妻は月に一度だけ、他の男の恋人になる2【オリジナルコンテンツ】

前回の話

仕事も家庭も順調で、そろそろ子供も作る時期なのかな? と思っていた矢先に、妻に”あなた、ごめんなさい。好きな人が出来ちゃいました……”と告白された。
全てが音を立てて崩壊するかと思ったが、いま私の目の前には、穏やかで優しい笑みを浮かべた妻が、コーヒーを置いてくれている。

『あなた、コーヒー入りましたよ。考え事してたんですか?』
妻は、最近目に見えて美しくなった。もともと、私なんかにはもったいない程の美しい妻だと思っていたが、最近は街を一緒に歩いていると、すれ違った男性のほぼ全てが、妻のことを見ているなと感じるほどになった。
「い、いや、別に。それより、今日はどこか出かけようか?」
私は、休日なので妻を誘った。
『はい! どこに連れてってくれるの?』
満面の笑みで言う妻。本当に嬉しそうだ。とても、心のどこかに他の男を思う気持ちがあるとは思えない。

続きを読む 妻は月に一度だけ、他の男の恋人になる2【オリジナルコンテンツ】

電車を待っていたら、見慣れない肉付きの良い田舎っぽいJKがいた

今日の朝は寝覚めも悪く、いっそのこと会社を休んでしまおうか?なんて考えていたのですが、どうしても行かなきゃマズい仕事があるので、重い体を押していつもより若干遅れ気味に家を出ました。
改札に着き、女子高生や一般の人達でごった返している中をすり抜けてホームへと降り立つと、そこにはあまり人はいませんでした。
いつもと違う時間、しかも遅い時間なので、学生はいないだろうなぁと思いつつ電車が来る前に周りを見渡してみると、見慣れない女子高生が一人。

続きを読む 電車を待っていたら、見慣れない肉付きの良い田舎っぽいJKがいた

ダンナに抱かれる元カノの華奢な体と純朴顔を妄想して、切なくなった

結婚8年の34歳、妻は30歳です。
私は女性を見ると、色々妄想してしまいます。

あの女性は処女かな?とか、あの人は結婚指輪してるけど、どんなセックスするのかな?とか、清純そうな顔した若いお母さんを見ると、旦那さんに中出しされて、さぞかし喘いだんだろうなとか、妄想をめぐらしてしまいます。
そんな私が妻と知り合ったのは妻が短大の時で、当時の私の彼女の友人でした。

続きを読む ダンナに抱かれる元カノの華奢な体と純朴顔を妄想して、切なくなった

ツーリング中、パンクで困ってる女の子を助けた見返りに

これは隣の隣の県までKLX250に跨りツーリングに行った秋頃の話。
走りを楽しみ何カ所かの観光スポットも巡り、山の中の道の駅で休憩してた。
そしたら何かフラフラしながらオフ車がゆっくり入ってきた。セロー225だった。
視線が合った。そして俺のKLXの隣にセローが止まった。

よく見るとFタイヤにエアーが入ってない。と言うよりパンクしてた。
あ~ぁ。かわいそうになぁ。と思ってると、ライダーがオフメットを脱いだ。
ショートカットの女の子だった。

続きを読む ツーリング中、パンクで困ってる女の子を助けた見返りに

巨乳なCAさんを自慢の巨根で虜にしてみた

28歳の頃の話。今から半年ほど前の出来事かな。
飛行機の中でナンパした巨乳なCAさんを自慢の巨根で虜にさせた話ですw

都内でサラリーマンをしているが海外出張が多い俺(ハヤト)は、機内のCAによくナンパをしていた。
席にきた時に連絡先を書いた紙を渡したり、トイレの前で直接口説いたりもしていた。
もちろん、無視されることもあるし、時間が合わなかったりすることもあるが、何度かはおいしい思いをさせてもらった。

今回もそういう話。

続きを読む 巨乳なCAさんを自慢の巨根で虜にしてみた

夫の同僚達が、忙しい夫に変わって愛してくれます

4歳年上の夫は、まだ20歳の私を自慢したいのか、仲の良い同僚の佐藤さんと今井さんをよく家に連れてきて飲み会をします。
私も皆さんと一緒に飲んだりするのですが・・・。

「お前、こんなに若くてて可愛い嫁さんもらうなんて羨まし過ぎるぞ!」
「美沙ちゃん、こいつと別れたらオレのところに来いよ」

なんて言われて悪い気はしません。

続きを読む 夫の同僚達が、忙しい夫に変わって愛してくれます

友達と行った海外で、ビーチボーイにナンパされて彼氏を裏切った私

数年前、友人と旅行に行った南の島で、いわゆるビーチボーイと過ごした夜の体験についてお話しします。
噂には聞いていたのですが、女二人で行ったその島は想像以上のナンパ・アイランドでした。
次から次へと下心ミエミエの男たちに声をかけられたり、露骨に男を買わないかと言われたりして、私と友人の美帆も少々うんざりしていた時に…
私たちはビーチで本当にカワイイ二人の男の子に声をかけられました。

続きを読む 友達と行った海外で、ビーチボーイにナンパされて彼氏を裏切った私

悪友に誘われPTA役員を引き受けた結果

「誠太、お前の子供、来年小学校だろ~俺達と一緒にPTA役員やろうぜ!入ってみれば分かるから・・・凄いから」

そんな誘いを、子供の頃からの悪友、陽一郎と弘司から受けた。

俺、誠太は現在28歳、両親と共に自営業をしている。

嫁は、ガス会社でOLを・・・

子供は来年、小学校に入学する1人娘

続きを読む 悪友に誘われPTA役員を引き受けた結果

今では有名人になった彼女の処女をもらったのは俺

今、ちまたで話題の有名人のAとは、彼女が学習院大学の1年生の時に知り合った。それも2回目のデートでA様の処女を頂けるとは。

最初は大学のサークル仲間同士の合コンだった。

僕とAは意気投合し翌週の日曜日に渋谷でデート。その時は手を繋ぎながらの散歩程度だったが、2回目のデートの時に奥手で大人しいAを強引に渋谷の円山町のラブホテルへ連れ込んだ。

俺は当時、早稲田の4年生で女経験も豊富だった。

続きを読む 今では有名人になった彼女の処女をもらったのは俺

バスツアーで一緒になったロリママとの楽しい6日間 完【オリジナル】

前回の話

雪恵さんは、俺のリアクションを見て、俺の中の寝取られ性癖みたいなモノに気がついたようで、和宏とのセックスの仕方を変えた。俺のことを挑発するように、煽るように、言葉と視線を投げてくる。

俺の目の前で、四つん這いになった状態で和宏に突かれている雪恵さんは、俺のことを見つめたままだ。
『ゴメンね、タカ君のおチンポより大っきいから、入れられただけでイッちゃったわw』
そんな言葉をかけられて、俺は激しい嫉妬を感じていた。でも、同時に激しい興奮を感じていた。

どれだけ好きになっても、二人の子持ちの人妻と、どうなるものでもないと思っている。でも、頭ではわかっていても、雪恵さんのことを愛しているという気持ちはどんどん大きくなってく。

続きを読む バスツアーで一緒になったロリママとの楽しい6日間 完【オリジナル】

出会い系のOLは、遠距離恋愛の彼がいるのに、潮吹きまでしてイッた

一昨日、口説き始めて2ヶ月になる女の子とエッチしてきました。
出会い系サイトでメールをし始め、丸々2ヶ月ちょっとになります。
彼氏のいる子でしたが遠距離恋愛だったので、運が良ければと期待してたんです。

メールをし始めて1ヶ月ぐらいで写メ交換して、その期待は膨らみまくりました。
彼氏が4年も捕まえていて、遠距離になっても離さない理由が分かりました。
マジで可愛いんです。

続きを読む 出会い系のOLは、遠距離恋愛の彼がいるのに、潮吹きまでしてイッた

娘の彼氏の村上君に狂ってしまったダメな私は……3

その夜は私の寝室のお布団で全裸になって激しく求め合いました。

昼間は射精しなかった村上君も、前夜以来、私の中に熱い精液を放ちましたが、女の私にとっても射精の伴うセックスは満たされ方が違う気がしました。

1度目が終わってからしばらくして村上君が私の体を触り始めました。

そして私のお尻の穴の周りに指を這わせながら「ここ、そんなに感じるの?」と聞きました。

続きを読む 娘の彼氏の村上君に狂ってしまったダメな私は……3

娘の彼氏の村上君に狂ってしまったダメな私は……2

私は行こうか行くまいか考えましたが、昨日聞かされた携帯に録音された『あのときの声』のことを思い出して、言うことを聞くしかないと思い、村上君に言われた通り綺麗にお化粧をして、よそ行きの服装に着替えて出かけました。

9時半過ぎに駅前に着くと、ロータリーの一番端に村上君の車が停まっていました。

村上君の家は相当裕福な家庭らしく、彼の愛車はかなり高価なスポーツタイプの外車です。

窓をノックすると助手席に乗るように指で合図する村上君。

続きを読む 娘の彼氏の村上君に狂ってしまったダメな私は……2

娘の彼氏の村上君に狂ってしまったダメな私は……1

私の名前は奈津子、42才の主婦です。

きっかけや理由はどうであれ、娘の恋人を奪ってしまった酷い母親です。

10才年上の主人は関西に単身赴任中で、今は20才の一人娘と東京近郊にある海の近くの町に住んでいます。

娘の名前は真奈美。

都内にある女子大の2年生で、村上君と言う同じ高校を卒業した22才の彼氏が居ました。

続きを読む 娘の彼氏の村上君に狂ってしまったダメな私は……1

渋谷で待ち合わせたロリっ子にエロ小説を見せて欲情させて2

K子の全身がピーンと緊張し、サクランボのような唇だけがピクピクと震えている。
私は少しぐったりとしているK子に再びキスしながらつぶやいた。

「気持ちよかった?」

「うん、とっても。こんなの初めて・・・」

「ものすごく濡れてたよ、見てごらんこの指」

続きを読む 渋谷で待ち合わせたロリっ子にエロ小説を見せて欲情させて2

渋谷で待ち合わせたロリっ子にエロ小説を見せて欲情させて1

夕暮れの渋谷駅。
午後7時。
K子からの携帯が鳴る。

「今どこにいるの?」

「ハチ公前の公衆電話」

「わかった。すぐに行くよ」

そこにいたのは肩までのセミロングが美しい、目元パッチリの女の子だった。

続きを読む 渋谷で待ち合わせたロリっ子にエロ小説を見せて欲情させて1

夫と気持ちいいセックスが出来ずに出会い系に走り、アナルの初めてを奪われました

私は結婚3年目の31歳の主婦です。
主人とはセックスしたい時期が微妙にずれていて、中々気持ちいいセックスができずにいます。

そんな悩みや仕事の悩みを相談したくて、出会い系サイトで相談相手を探していました。
肉体関係を望んでいたわけでなく、本当に悩みの相談をしたかったのです。

続きを読む 夫と気持ちいいセックスが出来ずに出会い系に走り、アナルの初めてを奪われました

夫には大学の友達と旅行と言っていますが、ホントは不倫旅行です

兵庫県の由紀子です。誰ともなく読んで貰ってるのかと思うと凄く大胆になってます。昨夜、主人に今週末の泊りがけの件で嘘ついちゃいました。

「あなた、今週の土曜日曜なんだけど旅行に行っても良い?」
「どこへ行くの?」
「日本海の方へ・・」

続きを読む 夫には大学の友達と旅行と言っていますが、ホントは不倫旅行です