カテゴリー別アーカイブ: 嫁との体験談

無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた完【オリジナルコンテンツ】

前回の話

里央は無事に出産し、元気な男の子が生まれた。あれだけ、安定期に入ったとはいえマサくんとセックスしまくっていたのに、予定通り無事に出産をする事が出来た。本当に良かったと思う。
私の両親も里央の両親も大喜びで、何かにつけてウチに遊びに来るようになった。生まれてきた子供は、誰もが口をそろえて母親似だと言う。私も、自分に似ている部分は見当たらないなと思う。でもそれは当然なのかもしれない……。
とは言っても、たとえ私の種ではなかったとしても、私は生まれたきた子供を自分の子供だと思い、愛情を注いでいこうと思っていた。

続きを読む 無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた完【オリジナルコンテンツ】

妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2【オリジナルコンテンツ】

前回の話

私は、ベッドで寝たフリを続けた。すると、シャワーを浴びた明美が戻ってきた。
『パパ、そろそろ起きないと。朝ですよ〜』
と、声をかける明美。私は、少し寝ぼけたフリをしながら、おはようと挨拶をした。私は、寝ぼけたフリで挨拶をしながらも、ドキドキしていた。ついさっき、明美はアントンのペニスを想像しながらオナニーをしていた。シャワーの音でごまかしながらだったが、はっきりと聞こえてしまった。

続きを読む 妻とイタリアに旅行に行ったら、ガイドがイケメンのイタリア人だった2【オリジナルコンテンツ】

※妻を友人に撮影させているうちに、スワッピングへの扉が開いた

最近、大学の頃の友人の悦治がよくウチに遊びに来るようになった。大学卒業後、徐々に会う機会が減っていき、ここ3〜4年くらい会っていなかったのに、偶然仕事で絡むことになり、昔のように一緒に遊んだり食事をするようになった。

嫁の麻衣も、温和で話題豊富な彼が遊びに来るのは楽しみのようだ。まだ私達が子供を作っていない事もあり、二人きりだと会話も減っていたので、悦治が遊びに来るようになって麻衣の表情も明るくなったように感じる。

続きを読む ※妻を友人に撮影させているうちに、スワッピングへの扉が開いた

※強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた9

前回の話

ツインテールにスクール水着の美里が、必死で腰を振っている。悠斗は、バックの体勢で繋がったまま微動だにしない。そんな悠斗の下腹部に、お尻を音がするほど強くぶつける美里。

『当るっ! 奥まで来てるっ! 気持ち良いぃ、全然違うっ! このチンポ、ホントにすごいぃっ!』
美里は卑猥な言葉を叫びながら、腰を振り続ける。私は、目の前で狂ったように腰を振る美里を見ながら、ひたすらペニスをしごき続けていた。

続きを読む ※強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた9

妻はとても男にモテるうえに、社交的で淫乱なタイプ

妻はとても男にモテるうえに、社交的で淫乱なタイプなので、独身時代から男関係が派手だった。
そもそも妻の初体験の相手は、とてもSEXのうまいS男性であり、妻の淫乱さはその男性に調教された結果のものだった。

一方僕はあまりモテるタイプではなく、妻が初体験の相手で一人しか経験はないのだが、男性の調教の趣向性によって、彼女は誘われれば誰とでもSEXするようなヤリマン女となっていたため、妻がSEXした男の数は相当な数になる。
また、男性は彼女の性生活を全てコントロールすることに喜びを感じるタイプであり、彼氏とのSEXも例外ではなかった。

続きを読む 妻はとても男にモテるうえに、社交的で淫乱なタイプ

※清楚で恥ずかしがりの嫁が、自宅に金髪の若い男達を連れ込んでいた完

前回の話

『オラ、もっと締めろよ。ガバガバだぞw』
金髪は、嫁のことをバックで犯しながら嫁の尻を叩いた。パチンと良い音が響くと同時に、嫁は身体を震わせた。ピンク色の、カップの部分がないブラジャーを身につけたまま、激しく後ろから突きまくられている嫁。小ぶりな胸がユサユサと揺れているのがわかる。

そして、後ろから驚くほど大きなペニスで犯されながらも、ホスト風の男のペニスを口にくわえている。と言っても、男が腰を振って嫁の喉を犯している感じだ。

続きを読む ※清楚で恥ずかしがりの嫁が、自宅に金髪の若い男達を連れ込んでいた完

妻と私と友人2人で正月早々ちょっとしたハプニングを

お正月と言っても三が日を過ぎた二日目(1月5日)のチョットしたハプニングから、おいおいと言う状態になった事を報告(?)します。

その日、昼過ぎに我が家に友人AとB、そしてBのお子さん(4歳)が遊びに来ました。
A、B共に私と同じ年で数十年来の飲み仲間でも有り、お互いの愚痴の相談相手です。

続きを読む 妻と私と友人2人で正月早々ちょっとしたハプニングを

妻の裸体をネットにUPしたところ、凄い反響!

妻の裸体をネットにUPしたところ、凄い反響!
多くの男性に絶賛された。

『凄く素敵な奥様ですね!私も抱いてみたいです』
『彼女の淫らな姿を見てみたいです』
『ぽっちゃり体型最高!大好きです』
『もっと一杯写真UPして下さい!楽しみにしています』

続きを読む 妻の裸体をネットにUPしたところ、凄い反響!

※姉さん女房に、軽い気持ちで他の男とHしてみない? と言った結果4

前回の話

『あなた、朝ですよ。起きて下さい』
希の優しい声で目を覚ました。私は、一瞬自分がどこにいるのかわからず、軽くパニックになってしまった。どうやら私は、ソファで寝てしまったようだ。
「あ、おはよう……。あれ? 彼は?」
私は、昨日の事を思い出しながら希に質問した。昨夜、二人は何度もセックスをして、私はそれを見ながらオナニーをさせられた……。そして、希の嬌声を聞きながら、いつの間にか気を失ったように寝てしまった。

続きを読む ※姉さん女房に、軽い気持ちで他の男とHしてみない? と言った結果4

無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた5【オリジナルコンテンツ】

前回の話

里央が生理が来ていないことを告げてきたとき、私はとうとうこの日が来たなと思った。そして、動揺を隠しながら、
「本当に!? 赤ちゃん出来たのかな? 良かったね!!」
と、全力で喜んでいる夫のフリをした。本当は、どちらの赤ちゃんだろう? と、不安と疑念でいっぱいだったが、それを胸に秘めて話を続けた。

あの時、寝室で激しいセックスをした里央とマサくん。里央は何度も膣中に注ぎ込まれながら、”マサくんので妊娠する! マサくんの赤ちゃん欲しい!”と、叫んでいた。

続きを読む 無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた5【オリジナルコンテンツ】

ハーフ美女の先輩にお持ち帰りされてマゾ調教され、今では夫婦です

私は結婚5年、31歳の会社員です。
2歳年上の妻のエレーヌはフランス人とのハーフ。
私の大学の先輩でもあり、元ミスキャンパスの可愛らしい美人妻です。
在学中は、あんな綺麗な人と付き合えたらいいいな~くらいに思っていましたが、就職先での指導員が大学の先輩だからとエレーヌが指名され、そのまま色仕掛けにハマッて、いつしかお持ち帰りされ、マゾ調教されてしまいました。

続きを読む ハーフ美女の先輩にお持ち帰りされてマゾ調教され、今では夫婦です

無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた4【オリジナルコンテンツ】

前回の話

「あっ、石田課長、お疲れ様です!」
廊下でマサくんに声をかけられ、私はビクッとしてしまった。ついさっきまで、彼は私の妻の里央を抱いていた……。そう思うと、とっさに言葉が出なかった。彼は、そのまま笑顔で通り過ぎていく。私は、そこはかとない敗北感を感じてうなだれてしまった。

里央と彼は、私と結婚する前からの関係のようだ。処女でウブだった里央を、マサくんが色々と適当な事を言って調教した……と言う事のようだ。
私は、里央の上手すぎるフェラチオの原因がこんなに身近にあったという事を知り、まだ現実感がなかった。なによりも、この目で見ても尚、信じられない気持ちが強かった。

続きを読む 無邪気で清楚な妻が、自宅に元同僚を連れ込んでいた4【オリジナルコンテンツ】

※姉さん女房に、軽い気持ちで他の男とHしてみない? と言った結果3

前回の話

希は、床にへたり込んでいる私のところにやってくると、そのまま私のペニスを踏みつけてきた。ズボンの上からでも、的確に私のペニスを踏みつける希。私は、思わずうめき声をあげた。

『ガチガチだな。やっぱりド変態だ』
さっきまでのおどおどした感じは消えてなくなり、いつもの姉さん女房的な希に戻っている。

続きを読む ※姉さん女房に、軽い気持ちで他の男とHしてみない? と言った結果3

※同僚が行った風俗店に、私の妻そっくりの風俗嬢がいた完

前回の話

妻とのラブホテルでのセックスが終わり、家に帰るまでの間中、妻は上機嫌で甘えた感じだった。
『パパ、いっぱいしちゃったね』
照れながらそう言って、手を繋いでくる妻。童顔ですごく若く見える妻だが、もう38歳だ。可愛いと言うには歳を取りすぎていると思うが、私はやっぱり可愛いと思ってしまう。

「いっぱい中に出しちゃったけど、本当に大丈夫なの?」
私は、妻が実はピルを飲んでいることを知っているが、どんな言い訳をするのか興味があってそんな質問をしてみた。

続きを読む ※同僚が行った風俗店に、私の妻そっくりの風俗嬢がいた完

妻とスワッピングのパーティーに通っていますが、先日儀式をさせられた

私43歳、妻38歳。月に数回、妻とスワッピングのパーティーに通っています。
初めは少し抵抗のあった妻も、今ではよい刺激と感じているようで夫婦生活も円満です。
ある日、パーティーの主催者が、ご主人に話があるから、とのこと。

続きを読む 妻とスワッピングのパーティーに通っていますが、先日儀式をさせられた

オタ系サークルの仲良し女子に手を出して、セフレができたと喜んでいたら

学生の時、ヲタ系サークルでいつもつるんでた女子がいた。
名前は『リク』ってしとく。

同じ地方の出身で、好きなアニメやら声優やらでも気が合って、サシで飲んだり、頼まれてリクの作った同人作業の手伝いをしたりもしてた。

続きを読む オタ系サークルの仲良し女子に手を出して、セフレができたと喜んでいたら

※姉さん女房に、軽い気持ちで他の男とHしてみない? と言った結果2

前回の話

私が言いだした事だったのに、いざ実際に嫁の希が他の男とセックスをしてしまった事は、想像以上にショックだった。しかも、希は出会い系で知り合ったその男性に、剃毛までされてしまっている。

でも、希の口からその報告を聞き、私はショックを受けながらも希が引くほど興奮してしまった。そして、希と私の関係は、あの日を境に完全に変わってしまった。

続きを読む ※姉さん女房に、軽い気持ちで他の男とHしてみない? と言った結果2

※清楚で恥ずかしがりの嫁が、自宅に金髪の若い男達を連れ込んでいた

嫁とは結婚して3年経つけど、まだ新婚みたいな気分だ。子供をまだ作っていない事もあるけど、知り合って半年で結婚したので、交際期間が短かった事も影響しているのだと思う。

嫁の美香とは、取引先の会社で出会った。そこそこ大きな食品メーカーの受付をしていた彼女に、初めて会ったその日から恋に落ちてしまった。そして、訪問するたびになるべく話しかけるようにして仲良くなり、勇気を出してデートに誘い、トントン拍子に結婚までこぎ着けた。

『私も一目惚れだったんだよ〜』
美香は、ことあるごとにそんな事を言ってくれる。でも、当時はそんな気配も感じる事がなかったし、高嶺の花で無理だろうなと諦めていた。

続きを読む ※清楚で恥ずかしがりの嫁が、自宅に金髪の若い男達を連れ込んでいた