カテゴリー別アーカイブ: 寝取られ寝取り体験

友だちには悪いと思いながらも、旦那さんを寝取っちゃいました

友達の旦那さんがかっこよくて、凄くタイプで、友達には悪いと思いながらも、内緒でアドレスと番号を交換してやり取りしてました。

友達が出産準備で実家に帰った先週、一緒に飲みに行き、彼が彼氏居ないの?とか、俺が独身ならほっとかないけどな!と言うので、冗談っぽく〇〇さんなら付き合ってもいいかなぁ?

続きを読む 友だちには悪いと思いながらも、旦那さんを寝取っちゃいました

妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました3(オリジナル転載禁止)

前回の話

妻は、私に抱きつきながら、
『あなた、凄く素敵でした。はしたなくてごめんなさい』
と、恥ずかしそうに言ってきました。私は、妻のことを抱き寄せながら、避妊をしていなかったことを大丈夫かと質問しました。
『う、うん。大丈夫だと思う。パパ、気持良かった?』
妻は、話をそらすように話題を変えました。私は、凄く気持良かったと言いました。
『私もだよ。イッちゃった』
恥ずかしそうに答える妻。演技だとは思えないような言い方です。でも、さっきのセックス中のリアクションは、あまりにも大根役者でした。

続きを読む 妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました3(オリジナル転載禁止)

嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました4(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

前回の話

俺は、嫁が乳首を舐めれらている姿を見て、よりによってオナニーを始めてしまった。でも、可愛らしい声であえぐ嫁の姿は、すぐに途切れてしまった。動画メッセージの容量制限のせいだと思うが、俺は中途半端なところで宙ぶらりんにされてしまった気持ちになった。

そして、嫁に電話をかけたりメッセージを送ったが、まったく連絡が取れない。俺は、あの動画の続きは、どう考えてもセックスになるだろうなと思っていたので、焦ってスマホを落としてしまったりした。

続きを読む 嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました4(オリジナル 転載禁止 姉妹ブログより)

一度お願いしたいと思っていた上司の奥さんと、カラオケボックスの中で

N美は元勤めていた飲食関係の会社の先輩上司のAさんの妻で、結婚した当時はAさんが33才、N美は22才。ちなみに私は30才でした。
N美は細くスタイル抜群の美人でした。性格もサバサバして明るくみんなで飲み会をしても若いのに年上を仕切ってその中心的存在で私はN美に好意を持っていました。

というより密かに一度抱きたいと思っていました。
その2、3年後、Aさんは会社を退職しかねてから希望していた飲食店をN美と始めました。私もたまにその店に行っていました。

続きを読む 一度お願いしたいと思っていた上司の奥さんと、カラオケボックスの中で

息子と共に天国に旅立った妻が残した日記には

5年間の家庭生活は、妻と息子の事故死という形で幕が下りました。
最愛の妻は29歳、息子は2歳でこの世を去りました。

2人が出会ったのは私が25歳、妻が23歳の時でした。
妻は特に美人でも可愛いわけでもありませんが、純朴で優しい女性でした。
妻と出会って1ヶ月で深い関係になりました。
23歳の妻は既に処女ではありませんでしたが、私は気にしませんでした。

続きを読む 息子と共に天国に旅立った妻が残した日記には

100円ショップのレジ係は可愛らしい人妻さんだった

単身赴任4年目、40代前半の会社員です。
赴任当初は、毎週末に帰省(都内)し、土曜の午後、妻との買い物が終わると、日曜の昼頃まで愛妻を相手に性的なストレスも併せ発散していた。

しかし、毎週末に帰省が出来なくなった。
そんな時、仕事帰りに立ち寄った100円ショップのレジ係・Aさんと知り合った。

続きを読む 100円ショップのレジ係は可愛らしい人妻さんだった

出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた6(オリジナル 転載不可)

前回の話

嫁は、人が変わってしまったように私にキツい言葉を投げつけてくる。
『昔からそうだったの? ずっと、私に隠してたの?』
嫁は、手についたザーメンをティッシュで拭き取りながら質問してきた。私は、そんな事はないと言った。今回のことで、そんな性癖が目覚めたのかもしれないと説明した。
『ふ~ん。でも、良かったね。本当の自分に出会えたんだね』
嫁は、馬鹿にしたような感じで言う。
『でも、私もだよ。御主人様に犯されて、私も自分の性癖がわかったんだ』
私には敬語が多かった嫁……。一歩も二歩も下がったような態度をしていた。それが今は、汚いものでも見るような目で私を見ている。

続きを読む 出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた6(オリジナル 転載不可)

ドMの旦那さんは、奥さんに注ぎ込んだ俺のモノを飲み干しました

先日掲示板で知り合ったMの夫婦とプレイしてもらいました。
奥さんは30くらい、美人で巨乳で、普通にエロい。旦那は50過ぎで、禿げかかっていてメタボ、どう見ても不釣り合いなカップル。まあ、旦那が金持ちなのかもしれないが、俺には関係ないか。

指定されたホテルの部屋に入ると、順にシャワー浴びたら、もうみんなまっぱだかです。旦那は、今日は見ているだけですから、といってビデオと写真撮影。
奥さん、俺の首に手を回してのキスのあとは、早速、俺のちんぽ、玉を舐める。

続きを読む ドMの旦那さんは、奥さんに注ぎ込んだ俺のモノを飲み干しました

可愛い彼女が、バイト先で男達の肉便器になっていた

彼女は当時で20歳になったばかり、男性経験は私で3人目。
身長は153cmで小柄のCカップくらい。
性格は明るく元気系の女の子で、客などからはリア・ディゾンを幼く丸顔にした感じとよく言われ、なぜか怒っていた。

いきなりすません、二年ほど前の話です。

続きを読む 可愛い彼女が、バイト先で男達の肉便器になっていた

部長は俺の嫁を寝取っておきながら後悔はしていないとほざいた

163 :えっちな18禁さん :2014/07/25(金) 02:08:44.29
嫁に可愛いよって言うのが恥ずかしくて、
いつも後輩がお前のこと可愛いかわいいって言ってるぞって言って、
嫁が喜んでる姿見てこっちもほっこりしてたんだけど
嫁がその後輩に興味を持ち始めて若干複雑な心境。

続きを読む 部長は俺の嫁を寝取っておきながら後悔はしていないとほざいた

夫にキモいから触るなと言う人妻セフレ

明菜が離婚した。夫が求めてきた時に
「キモいから触らないで」
と言ったのが引き金になったようだ。
夫は妻の不貞を疑ったようだが明菜は
「あなたに触れられるだけで鳥肌が立つ。別れてくれ」
で押し通したようだ。

続きを読む 夫にキモいから触るなと言う人妻セフレ

寝てる俺のすぐ近くでまだ若い叔母さんと叔父がエッチを始めた

中学3年の春、土曜日だった。叔父(母の弟)のうちに遊びにいった。 
遠方であり、叔父の家にはめったに行けない。叔父は、おれを幼い頃からかわいがってくれた。それに、美人と評判の、まだ20代の叔母にも会いたかった。その日は叔父と、昔みたいにキャッチボールやサッカーで遊んだ。叔父もスポーツが好きだ。

続きを読む 寝てる俺のすぐ近くでまだ若い叔母さんと叔父がエッチを始めた

私たちの乱れた性生活はスワッピングがきっかけでした

40代半ばを迎えた夫婦です。寝取られ願望の強い夫。スワップから始まった私たちの変わった性生活。
段々願望をエスカレートしていく夫に困惑気味の私も、けっこう楽しんでいるのかも・・・。この書き込みも夫の指示。

子供を諦めた私たち夫婦が、スワップを始めたのは私が35歳・夫38歳の時でした。3~4年は夫婦でスワッピングを楽しんでいました。

続きを読む 私たちの乱れた性生活はスワッピングがきっかけでした

メル友になった奥さんを犯して孕ませ、産ませてみた

本当にこんな偶然ってあるんですね。 僕は30歳で関西の、とある役所で内勤の仕事をしている職員です。同じ地域のメル友を探すサイトがきっかけで、知り合った奥さんとの事を書かせてもらいます。

続きを読む メル友になった奥さんを犯して孕ませ、産ませてみた

セクハラ上司の私が、人妻の部下を強引にものにした

私は社員60名ほどの中小企業の中間管理職をやっております。
私の下には十数名の部下がいます。
一年ほど前に業務の繁忙に伴い、温子が私の下に配属されてきました。
その時ちょうど38歳で制服の上から見ても中々の巨乳であることはわかりました。

顔立ちもはっきりして、30前半ぐらいだと思っていました。
ある時、部屋に入るとちょっとした荷物を床から持ち上げている温子の姿が目に飛び込んできました。

続きを読む セクハラ上司の私が、人妻の部下を強引にものにした

妊娠7か月ですが、主人には言えない秘密があります

実は…私は今妊娠しています。
もう妊娠して7カ月半が経ちます。
でもお腹の中にいるのは主人の子ではありません。
そのことについて今日はお話ししたいと思います。

私は一時期ピルを飲んでいない時期がありました。
といってもピルが切れていただけなんですが…。

続きを読む 妊娠7か月ですが、主人には言えない秘密があります

妻がスナックで働くことに同意したばかりに……

私の愛する妻、24歳で結婚してもう20年、中学生の子供が2人いる。
丸みを帯びた豊満な体は熟女と呼ぶに相応しく、いい感じに女らしくなった。
そんな妻に、「スナックで働きたい」と言われたのは、8ヶ月前。
親しいママに是非にと請われたようで、自分の年齢など考えてずっと断っていたのだが、「童顔だし、人気が出るのは間違いないわよ。私を助けると思って・・・」と言われて根負けし、私に相談したのだった。

ちょうど倦怠期だった私達は、ちょっとした刺激を求めていたこともあり、つい許してしまった。

続きを読む 妻がスナックで働くことに同意したばかりに……