カテゴリー別アーカイブ: ・出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた

出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた4(オリジナル 転載不可)

前回の話

嫁は、何度もオルガズムに達しながら、もっと激しくしてくれと言ってくる。私は、息子が起きてしまうので声を抑えてと言った。
『声我慢するから、もっとして下さい。オマンコの奥、メチャクチャにして下さい』
嫁は、泣きそうな声で言う。私は、ゆっくりと腰の動きを再開した。ペットボトルほどありそうなペニスバンドをゆっくりと引き抜いていくと、嫁は背中を反らせるようにしてビクンと体を震わせる。
『うぅああぁ、ゴリゴリこすれてるぅ』
嫁は、とろけきった声で言う。声のボリュームを必死で抑えているような感じだが、私がペニスバンドを押し込んでいくと、
『ヒィギィ、うぁうぁ、おチンポ当ってるぅ。子宮に当ってるのぉ』
と、声が出てしまう。私は、嫁の激しい感じ方を見て、男としての喜びを感じる。でも、嫁が感じているのは、私のペニスではない。私の粗末なペニスは、この大きすぎるペニスバンドの中に挿入されている。

続きを読む 出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた4(オリジナル 転載不可)

出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた3(オリジナル 転載不可)

前回の話

嫁は、ガクガクッと身体を震わせながらイッてしまった。私が見ている目の前で、狂ったように腰を振りながら……。
間男の家に乗り込んで、まさかこんな状況になるなんて夢にも思っていなかった。当たり前だと思う。こんな状況でセックスをしてしまう2人に、本当に唖然とするばかりだ。
でも、私は射精してしまった。自分でも、どうしてこんなに興奮してしまったのか理解出来ないが、触れてもいないペニスが暴発するように脈打っている。

「おや、御主人も射精されたようですね。奥様が狂う姿は、蜜の味ですか?」
松井さんは、落ち着いた顔で言う。誠実そうな顔でそんな事を言う彼に、私はなにも言い返すことが出来なかった。

続きを読む 出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた3(オリジナル 転載不可)

出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた2(オリジナル 転載不可)

前回の話

私は、搾り取られるように射精をし、放心状態のような状態だった。
『あなた、本当にごめんなさい。愛してます。捨てないで……』
嫁は、涙を流しながらそんな言葉を口にする。私は、自分でもなぜそんな事を聞いたのかわからないが、
「き、気持良くなかったのか?」
と、質問していた。嫁は、一瞬意味がわからないと言う顔をした。でも、すぐに言葉の意味を理解して、
『すごく気持良かったです。やっぱり、あなたに抱かれるのが一番です』
と、真剣な顔で言ってきた。私は、比べられていること自体が屈辱だったが、そんな風に言われて少しはホッとした。でも、さっきの嫁は、ほとんど真顔で腰を振っていた。気持ち良さそうな気配もなかった……。

続きを読む 出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた2(オリジナル 転載不可)

出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた(オリジナル 転載不可)

3ヶ月の海外出張から帰ってくると、嫁が変わっていた。もともと優しい女性だったが、過剰なほど優しくなっていた。マッサージをしてくれたり、晩酌をしてくれたり、こちらが申し訳なく思うほど尽くしてくれる。
もともと、仲が悪かったというわけでもないが、最近の嫁は少しやり過ぎなくらいに私にサービスしてくれる。

風呂に入っていても、いきなり全裸で入ってくる。帰国した当日もいきなり入ってきて、
『身体洗ってあげるね』
と、そんな風に言う嫁。私は、息子のことを気にして平気かと聞く。すると、ゲームをやってるから大丈夫だと答えた。嫁の身体は、本当にイヤらしい身体をしていると思う。むっちりしているというか、少しポチャッとした感じだ。でも、デブというわけではなく、抱き心地の良さそうな身体という感じだ。
身長157cm、体重は多分50kg前後。胸が大きく、少し垂れ気味だ。それなりに加齢を感じる部分だが、肌の色は抜けるように白い。

続きを読む 出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた(オリジナル 転載不可)