寝取られ動画サイトに影響されて、嫁を単独男性宅へ4(姉妹ブログより)

前回の話

俺の台湾への長期出張がきっかけで、嫁を他人に寝取らせるようになった。
それを嫁自身に動画で撮影させて、クラウドディスクにアップして、台湾にいながらそれを見られるようにした。

狂ったその行為も、逆に嫁と俺の仲を深く強いものにした。
タブーなく性癖を全て話すことが出来る。そして、それを受け入れ実行してくれる嫁。
最高だった。

続きを読む 寝取られ動画サイトに影響されて、嫁を単独男性宅へ4(姉妹ブログより)

酔って嫁とお義母さんを取り違えた結果、コスプレエッチをした3(オリジナル)

前回の話

お義母さんと、酔っ払って取り違えセックスをしてしまって以来、お義母さんは何かにつけて家に遊びに来るようになった。表向きは、まだ乳幼児の息子のお世話をして、嫁の負担軽減をする為なのだが、実際には俺のペニスが目的だ。

『雄一さん、しっかり食べて下さいね。マサル君とミクの為に、頑張ってもらわないと!』
お義母さんは、優しくおしとやかな雰囲気でそんなことを言ってくる。
『お母さん、最近パパ太りすぎなんだから、あんまり食べさせないでよぉ』
嫁が、お義母さんにそんなことを言う。確かに、最近俺のお腹は出てくる一方だ。まだ30歳前なのに、ちょっと情けないと思うが、運動不足なので仕方ないのかも知れない。

続きを読む 酔って嫁とお義母さんを取り違えた結果、コスプレエッチをした3(オリジナル)

寝取られ動画サイトに影響されて、嫁を単独男性宅へ3(姉妹ブログより)

前回の話

俺が台湾に、仕事で1年も行くことになったのがきっかけで、嫁の奈々を他人に寝取らせて、それをビデオに撮影してもらい、クラウドストレージにアップしてもらうという、とんでもない事を始めてしまった。

きっかけは、エロサイトを見て影響を受けたことだったのだが、実際にやるまでには葛藤があった。

だけど、もう2度試したそのプレイは、どちらも恐ろしく刺激的だった。
そして、今まで以上に嫁のことを愛おしく、大切に思うようになっていた。

この前の5人との連続プレイは、さすがに嫁を傷つけてしまったと思い、深く反省していて、とりあえず次のプレイには取りかからずにいた。

嫁とは毎日ビデオチャットで色々と話をしたが、寝取られプレイのことは、何となく言いづらくて一切話さなかった。

そして、嫁が台湾に遊びに来る日がとうとう来た。

続きを読む 寝取られ動画サイトに影響されて、嫁を単独男性宅へ3(姉妹ブログより)

寝取られ動画サイトに影響されて、嫁を単独男性宅へ2(姉妹ブログより)

前回の話

嫁の奈々と、何一つ不満なく結婚生活を楽しんでいたが、俺が仕事で1年くらい台湾に行くことになり、二人の生活に大きな転換点が来た。

嫁を連れて行くことも考えたりしたが、嫁の祖父が入院していることもあって、俺一人で行くことになった。

可愛い嫁を(個人的には安めぐみを可愛くした感じだと思っているが、友人にはお前が思うほどは可愛くないとも言われる、、、)、一人で残すことに不安もあったが、俺にベタ惚れしてくれている嫁が浮気なんかは絶対にしないと思っていた。

実際に、お互いに浮気どころか、毎日のようにPCでビデオチャットをして、日本にいるときよりも沢山会話をしているぐらいだ。

続きを読む 寝取られ動画サイトに影響されて、嫁を単独男性宅へ2(姉妹ブログより)

大好きな従姉妹を彼氏から寝取って本気で結婚したかった俺は……

俺は男兄弟で育ったせいか、小さい頃から従姉妹の智ちゃんがくるのが楽しみだった。

智ちゃんが俺の家に遊びに来るのは盆と正月。自転車で二人乗りしたり、海に遊びに行ったり、田舎の楽しいところを案内して一生懸命喜ばせようとしていた。

智ちゃんは少し体が弱く、喧嘩ばかりしていた兄と違って、気を使うことができるのがとても嬉しかったのを覚えている。

俺が中3の時、中1だった智ちゃんが「あきちゃん(俺)あたしのお兄ちゃんになってほしいわあ」「あたし・・あきちゃんみたいな人と結婚したい」と言う言葉を聞いて当時、惚れていた女の子のことが頭から消えていった。

続きを読む 大好きな従姉妹を彼氏から寝取って本気で結婚したかった俺は……

浮気をカミングアウトしてきた彼女は、最後に2度フェラで抜いたことまで言ってきた

ある週末の朝、彼女が大学のゼミの飲み会から帰ってきた日のこと。

いつもはしっかり整えている髪の毛がややボサボサ気味で、酔いがまだ多少残っている彼女の姿に何かエロい色気を感じてしまった僕は、彼女がベッドに入るや襲い、激しいエッチをしました。
1回戦が終わってかなり満足した状態でベッドに寝ていると、突然「あのさ・・・話があるんだけど・・・」と切り出されました。

続きを読む 浮気をカミングアウトしてきた彼女は、最後に2度フェラで抜いたことまで言ってきた

上司に夫の血液型を聞かれた意味が、今わかりました

27歳の人妻です。
上司と2人で飲んでいた時の事。

居酒屋の丸テーブルの座敷席で、最初は斜め向い位に座っていたのが、いつの間にか隣になっていた。
太腿に手を置いて、耳元で「旦那さんと週何回してるの?」と。

「週1位です」
「旦那さん何型?」
「Aです」
「俺も」

続きを読む 上司に夫の血液型を聞かれた意味が、今わかりました

いじられキャラの上司の奥さんを、たっぷりといじって撮影までしてみた

3つ上の同郷の先輩が同じ会社の同じ職場に転職してきたのは、4年くらい前。
うちの会社は基本的には24時間シフト制の会社。
先輩は昔から、どちらかと言うと、弄られキャラと言うか、いじめられるようなキャラの先輩。

そして、複雑な関係になってしまったのだが、俺が先輩にとって上司にあたる立場になってしまった。

続きを読む いじられキャラの上司の奥さんを、たっぷりといじって撮影までしてみた

私の初体験の相手は、オンナ好きの巨根でした

私の初キス、初エッチは何と二十歳と遅く、その時私は病院で仕事しながら昼間は学校に通う看護学生でした。
当時、毎週末通ったクラブでYに出会いました。
彼は一つ年下の19で、専門学校生でした。
虫も殺さないような甘いマスクでしたが、二人で話してると、彼と同じ学校の女友達が、
「○○(私)。アイツには気をつけなよ」といわれる程のいわゆるオンナ好きでした。

続きを読む 私の初体験の相手は、オンナ好きの巨根でした

お父さんに犯され孕み、出産しましたが、遺伝子的にはOKだと思ってます

私は38歳の主婦です。
あれは昨年の7月の出来事でした。
主人のお義父さん(当時60歳)は大工の仕事をしていて脚をケガし自宅で養生している時の事でした。
主人は(40歳)サラリーマンでお義父さんの事なんか私にまかせっきりで毎晩、お酒を飲んで遅くに帰ってくる毎日でした。

続きを読む お父さんに犯され孕み、出産しましたが、遺伝子的にはOKだと思ってます

バイト先でニヤけながらエロ本を渡してきたおばさんはドエロだったw

学生の時に、高速道路の管理会社でバイトしてた。
仕事はSAやPAを回って、ゴミを回収したり備品の補充。

休憩時間は一般の人が立ち入り禁止の休憩室っつうのがあるんよ。
そこで昼飯食ったり、昼寝したりするんだけど、清掃員のおばさんや、売店のおばさんも休憩に来るわけ。

若い俺なんか、みんなのいいオモチャになってしまい、よくからかわれた。
おばさんが、回収したゴミの中からエロ本を拾って来て
「ほら、アンタ若いから必要やろ?」とニヤニヤしながら渡されたり。

続きを読む バイト先でニヤけながらエロ本を渡してきたおばさんはドエロだったw

課長の休憩しようという言葉は、フェラを始めろという合図です。

みんなの帰った会社で40過ぎの上司と同僚の男の子、それから後輩の女の子。
私はもう三十路だから、どっちかというと20台前半の後輩の方がメインだったんだけどおばさんなりに楽しんじゃいました。
「ちょっと休憩しようか」いつも課長の一言を合図に始まります。

私は「失礼します」とか言って席に座っている課長の前にひざまずきます。

続きを読む 課長の休憩しようという言葉は、フェラを始めろという合図です。

嫌いだった相手とのエッチはもの凄く気持ち良くて、中出しをせがんじゃいました

会社の同期で、磯部君っていう男がいたんだ。
私も彼も25歳ね。
同期と言っても仲は最悪で、会議ではいつも意見が合わず言い争い ばっか。
周りには「犬猿の仲」とまで言われてた。
磯部君は掴みどころのない性格で、いつも何を考えてるか分からなかった。

続きを読む 嫌いだった相手とのエッチはもの凄く気持ち良くて、中出しをせがんじゃいました

寝取られ動画サイトに影響されて、嫁を単独男性宅へ(姉妹ブログより)

俺は、建築会社に勤めるサラリーマンで、設計士をしている。
36歳で、仕事もバリバリこなして頑張っている。

嫁の奈々は28歳で、専業主婦だ。そろそろ子供を作らなきゃと言いながら、まだ子無しだ。
8歳年下の奈々は、とにかく可愛くてしかたない。
それほどモテない俺に訪れた、最初で最後のチャンスだったと思う。

個人的には、安めぐみを可愛くした感じだと思っているが、友人には”奈々ちゃん可愛いと思うけど、お前が思ってるほどは可愛くないよ”と、やっかみ半分に言われている。

奈々は、小柄で胸も小さめだが、俺は何一つ不満はない。
奈々も、俺なんかのどこが良いのかわからないが、とにかくべた惚れっていう感じで好いてくれている。

続きを読む 寝取られ動画サイトに影響されて、嫁を単独男性宅へ(姉妹ブログより)

バスツアーで一緒になったロリママとの楽しい6日間2【オリジナル】

前回の話

バスのアナウンスに起こされた俺は、一瞬、この手は誰のだ? と、パニクりかけた。俺と恋人つなぎをする見知らぬ手……。でも、すぐにサービスエリアでの、ロリママ美雪さんとの出来事を思い出した。そして、同時に美雪さんも目を覚まし、俺と同じように握った手を不思議そうな顔で見た。でも、すぐに思い出したような顔になり、俺の顔を見る。目が合うと、少し照れたように笑った。
俺もなんとなく照れてしまった。そして、そっと手を離す俺達。俺は和宏に、美雪さんは子供達に話しかける。俺は、名残惜しさを感じながらも、同じスキー場なら、また会えるかな? と期待した。

「お兄ちゃん、ありがとー」
『本当に、ありがとうございました』
美雪さんと子供達にお礼を言われながら、俺達は自分達のホテルに向かった。

続きを読む バスツアーで一緒になったロリママとの楽しい6日間2【オリジナル】

年下の男の子は、俺様系で巨根だった

数年前に知り合った2歳年下の男の子。
彼は一人暮らし。数ヶ月に一度遊びに行く位のつきあい。
でもあの日はなんだかいつもと違ってた。
二人で並んでソファにもたれてビデオを見てた。
二人とも夢中になって観ていたのだけれどふとした拍子に、彼の手が私の太ももに触れた。
「あ、ごめん…」と彼。

続きを読む 年下の男の子は、俺様系で巨根だった

ベロベロに酔ったOLとエッチしたら、好きな人がいると言いながらもセフレっぽくなった

昨日の話です。
仕事を終え、会社の先輩と晩飯がてら軽く飲み食いした後、近くを通りがかった友人A子を巻き込み、カラオケへ。
カラオケをひとしきり唄い終え、酔いも覚めたことから、友人A子のマンションまで車で送ることにしました。

その道中、ふと外に目をやると1人の女性が反対方向へ歩道を歩いていました。
夜中の3時です。

続きを読む ベロベロに酔ったOLとエッチしたら、好きな人がいると言いながらもセフレっぽくなった

部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた完【姉妹ブログより】

前回の話

普通のセックスに飽きてしまい、人妻や恋人がいる女性しか興味がなくなった私は、より強い刺激を求めて、身近な人間の妻に手を出してみることにした。

私の会社の大黒柱のような男である間宮をターゲットにし、その妻の美帆を堕とすことにした。公私ともに仲の良い二人なので、私の背徳的な興奮は久しく感じたことのないレベルにまで高まっていた。

そして、それは上手く行き、美帆は私のペニスに完堕ちした。

社長室に、新規開拓先の企業の報告をしに来た間宮。大口の商談に、熱が入る間宮。それを、優しい笑みを浮かべながら見ている美帆。
「背負うものが増えると、さらに熱が入るね。あまり無理するなよ」
私がそんな事を言うと、照れたように笑う間宮。そして、間宮は美帆を見る。

続きを読む 部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた完【姉妹ブログより】