カテゴリー別アーカイブ: ・可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった

可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった最終回【オリジナル】

前回の話

『ご、ごめんね、直樹のおチンポ、太すぎて押し出されちゃった。汚れてない?』
対面座位でアナルで繋がったまま、マキが聞く。汚れるもなにも、直樹の下半身は、マキの漏らした潮だかおしっこでグチョグチョだ。
「マキのなら、平気だって。飲んでも良いくらいだよ」
直樹は、マキのことを見つめながらそんなことを言う。アブノーマルで変態な発言だけど、マキは妙に嬉しそうだ。

『直樹の、子宮まで届いちゃってる♡』
「え? 子宮? お尻に入れてるのに?」
『うん。壁越しに子宮にゴリゴリ当ってるよ。こうやってるだけで、イキそうなんだよ♡』
マキは、エロすぎる穴あきランジェリーを身につけたまま、直樹と一つになっている。直樹のことを見つめる目が、すごく熱っぽい。

続きを読む 可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった最終回【オリジナル】

可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった5【オリジナル】

前回の話

マキは、大人のおもちゃ屋さんを出ると、いつも以上にベタベタしてきてくれた。腕を組み、歩きづらいと感じるほどに身体をすり寄せてくる。
『ねぇ、歩きづらい?』
マキは、ニコニコしながら聞いてくる。僕は、
「平気だよ。歩きづらくても、マキがくっついてくれる方が嬉しいよ!」
『え? そうじゃなくて、さっきパンツの中で出しちゃったでしょ? ベタベタしたりしないの?』
と、イタズラっぽく笑いながら言うマキ。僕は、マキに直樹とのカーセックスや昔の輪姦の話を聞かされ、手も触れずにパンツの中に出してしまったことを思い出し、顔を赤くしてしまった。

続きを読む 可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった5【オリジナル】

可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった4【オリジナル】

前回の話

マキは、
『あれ? 柔らかくなっちゃったね』
と言うと、僕の下からすり抜けた。そして、吸い寄せられるように直樹のペニスに顔を近づけていく。
『凄いね。2回も出したのに、もう復活してるね♡』
マキはそう言って、直樹の血管がうねるペニスに舌を這わせた。チロチロと、カリ首や尿道口を舌で責めるマキ。その顔は、発情したように上気して赤くなり、ひどくとろけている。

続きを読む 可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった4【オリジナル】

可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった3【オリジナル】

前回の話

直樹は、イッたことで冷静さを取り戻したようで、僕の方を見て謝ってきた。
「悪い! 気持ち良すぎて我慢できなかった……」
本当に申し訳なさそうに謝る直樹。でも、僕はパンツの中で射精してしまって、それがバレてしまうんじゃないかと気が気ではなかった。

『悪くないよ。カズ君も全然怒ってないし、興奮したみたいだよ。だって、イッてるもん』
マキは、僕のズボンの股間部分を指さして言う。僕は、慌てて股間を手で覆い隠したが、ズボンにまで染み出ていることに気がついた。

続きを読む 可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった3【オリジナル】

可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった2【オリジナル】

前回の話

『うぅん……。直樹君と……。直樹君とエッチしたいの♡』
マキは潤んだ目でそんなことを言った。僕は、一瞬言葉の意味が飲み込めなかったが、すぐにマキとの約束のことを思い出した。
「ど、どうして直樹なの?」
僕は、よりによってブサメンの直樹とエッチしたいなんて、マキは本気なんだろうかと思って聞いた。

続きを読む 可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった2【オリジナル】

可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった【オリジナル】

僕には、分不相応な彼女がいる。取り立てて取り柄もない僕が、必死で頑張ってなんとか交際までこぎ着けた。
彼女は真希子という名前だ。でも、某政治家と同じ名前なのが気に入らないらしく、マキちゃんと呼ばせる事が多い。SNSもマキで統一しているので、友人関係でも、マキが本名だと思っている人も多いようだ。

マキは、彼氏のひいき目もあるかもしれないが、10人いれば10人が可愛いと言う女の子だと思う。157cmで小柄。童顔で子供っぽい印象だけど、脱ぐと意外に胸がある。
顔は、目がぱっちりと大きく、八重歯が可愛くて印象的だ。細かく言うと、黒目がちょっと大きめで、まつげも長くて量も多く、付けまつげをしているように見える。何よりも、肌のきめが細かく、赤ちゃんみたいな肌をしている。48人集めなくても、単独で通用しそうなルックスだと思う。

続きを読む 可愛すぎる彼女が僕と交際してくれる条件は、したくなったら誰とでもHすることだった【オリジナル】