カテゴリー別アーカイブ: オリジナル(姉妹ブログより)

嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺8(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

俺は、中出しされながらも笑顔で”へーき”と答える嫁を見て、何が起きているのだろう? と、思っていた。嫁と俺は、週に2度も3度も子作りをしている。ピルなんて飲んでいないはずだ。

「え? 安全日とかじゃないの?」
探偵さんは、さすがに少し慌てた口調になっている。
『うん、違うよ。どちらかというと危険日かな?』
嫁は笑顔で答えながら、探偵さんの上から離れる。そして、そのまま探偵さんの足元の方に移動して、フェラチオを始めてしまった。

続きを読む 嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺8(姉妹ブログより 転載禁止)

嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺7(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

結局、嫁は妊娠しなかった。
『赤ちゃんって、なかなか出来ないんだね。次は頑張ろうね』
嫁は、残念そうに言った。俺は、そうだねと言いながら、心底ホッとしていた。あのタイミングで妊娠したら、拓の子供か俺の子供かわからなくなっていたと思う。

そして、拓も一つの決断をした。拓は、携帯の番号やアドレス、住んでいる場所まで変えた。俺が、申し訳ないと言うと、
「いや、俺もヤバい感じだったしな。里帆ちゃん本当に良い子だから、マジになりそうだったわ」
笑いながら言う拓。でも、少し寂しそうな感じはある。俺は、もう一度謝った。
「良いって、それよりも、里帆ちゃん大切にな。それに、ちゃんと見とかないと、浮気されるぞ。里帆ちゃん、意外にエッチだからな」
拓はそう言って電話を切った……。

続きを読む 嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺7(姉妹ブログより 転載禁止)

嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺6(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

俺は、電話から響く嫁の絶叫を聞きながら、止らない射精に戸惑っていた。こんなに大量に、そして、驚くほどの快感を伴って精液がドクドクと出ていく。電話からは、嫁の悲鳴みたいな声が響き続けている。30秒ももたなかった俺とは違い、拓はまだイク気配もないようだ。

「そんなに小っちゃいんだ。でも、ずっと満足してたんでしょ?」
拓は、そんな質問をする。
『……してないよ。満足出来ないから、こっそり自分でしちゃうんだよ』
嫁は、まだ息も絶え絶えという感じで答える。

続きを読む 嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺6(姉妹ブログより 転載禁止)

嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺5(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

「里帆ちゃん、どうしたの? 腰がイヤらしく動いてるよ」
拓は、嫁に乳首を舐められながらそんな事を言う。
『だ、だってぇ……。拓くんの、ずっと子宮にキスしてるから……。うずいちゃうよ』
嫁は、恥ずかしそうにモジモジしながら言う。もうすぐ30歳になるとは思えないくらいに、可愛らしい仕草だ。俺は、精液でドロドロになったペニスを激しくしごきながら、そんなやりとりを見ている。俺がバカなことさえ考えなければ、嫁は他の男とセックスをする事なんてなかったはずだ。
自分から幸せを壊すようなことをする……。俺は、おかしくなってしまったみたいだ。

続きを読む 嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺5(姉妹ブログより 転載禁止)

嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺4(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

俺は、嫁のアソコから流れ出てきたものが、少量とはいえ精液だと直感した。でも、俺はどうしてなのか、余計に興奮してムキになったように嫁のクリトリスを舐め続けた。微妙な生臭さを感じながらも、何かの間違いだと思いながら夢中で舐めた。それは、そうであって欲しいという願望だったのかもしれない。

『ダメ、ダメだって、恥ずかしい、うぅッ、あっ、ダメェ、あっ、はぁ、んっ』
嫁は、俺に舐められて恥ずかしがりながらもどんどん声が大きくなっていく。でも、さっきの動画の嫁の方が、もっとあえいでいた気がしてしまう。もっと、感じていたように見えてしまう……。俺は、嫉妬と対抗意識を燃やしながら、嫁のクリトリスを舐め続けた。すると、嫁が俺のペニスに手を伸ばしてきて、しごき始めてくれた。

続きを読む 嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺4(姉妹ブログより 転載禁止)

嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺3(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

俺は、衝撃を受けながらも一気に射精感が増していた。
「了解。ちょっと暗くするよ」
そう言って、拓は部屋の照明を間接照明に切り替えた。比較的明るめの間接照明でも、やっぱり画面が見づらくなる。

それでも、嫁がイヤラシいランジェリー姿なのもわかるし、顔がとろけた感じになっているのもわかる。

続きを読む 嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺3(姉妹ブログより 転載禁止)

嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺2(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

『雅くん、どうしたの? ご飯食べようよぉ』
嫁は、ビックリした顔で言う。俺は、パンツの中で射精してしまった事を気取られないように、嫁の身体を解放した。
「ごめん。なんか、急に抱きしめたくなっちゃった」
俺はそんな事を言いながら、パンツの中が気持ち悪いなと思っていた。
『へへ、嬉しいな……。ねぇ、チューして』
嫁は、照れ臭そうに言う。俺はその瞬間、拓とキスをする嫁の自撮りを思い出してしまった。
軽く唇が触れる程度のソフトなヤツだったけど、今日もっと凄いキスをしたんじゃないのかと、気になってしかたなかった。

続きを読む 嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺2(姉妹ブログより 転載禁止)

嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺(姉妹ブログより 転載禁止)

嫁と結婚して3年経ち、そろそろ新鮮な気持ちもなくなったので子作りをしようと思っていた。嫁ももうすぐ30歳になるし、早めに作っておいた方が子供も幸せかな? と言う気持ちからだ。でも、2か月ほど頑張っても出来ず、意外に出来ないものだなと思っていた。

『まだたった2か月でしょ? そんなに簡単にできちゃったら、少子化になんてならないわよ』
嫁は、明るく言った。結婚して3年、交際期間から数えると6年くらい経つが、ほとんど喧嘩もなくやって来た。俺にとっては、出来すぎな嫁だなと思う。

続きを読む 嫁の身体だけじゃなく、心まで友人に寝取ってもらいたい俺(姉妹ブログより 転載禁止)

嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました完(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

前回の話

『あれ? もうイッちゃったの? やっぱり早いんだね……。あっ君、30分くらいは愛してくれたんだよ。私が気持ち良いところ、ずっと突いてくれたんだよ』
嫁は、俺を煽るような言い方をする。でも、もうイッてしまった俺のペニスは、一気に固さを失っていく。
『あ〜あ、抜けちゃったね。でも、いっぱい出たみたいだね。赤ちゃん出来ると良いね』
嫁は、さっきまでのいじめっ子のような雰囲気は消えて、いつもの嫁に戻っていた。
「で、でも、コンドーム無しでしたんだよね。大丈夫なの?」
俺は、中に出さなくても妊娠してしまうこともあるんじゃないかと、不安でしかたない。

続きを読む 嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました完(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました7(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

前回の話

『本当に、会った方がいいの? 後悔しない?』
嫁は、高校生時代の初体験の相手に会いに行く日、迷ったような顔で言ってきた。俺は一瞬言葉に詰まったが、すぐに後悔なんてしないと答えた。すると、嫁はニコッと笑いながら、
『そう言うと思った。浩介って、ドヘンタイだけどブレないね。そういうところ、好きだよ』
と、言ってくれた。俺は、褒められているのか馬鹿にされているのかいまいちわからなかったけど、ありがとうと答えてみた。

続きを読む 嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました7(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました6 (オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

前回の話

俺は、クローゼットの中で声を必死で抑えながら射精をしていた。飛び散らないように、左の手の平で受け止めながら射精を続けた。クローゼットの隙間から覗く寝室のベッドの上では、嫁が拓也に膣中に射精をされている。夫の俺がオナニーで射精をしているのに、間男の拓也が膣内射精をしている……。
俺は、その事実に情けない気持ちになり泣きそうになってきた。

『危ない日って言ったのに。思いっきり奥に出しちゃったね』
嫁は少し頬を膨らませて、すねたような顔で言う。
「ご、ごめん。でも、責任取るから」

続きを読む 嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました6 (オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました5(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

前回の話

俺は、まったく変わってしまった嫁の膣中の感触に、絶望的な気持ちを持ちながらも必死で腰を振った。拓也への対抗意識と、なんとかして嫁の気持ちをつなぎ止めたいという一心からだ。

『あっ、あんっ、すごく固くなってる。浩介、気持ち良いよ。愛してる』
嫁は、そんな言葉を言ってくれる。そして、気持ちよさそうにあえいでもいる。でも、電話で聞いた声と比べると、凄く控えめで違いすぎるなと思ってしまう。拓也とのセックスの時の嫁の声と比べると、半分とか3分の1くらいに感じてしまう。

続きを読む 嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました5(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました4(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

前回の話

俺は、嫁が乳首を舐めれらている姿を見て、よりによってオナニーを始めてしまった。でも、可愛らしい声であえぐ嫁の姿は、すぐに途切れてしまった。動画メッセージの容量制限のせいだと思うが、俺は中途半端なところで宙ぶらりんにされてしまった気持ちになった。

そして、嫁に電話をかけたりメッセージを送ったが、まったく連絡が取れない。俺は、あの動画の続きは、どう考えてもセックスになるだろうなと思っていたので、焦ってスマホを落としてしまったりした。

続きを読む 嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました4(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました3(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

前回の話

俺は、もしかしたらアスペルガーとか発達障害とか言われるタイプの人間なのかも知れない。嫁がデートに出かけ一人きりになると、そんな疑問がわいてきた。どうしてさっき、避妊は忘れるなよ〜、なんて言ってしまったのだろう? いつも俺はそうだ。思ってもいないことを言ってしまう。本当は、他の男とデートなんかするなと思っているのに、どうしても逆の事ばかり言ってしまう。

続きを読む 嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました3(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました2(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

前回の話

あのデート以来、嫁は週に1回程度はパート先の社員とデートをするようになった。嫁は、俺が嫉妬するのがよほど嬉しいのか、デートから帰ってくるとすぐに俺に抱きついてきて、キスをしながら色々と挑発的なことを言ってくる。

『今日は井の頭公園でデートしたんだよ。ずっと手を繋いで歩いちゃった』
嫁は、イタズラっぽく言ってくる。でも、これくらいの挑発にはもう慣れてしまった俺は、それは良かったねとか言ってクールを装った。

続きを読む 嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました2(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

ちょっとした俺の嫉妬心がきっかけで、嫁を他の男とデートさせるようになった。相手は、嫁がパートしている先の社員の男で、5つも年下だ。
俺と嫁は、学生時代に知り合い、6年交際して結婚した。まだ子供はいない。子供が出来るまでの暇つぶしみたいな感じで、嫁はパートに出ている。

嫁の理恵子は、パッと見地味なタイプで、性格もどちらかというと控えめなタイプだ。でも、よく見ると顔のパーツは整っているし、しっかりとメイクしてオシャレをすれば、かなりレベルが高いと思う。でも、そういうのには無頓着な女性だ。良く言えば飾らない女性、悪く言えばずぼらな女性という感じだ。

続きを読む 嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

久しぶりに妻とラブホテルに行ったら、妻が妙に慣れている感じがした完(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

妻は、ソファに座る男のモノを、熱心にフェラチオしている。リビングは照明がついたままなので、妻の動きや表情までもが見えてしまう。妻は、初めは無表情で事務的な感じのフェラチオを続けていた。でも、動きのスピード自体はとても早く、少しでも早くイカせようとしている感じだった。早く終わらせて、男に家から出て行ってもらいたい……。そんな意図がうかがえるような動きだった。

でも、男はまったくイク気配がない。時折、妻の頭を撫でたりしながら、リラックスした様子で座っている。角度的な問題で、異形のペニスははっきりと見えない。私は、妻が複数の男に廻されたり、黒人達のおもちゃにされる姿よりも、この異形のペニスで狂う姿を見てみたいと思っていた。我ながら狂っていると思うが、私の歪んだ性癖は、完全に発露してしまったみたいだ。

『ど、どうして柔らかくなっちゃうんですか?』
妻の焦った声が聞こえてくる。

続きを読む 久しぶりに妻とラブホテルに行ったら、妻が妙に慣れている感じがした完(姉妹ブログより 転載禁止)

久しぶりに妻とラブホテルに行ったら、妻が妙に慣れている感じがした4(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

結局、私はハプニングバーに乗り込んだのに、何も出来なかった。妻を止めることも、問いただすことも出来ず、あろう事か妻への輪姦スワップに参加までしてしまった……。
そして、私は妻の浮気をなかったものとして扱うことに決めた。離婚も考えたし、男に対して裁判を起こすことも考えた。でも、私は妻のことをどうしても嫌いになれなかった。それに、子供のこともある。男を訴えて、万が一にもあの動画達が流出してしまったら、私達は破滅だ。

おそらく、妻もそのうち飽きられる……。ああいったヤクザな男は、女なんていくらでもいるはずだ……。
色々と離婚しない理由を書いたが、そんなのは言い訳にすぎないと自分でもわかっている。たぶん、私が離婚しない一番の理由は、興奮したからだ。妻が、他の男達に廻されて喜びながらイキまくる姿を見て、私は手も触れずにイッてしまう寸前だった……。

続きを読む 久しぶりに妻とラブホテルに行ったら、妻が妙に慣れている感じがした4(姉妹ブログより 転載禁止)