カテゴリー別アーカイブ: 嫁との体験談

子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果(オリジナル転載禁止)

最近、妻の下着が派手になってきた。たまたま、洗濯かごに見慣れない下着が入っていたこに気がついたことがきっかけだ。どちらかというと、地味というか清楚系な下着や服を好む妻なので、その紫の透けた部分の多い下着を見たとき、イメージと違いすぎてビックリしてしまった。

結婚して10年経ち、子供も気がつけば1年生になっていた。特に波風もない、幸せな日々だったと思う。妻の絵梨佳は、黙っていると少し怒っているような顔に見えるが、温厚で優しい性格をしている。
切れ長の目が、冷たい印象を与えるのかもしれない。顔は、まぶたこそ一重まぶただが、日本人にしては掘りが深めで、整った美人顔だと思う。付き合い始めた頃は、心配になるくらいに痩せていたが、妊娠してからは標準的な体型になったと思う。そして、母乳で育てた影響か、胸は凄く大きくなった。細めのウェストとの差が大きく、ブラジャーはFカップでも少しキツいという。

続きを読む 子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果(オリジナル転載禁止)

妻の裸体が見られている……それは私にはご褒美だった

これは私達夫婦がペンション型ホテルで体験した話しです。
結婚して3年、まだ子供はいません。私33歳173cm中肉中背、普通のサラリーマン。
妻、27歳167cm、学生時代に雑誌モデルを目指していた時からのエステやセルフケアの賜物か、結婚した時よりも肌質も良くなりSEXも積極的になりました。

続きを読む 妻の裸体が見られている……それは私にはご褒美だった

久しぶりに妻と行った温泉旅行で、寝たふりした私の横で仲良くなったおじさん達に

私達夫婦は、ともに35歳。2人の子供がいます。先日、子供2人を実家に預け、妻と2人で、温泉旅行に行きました。旅行と言っても近場の温泉郷へドライブがてら一泊するだけのものでしたけど…

妻の名前は由香利。

続きを読む 久しぶりに妻と行った温泉旅行で、寝たふりした私の横で仲良くなったおじさん達に

嫁にチャットを実演させたら、すごく慣れていた……

私の妻36歳で、二児の子持ちのどこにでもいるような普通の主婦です。
私は38歳妻と結婚してひょんなことから妻の昔の男の体験談を聞いてから異様に嫉妬と興奮を覚え、いつか妻にも他人棒をと考えていた夫でした。

続きを読む 嫁にチャットを実演させたら、すごく慣れていた……

結婚記念日に妻と二人で温泉に行ったら、妻が覗かれてオナニーのおかずになっていた

結婚記念日に妻と二人で、長野の温泉に旅行しました。
かなり広い露天風呂で身体がほてった私は岩に登って涼んでいました。
すると、私の岩の裏側から男の声が聞こえてきました。

続きを読む 結婚記念日に妻と二人で温泉に行ったら、妻が覗かれてオナニーのおかずになっていた

妻が他人に寝取られている姿を想像してオナってたら、現実になってしまった

私33歳
嫁29歳の普通の夫婦です。
数年前からですが、嫁が他人に抱かれている姿を想像してオナするようになってしまいました。

続きを読む 妻が他人に寝取られている姿を想像してオナってたら、現実になってしまった

妻が職場で出世して、ストレスのせいかドM乱交で精液まみれに

保険関係の仕事をしていた妻が、1年前に主任に出世し妻は変わりました。
上司は営業成績の低迷を妻に押し付け、言い応えすればパワハラ、
その内にセクハラも受ける様になり、やがて出来る筈も無い数字を求められ、妻も嫌々部下達に成績向上を求めた所、部下達(仲間)に嫌われていった様でした。

続きを読む 妻が職場で出世して、ストレスのせいかドM乱交で精液まみれに

嫌いだったはずの俺の友人の巨根に夢中になった妻

嫁から電話を貰ったお盆休み。
私は帰省中。
「昨日ね、大門さんが訪ねて来たのよ。あの人態度はでかいし、最悪だし、頭は悪そうだし、あなたが留守だって言うのに、ずうずうしくも家に上がろうとするのよ、感じ悪い。あんな強引、臭くて、不細工で、デリカシーのない人大嫌い!」と言っていました。

続きを読む 嫌いだったはずの俺の友人の巨根に夢中になった妻

社員旅行で同僚達に狙われて、落とされた才女の妻

秋に起こった事件を書きたいと思います。

私、山本順(仮名)29歳と妻、由里子29歳は結婚2年半の夫婦です。

同じメーカー勤務の同期で現在も共働きです。

由里子は超難関の国立大卒の才女で経営本部の課長補佐です。

続きを読む 社員旅行で同僚達に狙われて、落とされた才女の妻

妻と一緒にカラオケボックスに行って若い子達に囲まれた妻

私50歳、妻の淳子53歳。
私達夫婦は二人ともカラオケが趣味でたまにボックスに歌いに出掛けます。
これは、先日夫婦でカラオケボックスに行った時の出来事です。

続きを読む 妻と一緒にカラオケボックスに行って若い子達に囲まれた妻

妻の妹にハメられて、妻が不倫調教地獄へ堕ちた

当時、私は46歳の営業系サラリーマンでした。

妻は44歳の主婦で火、木だけパートに出ていました。
子供は三人いますが其々遠方に就職しました。妻は顔は可愛い系で若く見えますし、かなり美人な方だと思います。

続きを読む 妻の妹にハメられて、妻が不倫調教地獄へ堕ちた

催眠状態の私の嫁を、親友が好きにイタズラした完(姉妹ブログより 転載禁止)

前回の話

日奈子は、柱にくっつけた引くほど大きいディルドをアナルに入れ、腰を激しく振りながら淳のペニスをくわえている。私は、日奈子がまるで3Pでもしているような姿を覗き見ながら、今までに感じたことのない興奮の中オナニーをしていた。

まさか、日奈子がアナルでイケるほど開発された淫乱だとは知らなかったし、あんなデカいディルドを隠し持っている事も知らなかった。あんなデカいディルドでオナニーをしながら、3年も私とセックスレスだった日奈子。私では力不足だったのかなと思うと、複雑な心境になってしまう。

続きを読む 催眠状態の私の嫁を、親友が好きにイタズラした完(姉妹ブログより 転載禁止)

寝取られ性癖の夫のため、ナンパされてハメ撮りを繰り返す主婦3(オリジナル転載禁止)

嫁は、タカシ君と舌を絡めるキスをしながら私を見つめていた。そして、見せつけるように濃厚なキスを続けた後、
『パパ、イッちゃったでしょ〜。オナニーする間もなかったね』
と、イタズラっぽく笑いながら言う。セイゴ君に激しくバックで突かれながら、そんな事を言う余裕のある嫁。私は、ただドキドキしていた。すると、嫁がセイゴ君にいったん動くのを止めるように言う。

そして、嫁は太すぎるペニスを抜くと、ベッドの縁にセイゴ君とタカシ君を座らせた。全裸の若い2人は、ペニスをいきり立たせたままだ。2人とも……私も含めると3人が嫁のことをキョトンとした顔で見ている。なにをするつもりなのだろう? そんな顔をしている。

続きを読む 寝取られ性癖の夫のため、ナンパされてハメ撮りを繰り返す主婦3(オリジナル転載禁止)

催眠状態の私の嫁を、親友が好きにイタズラした03(転載禁止)

前回の話

「うは、ド派手に出したな」
淳は、私の射精を見て楽しそうに笑いながら言う。驚くほど大量に飛び散った私のザーメンが、日奈子の太ももやお腹を汚してしまっていた。

でも、私のザーメンが、日奈子の身体の外側だけしか汚していないのに対して、淳のザーメンは、日奈子の内側をたっぷりと汚してしまっていた。だらしなく広がった日奈子の脚。アソコからはとめどなく淳のザーメンが流れ出ている。

「ちゃんと拭いとかないとな。寝てるときに、お前がやっちゃったと思われるぞ」
淳はそんな事を言いながら、さっさと服を着始めていた。事が終わったので、もう用はないとばかりに服を着る淳。現金なものだと思う。私は、
「あぁ、わかった。今日はすまなかったな」
と、淳の方を見ていった。

続きを読む 催眠状態の私の嫁を、親友が好きにイタズラした03(転載禁止)

催眠状態の私の嫁を、親友が好きにイタズラした02(転載禁止)

前回の話

「スッゲぇ出た。こんな量、久々だわ」
淳は、ペニスから日奈子の手を外してそう言った。日奈子の顔は、確かに大量のザーメンでドロドロになっていた。頬や鼻、まぶたまでがドロッとした白濁液で染まっている。

私は、愛する妻が顔射されたのを見ながら、オナニーを再開していた。眠らせて、淳に裸を見せるだけ……。そんな計画だったのに、日奈子は全裸で顔面をザーメンで染めている。

続きを読む 催眠状態の私の嫁を、親友が好きにイタズラした02(転載禁止)

妻が合宿免許で体験したのは大学生の爆発的な性欲だった

妻を運転免許の合宿に行かせた。
妻は28才、ちょっと色っぽい近所でも評判の美人だ。
最初は近くの教習所に通って免許を取らせるつもりだったが、妻の運動神経の鈍さを考えると何ヶ月かかるかわからないので思い切って合宿に行かせることにした。

続きを読む 妻が合宿免許で体験したのは大学生の爆発的な性欲だった

嫁とのセックスを、同じマンションの女子大生に覗かせてみたw

妻と僕は結婚してから2年は子供の束縛なくもっと遊びたいので避妊していましたが、昨年の1月から解禁して生中出しを続けています。
でも1年半になるのに未だに子供は出来ません。

続きを読む 嫁とのセックスを、同じマンションの女子大生に覗かせてみたw

私のミスのせいで、部長に身体を差し出して寝取られた妻 完【オリジナルコンテンツ転載禁止】

前回の話

私は、妻と部長のセックスの途中で、1人帰宅することになりました。
「もう一泊するか?」
部長は、妻にそんな事を言っています。
『えっ、でも……』
妻は、浴衣の胸元が乱れたまま、戸惑ったように言います。上気した顔、乱れた浴衣からのぞく胸元は、ほんのりピンク色に染まっています。情事の後の牝……。そんな雰囲気を漂わせています。妻は、私に処女を捧げてくれました。そして、今回のことがあるまでは、私以外の男性を知りませんでした。
貞淑で恥ずかしがりな女性……。私の中の妻は、そんなイメージでした。でも、それは私が彼女の中の牝を揺り起こすことが出来なかったからだと気がつきました。

続きを読む 私のミスのせいで、部長に身体を差し出して寝取られた妻 完【オリジナルコンテンツ転載禁止】