寝取られ性癖の夫のため、ナンパされてハメ撮りを繰り返す主婦3(オリジナル転載禁止)

嫁は、タカシ君と舌を絡めるキスをしながら私を見つめていた。そして、見せつけるように濃厚なキスを続けた後、
『パパ、イッちゃったでしょ〜。オナニーする間もなかったね』
と、イタズラっぽく笑いながら言う。セイゴ君に激しくバックで突かれながら、そんな事を言う余裕のある嫁。私は、ただドキドキしていた。すると、嫁がセイゴ君にいったん動くのを止めるように言う。

そして、嫁は太すぎるペニスを抜くと、ベッドの縁にセイゴ君とタカシ君を座らせた。全裸の若い2人は、ペニスをいきり立たせたままだ。2人とも……私も含めると3人が嫁のことをキョトンとした顔で見ている。なにをするつもりなのだろう? そんな顔をしている。

続きを読む 寝取られ性癖の夫のため、ナンパされてハメ撮りを繰り返す主婦3(オリジナル転載禁止)

催眠状態の私の嫁を、親友が好きにイタズラした03(転載禁止)

前回の話

「うは、ド派手に出したな」
淳は、私の射精を見て楽しそうに笑いながら言う。驚くほど大量に飛び散った私のザーメンが、日奈子の太ももやお腹を汚してしまっていた。

でも、私のザーメンが、日奈子の身体の外側だけしか汚していないのに対して、淳のザーメンは、日奈子の内側をたっぷりと汚してしまっていた。だらしなく広がった日奈子の脚。アソコからはとめどなく淳のザーメンが流れ出ている。

「ちゃんと拭いとかないとな。寝てるときに、お前がやっちゃったと思われるぞ」
淳はそんな事を言いながら、さっさと服を着始めていた。事が終わったので、もう用はないとばかりに服を着る淳。現金なものだと思う。私は、
「あぁ、わかった。今日はすまなかったな」
と、淳の方を見ていった。

続きを読む 催眠状態の私の嫁を、親友が好きにイタズラした03(転載禁止)

ぽっちゃりした白い肌の職場の人妻同僚を酔わせて連れ込んだら

俺には数年続いている不倫相手がいる。
彼女は元同僚のパート社員で、ぽっちゃりとした白い肌が魅力的な38歳の人妻R美だ。
当時、以前から狙っていた俺は忘年会でR美を酔わせてホテルに連れ込み、半ば強引に関係を持った。

続きを読む ぽっちゃりした白い肌の職場の人妻同僚を酔わせて連れ込んだら

私の部屋に泥酔でやって来た兄の固いものが私に触れて

あれは、去年のある週末の出来事でした。

就職して23才になった私はアパートで独り暮らしをしています。

夜も更けそろそろ寝ようかなと思っていたら、

突然玄関のチャイムがけたたましく鳴りました。

続きを読む 私の部屋に泥酔でやって来た兄の固いものが私に触れて

催眠状態の私の嫁を、親友が好きにイタズラした02(転載禁止)

前回の話

「スッゲぇ出た。こんな量、久々だわ」
淳は、ペニスから日奈子の手を外してそう言った。日奈子の顔は、確かに大量のザーメンでドロドロになっていた。頬や鼻、まぶたまでがドロッとした白濁液で染まっている。

私は、愛する妻が顔射されたのを見ながら、オナニーを再開していた。眠らせて、淳に裸を見せるだけ……。そんな計画だったのに、日奈子は全裸で顔面をザーメンで染めている。

続きを読む 催眠状態の私の嫁を、親友が好きにイタズラした02(転載禁止)

嫁とのセックスを、同じマンションの女子大生に覗かせてみたw

妻と僕は結婚してから2年は子供の束縛なくもっと遊びたいので避妊していましたが、昨年の1月から解禁して生中出しを続けています。
でも1年半になるのに未だに子供は出来ません。

続きを読む 嫁とのセックスを、同じマンションの女子大生に覗かせてみたw

私のミスのせいで、部長に身体を差し出して寝取られた妻 完【オリジナルコンテンツ転載禁止】

前回の話

私は、妻と部長のセックスの途中で、1人帰宅することになりました。
「もう一泊するか?」
部長は、妻にそんな事を言っています。
『えっ、でも……』
妻は、浴衣の胸元が乱れたまま、戸惑ったように言います。上気した顔、乱れた浴衣からのぞく胸元は、ほんのりピンク色に染まっています。情事の後の牝……。そんな雰囲気を漂わせています。妻は、私に処女を捧げてくれました。そして、今回のことがあるまでは、私以外の男性を知りませんでした。
貞淑で恥ずかしがりな女性……。私の中の妻は、そんなイメージでした。でも、それは私が彼女の中の牝を揺り起こすことが出来なかったからだと気がつきました。

続きを読む 私のミスのせいで、部長に身体を差し出して寝取られた妻 完【オリジナルコンテンツ転載禁止】

催眠状態の私の嫁を、親友が好きにイタズラした01(転載禁止)

結婚してまだ5年程度だけど、すっかりとセックスレスになってしまった。きっかけは、嫁の妊娠出産で、妊娠発覚から今に至るまで、3年ほどセックスをしていない。よくある話と言えば話だけど、まだ30歳の男にとって、セックスを3年しないのは結構辛いものがある。

私は、風俗や出会い系で、金だけの繋がりでセックスをすることには興味がなく、妻に隠れて愛人を作るほど器用でもないので、ひたすら自己処理をする事で我慢してきた。
でも、もともと性癖に少々問題がある私は、他の女性と普通にセックスをするよりは、自分の性癖を投影した妄想でオナニーをする方が、はるかに気持ち良かったのだと思う。

続きを読む 催眠状態の私の嫁を、親友が好きにイタズラした01(転載禁止)

寝取られ性癖の夫のため、ナンパされてハメ撮りを繰り返す主婦2(オリジナル転載禁止)

今日は週末ということもあって、嫁と夕ご飯を食べがてら、買い物もするためにショッピングモールに来ている。それなりに余裕のある生活をしているので、ショッピングモールなんかで買い物しなくても、百貨店やブランドで買い物したり、フードコートで食事なんかしなくても、もっと洒落たレストランに行っても問題ないはずだ。
それでも、嫁はフードコートで食べることも大好きだし、買い物なんかもショッピングモールの専門店街で充分だと言う。私は、そんな嫁のことがたまらなく愛おしいと思うし、良い嫁と結婚出来たなと感謝する日々だ。

続きを読む 寝取られ性癖の夫のため、ナンパされてハメ撮りを繰り返す主婦2(オリジナル転載禁止)

フェラが下手な嫁に、風俗で働いてみたら? と言った結果完(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

嫁は、黒人サイズのディルドを股間に挿入したまま、
『あなたにイカせてもらえて幸せです』
と、言ってきた。その顔は快感にトロンとしていて、多分私が初めて見る表情だった。

白のニットには、さっきよりもくっきりと乳首が浮いているし、黒のミニスカートは完全にまくれ上がっていて役目を果たしていない。

「あなた、どうしますか? これ抜いて、抱いてくれますか? それとも、動画の続き見ますか?』
嫁は、挑発的な顔で言う。いつものお嬢様のようなおしとやかさは感じられない。

続きを読む フェラが下手な嫁に、風俗で働いてみたら? と言った結果完(姉妹ブログより 転載禁止)