。うぅあっ、当ってるわ……。奥に……。雄一さん、素敵よ』
正常位で入れられながら、俺のことをとろけた顔で見上げるお義母さん。この角度から見ると、嫁そっくりだ。土屋太鳳のような菩薩系の優しい顔。それが、イメージが狂うくらい淫らにとろけている。

俺は、そのままペニスを全部埋め込んだ。奥に強く押し当る感覚と、ギュゥっと締め付けてくる強烈な膣の締めつけ……。俺は、やっぱり嫁よりも締まりがいいなと、つい比較するようなことを考えてしまった。

続きを読む 酔って嫁とお義母さんを取り違えた結果、コスプレエッチをした2(オリジナル)

バスツアーで一緒になったロリママとの楽しい6日間(オリジナル)

今年の冬は雪が少なくて、スキー場も一部滑走可とかばっかりだった。なので、ちょっと遠出をして滑ろうと思い、パックツアーのスキーに参加してみた。ただ、身の回りの仲間たちは、そこまでして滑りたいというやつも少なくて、結局、友達と二人で参加することにした。友達の和弘は、技術レベルも俺とほとんど同じで、気が合うので仲は良い。親友と言っても良いと思う。

そんな風に、俺と和弘のスノボ合宿は始まった。和弘と新宿のてんやで待ち合わせ、飯を食った後に集合場所に行くと、凄い人数がすでに集まっていた。俺たちみたいな学生がほとんどだったけど、いい年のおっさんや、家族連れも少しいた。

続きを読む バスツアーで一緒になったロリママとの楽しい6日間(オリジナル)

年末、リゾートホテルの混浴温泉で知り合ったご夫婦と3【オリジナル】

前回の話

加奈子は、達也さんと対面座位で繋がったまま、腰を振り続けて言う。
「加奈子ちゃん、ダ、ダメだって、イッたばかりだから、あぁ、ストップ、うぅっ!」
達也さんは、腰が引けて逃げようとしている感じだ。イッたばかりで刺激を続けられて、くすぐったくてたまらないのだと思う。

『あらら。くすぐったそうね』
美和さんが、私の上で腰を振りながら言う。美和さんは、私のペニスが奥に当るのが本当に気持ちいいみたいで、奥にこすりつけるような感じで腰を前後に振る。上下ではなく、前後に動く騎乗位は初めて経験したが、圧迫感のある独特の気持ちよさがある。

続きを読む 年末、リゾートホテルの混浴温泉で知り合ったご夫婦と3【オリジナル】

酔って嫁とお義母さんを取り違えた結果、コスプレエッチをした(オリジナル)

嫁のミクと結婚して3年経ち、去年、子供も生まれた。仕事もますます順調で、幸せだなと日々思っている。最近は、マンションの杭の偽装問題なんかでさらに忙しくなり、帰りが夜中になることもあるが、嫁は文句も言わずによく尽くしてくれている。

ミクは、出産直前までナースの仕事を続けていて、出産を機に休業している。ミクは、子供のことも、家事のことも、完璧にこなしてくれていて、本当によく出来た嫁だと思う。

続きを読む 酔って嫁とお義母さんを取り違えた結果、コスプレエッチをした(オリジナル)

仲良し夫婦と王様ゲームをして、嫁が旦那のアレを当てるゲームをした完(オリジナル)

前回の話

明美は、ウルの大きな棍棒のようなペニスをフェラしながら、自分のクリトリスをまさぐっている。明美は、荒い息遣いで、ウルのものを喉の奥の方まで入れてみたり、一旦口から吐き出して、カリ首を舌で舐め回すようなフェラチオを続けていく。

「明美、上手。パパさんより上手よw」
ウルは、気持ちよさそうにそんなことを言う。私は、さっきウルのものをくわえさせられたことを言われて、恥ずかしくて顔が赤くなるのを感じていた。でも、すでにそれを屈辱とは思っていない私がいる。

続きを読む 仲良し夫婦と王様ゲームをして、嫁が旦那のアレを当てるゲームをした完(オリジナル)

年末、リゾートホテルの混浴温泉で知り合ったご夫婦と2【オリジナル】

前回の話

加奈子は私に抱きつきながら、
『……してみたい……』
と、小さな声でささやいた。私は、加奈子のことをギュッと抱きしめながら、何も言うことが出来なかった。そして、慌ただしい一日の疲れでいつの間にか寝てしまい、気がつくともう朝だった。

加奈子はすでに起きていて、美和さんとそろそろ隣の部屋の子供達を起こしに行こうというようなことを話していた。私はベッドから抜け出し、二人におはようと言った。

続きを読む 年末、リゾートホテルの混浴温泉で知り合ったご夫婦と2【オリジナル】

仲良し夫婦と王様ゲームをして、嫁が旦那のアレを当てるゲームをした5(オリジナル)

前回の話

私は、うつむいてウルから視線を外しながら、
「お願いします……」
と答えた……。

明美は、私のその言葉に一瞬ビクッと身体を震わせたが、
『……変態……』
と、ささやくように言った。ウルは、すぐに満面の笑みになり、
「OK。パパさんが見たいもの、たっぷり見せてあげるからねw」
と言った。ウルは、人なつっこいような笑みを浮かべているが、ガラス玉のような目はまったく笑っていないことに気がついた。

続きを読む 仲良し夫婦と王様ゲームをして、嫁が旦那のアレを当てるゲームをした5(オリジナル)

年末、リゾートホテルの混浴温泉で知り合ったご夫婦と【オリジナル】

毎年、家族4人で年末年始を長野のホテルですごしていて、今年も同じように過ごす予定だった。長野に嫁のおばあちゃんが住んでいることもあり、何となく恒例行事みたいになっていた。

ただ、今年はホテルを変えてみた。いつもは、駅に近い便利なリゾートホテルを利用していたけど、今回は軽井沢の駅からはちょっと遠い、秘境のリゾートみたいなところにした。

続きを読む 年末、リゾートホテルの混浴温泉で知り合ったご夫婦と【オリジナル】

仲良し夫婦と王様ゲームをして、嫁が旦那のアレを当てるゲームをした4(オリジナル)

前回の話

息子が体操教室のキャンプでいない夜、同じ体操教室で仲良くなった夫婦と我が家でホームパーティーをして、下ネタから王様ゲームに突入してしまった。

そして結局4人での乱交、スワップみたいな感じになってしまった。私の目の前で、私のことを見ながら翔さんに貫かれる妻の明美を見て、私は完全に寝取られ性癖を目覚めさせてしまった。

そして妻達は、男のペニスが人によって全然違うことに驚いていた。その流れで、妻達は二人とも、翔さん夫婦が通うジムのトルコ人のペットボトルほどの巨根を経験してみたいという流れになってしまった。

続きを読む 仲良し夫婦と王様ゲームをして、嫁が旦那のアレを当てるゲームをした4(オリジナル)

清楚で美しい嫁が、母親の借金のせいで身も心もヤクザに堕ちていく完【オリジナル】

前回の話

『私がアナルでイキ狂う姿、見たいんですか?』
ミクはいつの間にか風呂から出ていたようで、いきなり私のペニスを握ってそう言った。
「い、いや、それは……」
ビックリしてしまって言葉が出せない私。
『見たいんでしょ?』
ミクはいつもの貞淑な感じはなくなり、エッチな女教師という感じになっている。私は、力なくうなずいた。

続きを読む 清楚で美しい嫁が、母親の借金のせいで身も心もヤクザに堕ちていく完【オリジナル】

妻が露出プレイに目覚めた結果、巨根の甥っ子に寝取られた完(オリジナル)

前回の話

とうとう甥の雄太と、妻のすずが身体を交わしてしまった。
『んンッ、クゥ♡ 大っきいぃ♡』
妻は気持ちよさそうな声をあげて雄太のことを見つめている。もう、私のことなど見もせずに、牝の顔で雄太の顔を見つめる妻は、罪悪感も後悔も感じていない様子だ。

”おもてなし庵”の透けた着物を着た妻と、まだ若い雄太がセックスをしている姿は、本当にアダルトビデオのようだ。
「すずさん、凄いです。メチャクチャ気持ち良いです」
雄太があえぐように言う。

続きを読む 妻が露出プレイに目覚めた結果、巨根の甥っ子に寝取られた完(オリジナル)

仲良し夫婦と王様ゲームをして、嫁が旦那のアレを当てるゲームをした3(オリジナル)

前回の話

目の前で、妻の明美が他の男性とキスをする姿……。私は、一番見たくないはずのその姿を見て、どうしようもないほど興奮してしまっていた。

仰向けでベッドに寝転がる翔さんの身体の上には、翔さんの奥さんの雪恵さんがまたがっている。胸は小さいが、抜けるように白い肌、そして、ゾクッとするほど美しい顔。それが、嫉妬したような、興奮したような、色々な感情が入り交じった顔で、キスする二人を見つめている。

続きを読む 仲良し夫婦と王様ゲームをして、嫁が旦那のアレを当てるゲームをした3(オリジナル)